治そう!「顔面神経麻痺の治療法」は何がある!?

顔面神経麻痺の治療法はなにがあるのでしょうか?薬物療法以外にも何かある?

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔面神経麻痺とは

  • 急性の顔面神経マヒというのは、ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。顔にはいろいろな神経がありますが、中でも顔面神経は、顔面の筋肉を動かす大事な神経です。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
  • この神経は脳を出てから耳の骨(側頭骨)の中を走行し、骨から外に出ると、耳下腺の中で眼、鼻、口唇に向かう3つの枝に分かれて、それぞれの筋肉に分布します。この神経に何らかの病気が生じると、顔面マヒが起きるわけです。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
  • 検査として

     

    診断は典型的な顔の表情から比較的容易です。しかし、原因となる病気がある場合、両側に同時に発症したり何度も繰り返す場合などは、MRIなどの画像診断が必要です。

  • 顔面神経麻痺の発症前に、耳のなかに痛みや水泡(すいほう)の形成が先行する場合は、ヘルペスウイルス感染による麻痺がまず考えられます。また、障害の程度や回復の正確な評価のために、筋電図や誘発電位検査が行われることもあります。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
  • 顔面神経麻痺の治療法紹介!

  • ベル麻痺やウイルス性のマヒなど、急性の顔面神経マヒには、ステロイドとよばれるホルモン剤を早期に使用します。後者では、ヘルペスウイルスの特効薬であるゾビラックスという抗ウイルス剤を併用します。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
     

    薬物療法があるのですね。

  • 軽症のマヒの場合は2週間から4週間程度で回復します。最近は、重症のマヒでもステロイドの大量'点滴でかなり高率に回復することが分かってきました。ただし、回復には時間がかかり、完治する率は100パーセントではありません。
    出典 :顔面神経麻痺の治療
     

    100%じゃないのですね。

  • 顔面神経管減荷術

  • 投薬による保存治療での回復が芳しくない場合に全身麻酔による手術が必要です。これは顔面神経管内で圧迫されている神経を開放する手術です。(一般的には誘発筋電図検査を行い、高度の麻痺で予後不良などです。)
    出典 :顔面神経麻痺の代表的な治療法
  • 抗ウイルス薬の投与

  • 明らかなヘルペスウイルス感染の証拠がない場合でも、抗ウイルス薬の投与で顔面神経麻痺が改善するという報告が最近あり、同時に抗ウイルス薬が投与されることがあります。また、眼が閉じにくい場合、人工涙液(じんこうるいえき)を点眼して角膜を保護することが必要です。
    出典 :顔面神経麻痺(ベル麻痺) - goo ヘルスケア
  • 基本的には

  • 1週間から10日ほどの安静集中治療を行います。 入院治療中に大多数は、徐々に麻痺が回復していきます。 また治療開始が遅れたり不十分な治療などにより、麻痺が治らず陳旧性顔面神経麻痺という状態になってしまっている場合は、前記の顔面神経減圧術あるいは圧排術と云われる手術を施行することもあります。
    出典 :顔面神経麻痺の診断と治療/奥村新一先生 Dr. Shin-ichi Okumura/ facial palsy
  • 医療機関によってはこの手術を早期から行うところもあるようですが、一般的には、先ず保存的療法を行うのが普通です。 顔面神経減圧術や圧排術などでも麻痺が軽快しない場合は、美容的見地から、あるいは本人の希望などにより形成外科的手術をすすめます。 なおハント症候群には抗ウイルス剤の静脈内投与を毎日3回行います。
    出典 :顔面神経麻痺の診断と治療/奥村新一先生 Dr. Shin-ichi Okumura/ facial palsy
  • 顔面神経麻痺は

     

    最後に症状の改善のためには本人の非常な努力を要しますので、十分な回復が得られる前にリハビリテーションをあきらめてしまう例が少なくありませんが、既に結果が出ているのですから頑張ってくださいね!