妊娠中から始めるのがベスト!母乳マッサージのやり方

ママと赤ちゃんのために必要な母乳マッサージのやり方を紹介します。
妊娠中から始めると、授乳がスムーズに行えますよ!

view68

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳マッサージは妊娠中から!

  • 妊娠中から母乳マッサージをして、産後すぐに始まる授乳に適した乳頭と乳房を目指します。新生児は哺乳力も弱いので、ママのほうが授乳に適した乳頭と乳房を準備することで、赤ちゃんが授乳に慣れるまでのサポートができます。
    出典 :産前の母乳マッサージ
     

    母乳マッサージの効果を高めるためにも、妊娠中からスタートしましょう。

  • ・赤ちゃんが授乳しやすいおっぱい作り。
    ・乳腺や乳管を発達させて母乳を生成しやすくする。
    出典 :産前の母乳マッサージ
  • ・乳頭を柔らかくして母乳を出しやすくする。
    ・乳頭をケアすることで赤ちゃんが噛んだ時の傷予防になる。
    出典 :産前の母乳マッサージ
  • 母乳マッサージ開始前に担当医に相談して、ママの体調や赤ちゃんの成長に合わせた開始時期を確認してください。あまり早く始めると母体を刺激して早産の恐れがあるという考えの人もいます。安定期に入る妊娠中期以降がお勧めです。
    出典 :産前の母乳マッサージ
  • 母乳マッサージのやり方 【バストのマッサージ】

  • バストを両手で、わきの下から持ち上げるようにして数回マッサージします。 片手でバストを支え、もう片方の手で、バストを上から下へ、さらに、わきから乳首に向けて数回さすります。 両方のバストを下から支えながら、軽く揺さぶります。
    出典 :母乳マッサージの方法
     

    バスト全体を揉みほぐすようにマッサージしましょう。

  • 授乳前のマッサージ
    両手で脇から乳房を数回持ち上げるようにやさしくもみます。

    片方の乳房ずつ、乳房の付け根から乳首に向かってもみほぐすようにします。
    出典 :母乳授乳で悩んだら 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
     

    授乳前にも欠かさずマッサージを行いましょう。

  •  

    母乳マッサージのやり方は様々です。
    自分がやりやすい方法を見つけましょう。

  • 母乳マッサージのやり方 【乳頭のマッサージ】

  • おっぱいが出にくい場合は、乳管が開通していない可能性があります。乳管とは母乳の出る出口のことで乳房の中に何本もあります。なるべく数多く開通させるために、軽くマッサージをするとよいでしょう。
    出典 :母乳授乳で悩んだら 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 乳輪をつまむように前に引き出します。

    乳輪全体をひねり乳首を引きのばすようにしてから離します。(乳管がつまっている場合は白いつぶのようなものが出ます)
    出典 :母乳授乳で悩んだら 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
     

    母乳マッサージでは、乳頭部分も念入りにマッサージしましょう。

  •  

    乳頭部分が詰まってしまうと、炎症が起こりやすくなります。
    日頃からしっかりとケアしましょう。

  • 痛くない程度の加減で!

  • 尚、バストや乳首に、痛みなどを感じたら、それ以上は続けないようにしましょう。
    間違っても、乳腺などを傷めないように、優しく、適度な強さで母乳マッサージをするようにして下さい。
    出典 :母乳マッサージの方法
     

    無理にマッサージをすると、かえっておっぱいの状態が悪くなってしまいます。