知っていますか?【カラーリング】の危険性

身近なヘアカラーですが、危険性はばっちりあるのです
そんなヘアカラーの危険性についてまとめてみました

view362

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アナフィラキシーの危険性

  • 染毛剤(ヘアダイに含まれるパラフェニレンジアミン(PPD))によるアナフィラキシー(急性のショック症状で非常に危険)の症状は、激しい呼吸困難症状、顔・口唇・喉粘膜・喉の激しい痛み、咳、食欲不振を訴え、舌・喉・首のむくみによる呼吸困難(アナフィラキシー様の状態)、目に入ったり、眉毛やまつげに使用した時に、目が焼け付くような感じ、まぶたの腫れ、結膜の充血、悪くすると失明も報告されています。長期に使用した場合の慢性の影響として、白内障の報告もあります。
    出典 :染毛剤(カラーリング)の危険性
     

    意外と危険・・・

  •  

    おしゃれ染めが流行っているのに
    これは危険ですね

  • 死亡例もあったのです・・・

  • 【死亡例】 染色剤を誤飲、自殺のために飲む、殺人目的 皮膚からの吸収 
     
    PPDは、少量の接触や飛沫の吸入で、接触性皮膚炎や粘膜の浮腫(むくみ)、結膜炎、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を引き起こします。間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血(血液細胞が生産されなくなる再生不良性貧血を起こすとの報告がある)、腎臓障害、横紋筋融解(全身の骨格筋細胞が壊れてしまう)などの重篤な病気を起こさせます。
    出典 :染毛剤(カラーリング)の危険性
     

    危ないですね・・・

  • こんな症状が出る場合も

  • ・ 接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血 
    ・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・ 強いアレルギー反応
    出典 :染毛剤(カラーリング)の危険性
     

    あんまりしたくなくなりました・・・

  • 大人の場合は、染毛を繰り返すたびにアレルギー反応が強くなり、ある時突然、症状が始まりますが、小児の場合は、化学的な激しい刺激によって初めての接触でも鼻が詰まり、喉がはれたり、呼吸困難を起こしたりする可能性があります。
    とくに、新生児や乳児の場合、鼻が詰まっただけで呼吸困難を起こす場合があります。自宅にヘアダイ製品がある場合、子供がいたずらしないように厳重に保管する必要があります
    出典 :染毛剤(カラーリング)の危険性
     

    アレルギー反応はなめていると色々な疾患の原因になるので注意しましょう

  • こんな成分が危険

  • パラフェニレンジアミン(PPD)は少量の接触や飛沫の吸入で、皮膚炎やむくみ、結膜円、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を起こします。間違って飲んだり、なめたり、皮膚から体内に吸収されてしまうと、貧血、腎臓障害や全身の骨格筋細胞が壊れる横紋筋融解などの重篤な病気が起こります。
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
  • アミノフェノール、レゾルシンは血中の鉄を酸化させ、その結果、酸素が十分に体内に運ばれなくなり、チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になった状態)呼吸困難などが起こります。
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
  • 過酸化水素は皮膚への刺激が強く、アレルギー障害や腎臓障害を引き起こす可能性が指摘されています。
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
  • PPDの毒性とは・・・

  • 1863年からヘナの染色性を増強させるためにパラフェニレンジアミン(PPD)が混合され始めました。

    PPD、またはそれに類似した成分が含まれているのは「ヘアカラー」である。
    この物質自体が呼吸器や皮膚に強いアレルギー反応を引き起こすだけでなく、酸化剤と混ぜた時にできる中間物質にも有害性があると考えられている。
    出典 :ヘアカラー剤の危険性 | BlueHair&BlueSea
     

    こんな昔から、危ないものが配合されているなんて事は知らなかったです

  • ***アミン、アミノ***の様に、名前の一部にアミン、アミノがつくものにはパラフェニレンジアミン(PPD)と同じ毒性があると言われています。
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
  •  

    危険性を知ったうえでご使用くださいね
    飲むのはやめよう・・・

    アナフィラキシーがヘアカラーでおきましたなんて
    怖いですよね
    女性では子宮にまでダメージがいく恐れがあるそうです
    しっかりと知識をもっておきましょうね