うつ病のリスクを下げる睡眠の方法

うつ病のリスクを下げる睡眠の方法について、解説していきたいと思います。

view260

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつ病と睡眠の関係とは?

  • うつ病になると、「寝ようとしても眠れない」「朝早くに目が覚める」などの症状があらわれるようになります。睡眠不足が原因で、日中はぼーっとして仕事が手につかずにミスを重ねたり、疲れがたまってイライラがつのるなど、睡眠の問題はうつ病の患者さんにとって大きな問題となります。
    出典 :うつ病と上手につきあうには - うつ病と睡眠の関係|うつ病~こころとからだ
  • うつ病で仕事を休んだり、家事から離れている患者さんにとって、思い切って「何もしないで休むこと」はとても重要です。ただ、1日中ずっと布団の中で過ごしているような生活が続くと、外出のきっかけをつかめなくなるほか、会社への復帰も難しい状況となってきます。そのような状況が更に抑うつ状態を強める原因となる場合もあるため、睡眠は「ただ眠ればいい」ということではなく、「質のよい睡眠を得る」と考えることが大事でしょう。
    出典 :うつ病と上手につきあうには - うつ病と睡眠の関係|うつ病~こころとからだ
  • 不眠はうつ病を悪化させる原因にもなる

     

    うつ病患者さんにおいて、不眠は必ずといっていいほどみられる症状です。また不眠が続くと、うつ病が悪化してしまうこともわかっています。このため、うつ病の治療において、眠れない・眠りが浅い・朝早く目が覚めるといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、悪化を防ぐために有効と考えられています。

  • 一般的に不眠症状は以下の3つがあげられる。下記の症状のいづれかが1週間以上続く場合、不眠症状が起きていると考えられる。

    ・入眠困難:布団に入っても寝付けない。寝付くまで時間がかかる。
    ・中途覚醒:寝付いた後、何度も目が覚めて、その後なかなか寝付けなくなる。
    ・早朝覚醒:早朝4~6時頃に目が覚めて、その後なかなか寝付けなくなる。
    出典 :うつ病と睡眠の関係 - うつペディア
  • 眠れないという症状が続くと、うつ病になってしまう可能性があることが明らかになってきました。このため最近では、眠れない・眠りが浅いといった不眠の症状がある場合は、なるべく早い段階で適切に対処することが、うつ病の発症予防に効果的であるといわれています。
    出典 :うつ病と睡眠障害(不眠)|うつ病、うつ状態|MSD
  • うつ病を引き起こさないための睡眠方法

  • まず、不眠に対しての考え方から変えていくことが大切です。不眠症の患者の多くは眠れないことが焦りや不安になっているため、「寝よう…寝ないといけない…」と自らに余計な加圧(ストレス)をかけてしまいます。はじめにこの考えを改めることが必要です。
    出典 :5人に1人が悩む睡眠障害とうつ病の関係を知ることが、改善への道 | iGotit
  • 軽い運動を行う事が良い

  •  

    運動すると気分がすっきりするというのは、誰しも経験のあるところだと思います。これは、健康な人のみに当てはまることでしょうか。それとも、うつ病の症状としてのうつ状態の改善に役に立つのでしょうか。

  • このほかに、運動は睡眠の質を向上させます。運動習慣のある人は、寝付きが良い、睡眠時間が長い、深い睡眠が多い、夜の途中で目を覚ます中途覚醒が少ない、などの良質の睡眠をとっていることが知られています。運動により睡眠の質が向上すれば、これがさらに日中の気分の向上を作るということも言えると思います。
    出典 :うつ病の運動療法について | あべクリニック 運動療法
  • 運動療法のもう一つの利点は、確実に体力が向上することです。うつ病によって休職すると、どうしても家に閉じこもりがちになってしまいます。そうすると、これまで通勤などでも歩いたり体を動かしたりしていた活動が無くなってしまい、次第に体力が落ちてきてしまいます。運動療法は、復職に向けて体力を回復する意味も大きくあります。
    出典 :うつ病の運動療法について | あべクリニック 運動療法
  • 運動の種類は?

  • 最初は、ウォーキングや、ゆっくりした短距離のジョギングで良いと思います。また、運動したことがなければ、ちょっと周りを歩いてみるというだけでも良いと思います。プールに行って、水中ウォーキングなども良いかもしれません。
    出典 :うつ病の運動療法について | あべクリニック 運動療法
  • 現在までの研究を総合的に考えた場合にうつ病患者さんの運動として推奨されるのは

    1.中強度以上の(有酸素性)運動を、

    2.週3日以上行う、ということです。
    出典 :うつ病の運動療法について | あべクリニック 運動療法
  • まとめ

  • うつ病と睡眠の関係を簡単に解説しました。
    基本的なことですが、運動をしっかりととり、夜の時間をしっかり眠ることが
    うつ病を引き起こすリスクを下げてくれます。是非、実践してうつ病を引き起こさないようにしましょう。