【初期虫歯】子供の歯磨き嫌いを直すには?【虫歯予防】

どうしても口に歯ブラシを入れるのをいやがって大泣き…虫歯にならないように歯磨きしてほしいのに。子供の歯磨き嫌いを治す方法は?

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 仕上げ磨きを嫌がる子はとっても多いです。

  • 歯磨きの時間になると、「イヤイヤ」とごね始めるわが子に手を焼いてはいませんか? ママは歯磨きは大切なものだと分かっていればこそ、時には無理強いしてしまうこともあるのではないでしょうか。
    出典 :子どもの歯磨き嫌い攻略法! [子育て] All About
     

    可愛そうだから虫歯にしたくない!と思えば思うほど嫌がるわが子に無理矢理でも磨いてしまいますよね。

  • そういったイヤイヤのサインに対して、大人はどうしても意地になって歯磨きをさせてしまうのですが、悲しいかな「歯磨き=ママの怖い顔」がセットになってしまうと、子どもにはなかなか受け入れられません。
    出典 :子どもの歯磨き嫌い攻略法! [子育て] All About
  • 歯磨きを嫌がる理由は様々です。

  • 離乳食が始まり、歯磨きというものにびっくりして嫌になってしまう子もいれば、1歳過ぎの自我の芽生えと共に「好き・嫌い」がはっきりしてきて、歯磨きを嫌がり始める子もいます。
    出典 :子どもの歯磨き嫌い攻略法! [子育て] All About
  • 嫌がるからと仕上げ磨きをないがしろにはできません。

  • 歯磨きは体の入り口として大切な「お口」の健康を守る重要な役割をしているのです。また、子どもの歯は大人と違って脆く、乳歯のエナメル質の厚さは永久歯の半分で一度虫歯になるとその進行が早いという心配な点も。
    出典 :子どもの歯磨き嫌い攻略法! [子育て] All About
  • 歯磨きを嫌がられずにする方法は?

  • 1歳を過ぎたら食後の歯みがきを教え始めます。最初はママが磨いてあげますが、自分でやりたがるようになったら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせて、好きなように磨かせて。
    出典 :赤ちゃんのしつけ・習慣 | ベビカム
  • でも仕上げはママがしてあげてくださいね。2歳くらいになると、ママがお手本を示して練習させれば、うがいも自分でできるようになります。
    出典 :赤ちゃんのしつけ・習慣 | ベビカム
  • 自分で歯磨きができるようになっても、磨き残しがあるので、ママのひざの上に寝かせて口を開けさせ、ママが仕上げ磨きをするようにします。
    出典 :赤ちゃんのしつけ・習慣 | ベビカム
  • 仕上げに使う歯ブラシも重要。

  • 幼児(乳歯列:全てが乳歯で永久歯が1本もない状態)用の歯ブラシは小さめを選んでください。大きい歯ブラシでは奥歯などが磨けません。特に嘔吐反射の強いお子さんは毛先の短い物を使って下さい。
    出典 :幼児の歯みがきワンポイント
  • 持ち方も大事です。

  • 子どもの歯を磨く時に、大人と同じ歯磨きのもち方をしている方、いますか?それって子どもにとっては、結構痛いようですよ。そこで、歯磨きを親指と人差指の二本でつまむようにして磨いてみてください。不安定な位が一番いいですよ。それくらい、力を抜いて歯磨きをしてあげると、子どもは気持ちいいようです。
    出典 :イヤでイヤでしょうがない歯磨きを「楽しみ」に変える方法-赤ちゃんの部屋
  • 歯みがきが嫌いな子もいますが、無理強いせず、歌を歌ったり、楽しくやる習慣をつけるといいかもしれません。歯ブラシは子どもの口に合ったサイズを選びましょう。
    出典 :赤ちゃんのしつけ・習慣 | ベビカム
  • また、歯磨きの後に、特別な「歯磨き頑張ったで賞」をあげると効果的ですよ。賞と言っても、物をあげるわけではありません。この時は、スキンシップをすることです。例えば、お腹に口を当てて、ぶ~~~っと息を吹きつけて遊んだり、こちょこちょっと、くすぐったりする、スキンシップ遊びです。
    出典 :イヤでイヤでしょうがない歯磨きを「楽しみ」に変える方法-赤ちゃんの部屋
  • 歯磨きは楽しいものと思わせる!

     

    キシリトールタブレットを歯磨きしたご褒美にあげたり、歌を歌いながら楽しく磨いてみたりすると
    歯磨きは楽しい!と感じるようになります。すぐには無理かもしれませんが焦らず試してみてください。