炎症を鎮めて病気の進行を抑える「肝硬変の治療法」

炎症を鎮めて病気の進行を抑える「肝硬変の治療法」 をまとめてみました。

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝硬変

  • 肝硬変とは、種々の原因によってびまん性の肝細胞の壊死(えし)と炎症、再生が繰り返し起こり、その場所に高度の線維が増生した結果、肝臓の本来の小葉(しょうよう)構造と血管系が破壊されて偽(ぎ)小葉と再生結節が形成され、肝臓が小さく、かつ硬くなる病気です。
    出典 :肝硬変<肝臓・胆嚢・膵臓の病気> - goo ヘルスケア
  • 肝臓が硬くなってしまうのですね。

  • 肝硬変の治療法はない!?

  • 肝不全対策、消化管出血の予防・治療、腹水軽減、腹膜炎治療などを行いますが、これらの治療は、肝硬変を直すことはできず、進行を遅らせたり、症状を和らげるものです
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 肝硬変は基本的に不可逆性であり(元に戻らない)、非代償性肝硬変では、様々な症状に対する対症療法が必要になります
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 完全に治すというより、進行を遅らせるということでしょうか。

  • それでは次に、具体的な治療法についてまとめてみました。

  • 炎症を鎮めて病気の進行を抑える「肝硬変の治療法」

  • 肝障害の重症度に応じて、肝臓加水分解物(プロヘパール)、肝臓抽出薬(アデラビン9号)、胆汁酸製剤(たんじゅうさんせいざい)(ウルソデオキシコール酸:ウルソ)、グリチルリチン製剤(内服薬がグリチロン、注射薬が強力ネオミノファーゲンC)、漢方薬、ビタミン剤などを服用、もしくは静脈注射を併用します。
    出典 :肝硬変<肝臓・胆嚢・膵臓の病気> 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 肝硬変の治療は、その病態が代償性か、非代償性かによって異なりますが、現在の病態をさらに悪化させることなく生活の質(QOL)と日常生活動作(ADL)を維持、改善させ、予測される合併症に早期に対応していくことが重要です(
    出典 :肝硬変<肝臓・胆嚢・膵臓の病気> - goo ヘルスケア
  • 薬剤の服用と静脈注射で炎症を抑えるのですね。

  • 肝硬変になったら食事も気をつけて

  • 肝硬変の治療の基本は自分の肝臓の残った機能を維持することです。
    その為には医師の指示に従った生活管理をしなければなりません。
    出典 :肝硬変と診断されたら
  • 治療は患者さんのQOL(生活の質)を維持していきながら、肝硬変の進行を食止めることを目的として行われます。体の機能に支障がない代償期の治療は、「規則正しい生活、バランスのとれた食事」が基本となります
    出典 :肝臓病(肝硬変) | e治験.com
  • 食事で気をつけることは?

  • 線維質の多いものを欠かさない。(海草類、きのこ類。こんにゃくなど。)

    蛋白質は、軽症~中等度の肝硬変は普通に摂って良い。浮腫・腹水・肝性脳症がある場合は控えめにすること。
    出典 :肝硬変と診断されたら
  • 食欲がないときや、蛋白制限をしているときは糖分の多いものをとる。(果物、甘い菓子など。)
    浮腫・腹水がある場合は塩分を控える。
    肝硬変では、胃炎を伴っていることが多いので、刺激物は出来るだけ避ける。
    出典 :肝硬変と診断されたら
  • 肝機能を高める知恵とコツ (主婦の友ベストBOOKS) [単行本]

     

    価格: ¥ 1,404
    単行本: 160ページ
    出版社: 主婦の友社 (2009/2/25)
    言語: 日本語

  • 肝機能をぐんぐん高める100のコツ [単行本] 主婦の友社 (編集)

     

    価格: ¥ 1,015
    単行本: 191ページ
    出版社: 主婦の友社 (2004/11/1)