毎回姿を変えて猛威を振るう「A型インフルエンザ」とは

A型インフルエンザを知っていますか?毎年姿を変えて猛威をふるってくるこのウイルスについてです

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大流行するA型インフルエンザ

  • A型インフルエンザの特徴として

     

    毎年のように大流行するのです。このA型インフルエンザは場合によってはワクチンの効果がない事が多いのです。そんなA型インフルエンザについて情報を集めてみました

  • インフルエンザA型は、インフルエンザの種類の中でも「最も流行性の高い」インフルエンザウイルスです。
    出典 :インフルエンザA型3大症状・潜伏期間・感染期間【潜伏期間ナビ】
  • 他のウイルス感染症と比較すると、爆発的なウイルス増殖速度を誇る点も見逃せないポイントです。 B型は流行性がやや高いウイルスという特徴がありますがA型ほどではありません。
    出典 :インフルエンザA型3大症状・潜伏期間・感染期間【潜伏期間ナビ】
  • インフルエンザa型の大きな特徴のひとつは非常に高い高熱が出ることです。40度を超える高熱が出ることも珍しくありません。頭がフラフラし始め、立っているのも難しくなるでしょう。高熱が出るようであれば、ほぼ間違いなくインフルエンザa型でしょう。
    出典 :インフルエンザa型の症状の特徴と、必要な治療 | iGotit
  • 関節痛がするというのも、インフルエンザa型の大きな特徴です。体の関節のほとんどが筋肉痛のように痛みだし、立っていることができなくなります。またそれに伴って疲労感や倦怠感を感じることもあります
    出典 :インフルエンザa型の症状の特徴と、必要な治療 | iGotit
  • インフルエンザa型を発症するときには、とてつもない寒気を感じることもあります。これは、高熱が出ることと関係があると考えられています。強い寒気を感じる場合は、インフルエンザa型発症の前触れかもしれません。なるべく早く病院へ行くようにしましょう。
    出典 :インフルエンザa型の症状の特徴と、必要な治療 | iGotit
  • 潜伏期間

  • インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1日~2日程度と言われております。潜伏期間とは、ウイルスが体内に侵入してからインフルエンザの症状を発症するまでの期間のことです。この1日から2日程度(長くても3日以内)という潜伏期間は、他のウイルス性疾患と比較すると驚異的に短い潜伏期間であることが確認できます。
    出典 :インフルエンザA型3大症状・潜伏期間・感染期間【潜伏期間ナビ】
  •  

    インフルエンザウイルスの潜伏期間は結構短期間であるのが分かると思います。ちなみに一般的なウイルス感染症の多くは1週間から10日間といわれているのですよ

  • ★インフルエンザの潜伏期間は1日~2日程度
    ★潜伏期間中であっても感染能力を持っている
    ★感染源とならないことも重要な考え方
    出典 :インフルエンザA型3大症状・潜伏期間・感染期間【潜伏期間ナビ】
     

    ポイントはこちらですね

  • 流行期

  • ほとんどの人は自然に治りますが、特にハイリスクグループといわれるインフルエンザで重症化する人たち、すなわち、65歳以上の高齢者、乳幼児や、年齢を問わず心臓疾患、呼吸器疾患、腎臓疾患、糖尿病などの基礎疾患がある人たちにとっては、インフルエンザは死亡することもある恐ろしい病気であり、注意が必要です。
    出典 :インフルエンザとは?
  • インフルエンザは、大阪では例年ですと12 月下旬から患者さんが増え始め、翌年1月下旬から2月の始めにかけて流行のピークを迎える疾患です(図1)。ところが、今冬は、例年より速いペースでウイルスが分離されています。特に北海道、東北、首都圏を中心に患者数が増加しています
    出典 :インフルエンザとは?
     

    このように患者数がどんどん増えていく傾向が冬に見られるのですね

  • 参考のグラフです

     

    見てもらうとわかる通り、冬の時期に偏っているのがわかると思います。冬は抵抗力もよわまるので、インフルエンザのウイルスが動きやすい時期でもあるのです