プレママの味方!!出産育児一時金を知っていますか?

出産には高額なお金がかかるから、赤ちゃんが産めない・・・そう思っていませんか?今の時代は若い世代に優しい制度が充実していますので、安心して赤ちゃんを出産することができます。

  • pocca 更新日:2014/08/24

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 若いママとパパを応援する制度です (^^)

  • 出産育児一時金の仕組みは?

     

    出産前にプレママ、パパと医療機関等が出産育児一時金の支給申請及び受取りの契約を結び、病院等がママパパに代わって健康保険にに出産育児一時金の申請を行い、直接、出産育児一時金の支給を受けることができる制度。

    出産育児一時金の支給が健康保険側から直接医療機関等へ支払われるので、医療機関等の窓口で高額な出産にかかった費用を支払う必要がありません。

  • 出産費用よりが、出産育児一時金の金額よりもすくなければ、差額はもらえます(^^)

  • 出産で大変な時に、高額の出産費を払う必要がありません。

  • 出産育児一時金」の対象者は?

  • 「出産育児一時金」は、妻が働いているか?、夫の健康保険の被扶養配偶者になっている場合で、健康保険や国民健康保険に加入している場合は対象になります。

  • この制度を分かりやすく動画で紹介すると・・・

  • 出産育児一時金の「直接支払制度」がさらに改善されました - YouTube

  • 手続き方法は?

  • 「直接支払制度」の手続き方法は、産院から直接支払制度に関する説明を受け同意書に署名をすれば手続き完了です。

  • ポイントは!! 手続きは出産前に行う事!!

  • 直接支払制度とは?

  • 名前の通り、産後に申請を行います。その為、退院時に入院費・分娩費は全額ママ(家族)がお支払します。退院後、必要書類準備し加入している健康保険へ提出する事で後日「出産育児一時金」が振込まれます。「産後申請方式」を選択される場合は、まとまったお金(入院費・分娩日・保証金など)を準備する必要があります。

  • 出産育児一時金とは?

     

    手続きは簡単です。

    産院で、申請書にサインするだけ (^^)

  • 出産育児一時金をもらい忘れたときは?

  • 妊娠4ヶ月(85日)以上の出産(死産・流産を含む)でしたら、出産日翌日から2年以内なら申請手続きを行えば支給されます。 ただし、2年を過ぎると無効になります。