お正月太りをなんとかしたい!レモンダイエットまとめ!

ちょっと前にはやったレモンダイエット。お手軽なので、正月太りに良いかと思って情報を集めました。

view284

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヨーロッパで効果が実証

  • 体重を増やす源を絶つこのレモンダイエットは、ヨーロッパ各国で幅広く利用され、高い販売実績を確立しています。またヨーロッパの学会においては、「トゥーラス博士の分析結果」「ガリンド博士の報告」など、レモンダイエットの優れた効果を実証する数多くの論文が発表されています。
    出典 :絶対!「太らない生活」|レモンダイエット
  • 論文が出ているというのが、なんだかききそうな感じです。

  • なんで痩せるの?

  • レモンダイエット法で痩せるしくみには以下の理由があります。

    ・レモン果汁にはクエン酸が豊富に含まれる
    レモン果汁にはクエン酸が豊富に含まれるため、体内活動を活性化させ、代謝を活性化させる効果や、血糖値の上昇を防止する効果、リラックス効果があります。

    ・その他
    レモン水を飲んだり、料理にレモンを使う事によって嗜好が変化し、過剰な味付けを好まなくなり、自然と糖分や脂肪分の多い食品を避けるようになります。
    出典 :レモンダイエット
  • そういえば、レモン汁やお酢を料理に使うのは、減塩にも良いのだそうですね。

  • 他にどんな特徴が?

  • 1. 10日間の短期集中ダイエットにより、平均5kg以上の減量が可能

    2. 身体が必要とするミネラル、ビタミン、プロテインなどを無理なく補給します。

    3.すべて天然素材を用いて居ますから、身体に優しく、負担もありません。

    4.体内の脂肪や老廃物が自然に体外へ排出(体内浄化)されることにより、美容、健康面での相乗効果が期待できます。

    5.ダイエット後規則的な食習慣が身に付き、理想的な体重を維持できます。

    6.減量効果が高いため、セルフコントロールへの自信がもてます。

    7.ダイエット中は、新陳代謝に重要な役割を果たす、水を十分に撮ることが大切です。
    出典 :レモンダイエット
  • 10日間で5キロ以上っていうのがすごいですよね。

  • どうやってやればいいの?

  • 「レモンダイエットレシピ」
    1日1個のレモンを食べます。好みの量のレモン果汁を水で割ったレモン水を飲んだり、ふだんの料理にレモンを取り入れたりして食べます。

    「食事時レモンダイエット法」
    1. 1日3食の食事の際に、レモンを取り入れた料理を食べ、好みの量のレモン果汁を水で割ったレモン水を飲みます。
    2. レモンを取り入れた料理を食べ、一緒にレモン水を飲んでいる分、いつもより食事の量が少なくても満腹感を得ることができます。
    3. 食事のカロリー摂取量を抑えることができます。
    4. レモン果汁のクエン酸を取ることで体の代謝が活性化されます。

    「置き換えレモン水ダイエット法」
    1. 小腹がすいた時やおやつ時に、ジュースなどの清涼飲料水のかわりに、レモン水を飲みます。
    2. レモン水にはカロリーがほとんどないため、いつもより少ないカロリーで満腹感を得ることができます。
    3. 間食のカロリー摂取量を抑えることができます。
    4. レモン果汁のクエン酸を取ることで体の代謝が活性化されます。
    出典 :レモンダイエット
  • ランチは難しそうですが、朝食・夕食ならなんとかなりそうですね。

  • コーヒー代わりにも

  • つまり、レモンの香りには「コーヒーの代わりになる」効果があるのです!

    つまり寝起きでボーっしている、副交感神経優位の状態がありますよね。
    そこから、一気に活発な活動ができる「交感神経」のスイッチを入れてくれるのです。

    この神経の動きには、仕事能率以外にも大事なポイントがあります。
    それは、「交感神経のスイッチが入るとエネルギー代謝が高まる」ということなんです。

    ようするに、交感神経が優位になれば、「痩せやすくなる」ということ。
    出典 :ハッピー☆ダイエットライフ<ダイエットは楽しくなければ続かない>
  • コーヒーは体を冷やすと言いますし、朝はレモン水に変えても良いかもしれませんね。