妊娠中の温泉は、こんなことに気を付けて!

妊娠中の温泉は、リラックス効果があって良いと言われています。
しかし、普段以上に気を付けなければいけないこともあるようです。

view39

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中も温泉に入れます!

  • 基本的には温泉の成分が妊娠中に胎児に直接影響を与えることはないといわれています。
    また温泉にはいることで切迫早産や流産の発症率に差はないようです。
    出典 :妊娠と温泉
     

    以前までは妊娠中の温泉はNGとされていましたが、最近では妊娠中でも温泉に入って良いと言われています。

  • 温泉や最近多いスーパー銭湯などでは妊娠中は入浴禁止とされているところも多いですね。
    これは、なんかあったときのための責任回避的な意味合いが強いと思われます。
    出典 :妊娠と温泉
     

    妊娠中は普段以上にトラブルが起きやすいため、入浴禁止の施設も少なくありません。

  •  

    そのため、妊娠中に温泉に入る場合は、妊婦にやさしい施設を選びましょう。

  • 妊娠中の温泉はケガに注意!

  • 妊娠中期、後期は胎児も大きくなり体のバランスが悪くなっています。
    お風呂は滑りやすく、また露天風呂などは岩場もあり足場が悪いですね。 「あ、すべりそう!」と思ったときにとっさの動きがとれなくなり、転倒してしまう危険性が高くなります。
    出典 :妊娠と温泉
     

    妊娠中は、転ぶことがお腹の赤ちゃんへ大きな影響を与えてしまいます。

  • ・滑らないように細心の注意をする
    ・一人っきりで入らないように付き添いを連れて行く
    出典 :妊娠と温泉
     

    このようなことで、温泉で転倒しにくくなります。

  • 妊娠中の温泉はのぼせに注意!

  • 「のぼせ」はお湯の熱で皮膚の表面の末梢血管が広がり、心臓や脳にいく血液が一時的に不足し、動悸がしたり、意識が薄れてきたり、お風呂から上がるときにふらふらしたりする現象です。
    出典 :妊娠と温泉
     

    こちらも妊娠中の温泉で気を付けたいことの1つです。

  • 妊娠中は普段よりのぼせやすくなります。
    この為、1度の入浴は10分以下とした方が良いでしょう。
    また、42℃以上の高温。30℃以下の低温では血圧が上昇するので避ける事が推奨されています。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 | しあわせ温泉旅行
     

    妊娠中の温泉は、入浴時間に気を付けましょう。

  • その他の注意点

  • 感染症の心配をする人が多くいますが、温泉浴が感染の原因となる可能性は低いと考えられています。
    しかし、脱衣所などでの感染は否定できません。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 | しあわせ温泉旅行
     

    多くの人が利用する温泉は、このような不安もありますね。

  • 妊娠後期に妊婦がヘルペスに感染すると、赤ちゃんが新生児ヘルペスになることが懸念されます。共同浴場では、座いすやトイレの便座、共有のタオル、脱衣所の衣服置き場などからヘルペスに感染する可能性も考えられます。
    出典 :本当に大丈夫?妊婦の温泉浴—専門医がコメント「付帯設備でヘルペス感染の危険性も」 - Peachy - ライブドアニュース
  • 温泉浴には、刺激の少ない『単純温泉』が良いでしょう。
    中でも「弱アルカリ性単純泉」は、古い角質を分解し、すべすべの肌を作る『美肌の湯』とも呼ばれます。
    出典 :ほとんど知られていない『妊婦が温泉に入れない』本当の理由 | しあわせ温泉旅行
     

    妊娠中は肌が敏感になっています。
    念のため肌にやさしい温泉を選びましょう。