産後のダイエットは6ヶ月までが勝負!ポイントは骨盤!?

産後のダイエットは、産後6ヶ月までに痩せることが重要だと言われています。
それはなぜなのでしょうか?
また、産後のダイエットで大きなポイントとなるのが骨盤の歪みを矯正することです。
骨盤矯正効果のあるダイエットを積極的に行いましょう。

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後は6ヶ月で体重を戻せるの?

  • 妊娠すると、誰でも体重が増加します。
    これは妊娠による体の変化で、当然のことなのです。
    妊娠によってどれくらい体重が増加するかは人によって違いますが、5キロから10キロ程度が理想とされています。
    妊娠中にあまり太り過ぎてしまうと、産後元の体重に戻りづらくなってしまいます。
    そのため、産後のダイエットを成功させたいのであれば妊娠中の太り過ぎに注意しましょう。
    では、妊娠すると体重が増加するのは何が原因なのでしょうか?

  • ①産後の流動性脂肪
    妊娠・出産により、水を多く含んでいる流動性脂肪が身体のアチコチについています!
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
     

    妊娠すると、体は赤ちゃんを守ろうとする働きから脂肪が付きやすくなります。
    お腹周りはもちろんですが、おしりや足にも脂肪が付きます。
    ただし、産後6ヶ月以内であればこの流動性脂肪は落としやすいと言われているのです。
    そのため、産後のダイエットは6ヶ月が勝負の期間です。
    6ヶ月を過ぎてしまうと、流動性脂肪は普通の脂肪に変わってしまいます。
    つまり、6ヶ月を過ぎると脂肪が硬くなり、落としくくなってしまうのです。

  •  

    妊娠中は体の不調が出やすいこともあり、運動不足になってしまいます。
    また、お腹が大きくなればなるほど、ゆっくりと動くようになりますよね。
    妊娠中の太り過ぎを防ぐためには、適度な運動をすることが大切です。
    安定期に入ったら、体重管理をしながら運動を取り入れてみましょう。
    ただし、妊婦は激しい運動ができません。
    ウォーキングやヨガなど体に負担の掛かりにくい方法で体重の増加を防ぎましょう。

  • ②骨盤のゆがみ
    骨盤を大きく開かなければ、赤ちゃんを産むことができないので、必ず骨盤は大きくゆがみます。
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
     

    骨盤の歪みは、ダイエットに大きく関係すると言われています。
    日常生活の中で長時間同じ姿勢で居ることが多かったり足を組む癖がある人は、骨盤が歪んでいると言えるでしょう。
    そのため、産後に関わらずダイエットをするならまず骨盤矯正から行うのがおすすめです。
    普通分娩で出産する場合、骨盤が歪むのは当然のことです。
    しかし、この骨盤の歪みは産後なるべく早く改善する必要があるのです。
    骨盤が歪んでいると、主に下半身が太りやすくなってしまいます。
    産後に下半身太りで悩んでいる場合は、骨盤の歪みが原因と考えて良いでしょう。

  • ③食生活の乱れ
    産後、自分の時間がぜ~んぜんなくて、食事をゆっくり取ることすらできないママさんは、おやつや軽食で済ますケースが多いそうです。
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
     

    出産すると、子育てに追われてご飯もまともに食べれないこともよくあります。
    そのため、産後は早食いが習慣になってしまう人が多いのです。
    この早食いが産後のダイエットの妨げになっているようです。
    しかし、だからと言ってゆっくりとご飯を食べている時間はありません。
    このようなことから、お菓子や菓子パンなどを急いで食べている人も多いのではないでしょうか?
    産後の体におすすめなのが、お菓子や菓子パンではなくおにぎりです。
    授乳中は、栄養をたっぷりと摂らなければいけません。
    おにぎりは栄養もたっぷりでしかも腹持ちが良いので、産後にはぴったりと言えるでしょう。

  • 産後のダイエット方法!

  • 産後のダイエットで効果的と言われているのが、骨盤ダイエットです。
    まず、産後数日経ったら骨盤ベルトを着用しましょう。
    骨盤ベルトをすることで早く骨盤を引き締めることができるため、産後には欠かせないアイテムですね。
    産後の体が落ち着いたら、骨盤体操や骨盤エクササイズなど骨盤矯正効果のある運動を取り入れてみましょう。
    これらは自宅で簡単に出来るため、子育てや家事の合間にやってみて下さい。
    骨盤を正しい位置に戻せば、産後太りも解消しやすくなります。

  •  

    また、授乳にもダイエット効果があります。
    具体的には、1日の授乳でウォーキング約2時間分のカロリーを消費すると言われています。
    そのため、食生活と骨盤の歪み改善に気を付けていれば授乳の効果で産後のダイエットに成功することができるでしょう。