肌の老化対策~どうすれば良いのか教えて!!!

肌の老化対策も女性の悩みの一つだと思います。今回はその肌の老化対策についてまとめてみました。

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌や皮膚の老化現象の代表は、皮膚のたるみなどを伴う「シワ」や色素沈着による皮膚の「そばかす」や「染み」ではないでしょうか?
    この他、老化にともなって急激に増える「ほくろ」や「いぼ」なども老化現象として確認される代表的な症状のひとつです。
    出典 :肌・皮膚の老化現象の特徴|原因・防止【老化予防対策ガイド】
     

    嫌なものばかりですね。

  •  

    シワやシミは肌の老化として認知されていますが、ほくろやイボも肌の老化だったのですね。

  • お肌の老化対策としては,お肌作りのための新陳代謝を促進させる環境を整え,お肌のコラーゲンやエラスチンの産生量を増加させ,そして紫外線対を行います。
    出典 :お肌の老化対策-お肌作りの環境整備
     

    すべてやらないと効果が出ない場合があります。

  • 肌の老化が30代以降に起こるのは、当然の現象です。老化はどんどん進んでしまい、シワやシミ、たるみなどが起こってしまうのは、肌老化の対策を何もしないでいることが原因です
     

    30代以降は早急な肌の老化対策が必要ということですね。

  • 日焼けは肌にとってダメージを受けます。紫外線によって肌は老化するので、少しの外出でも、紫外線対策の日焼け止めや日傘を忘れないようにしましょう。
     

    日焼けをしないようにするのも立派な肌の老化対策ですね。

  • 肌の老化では他の器官同様、新陳代謝サイクルの低下や神経ニューロン細胞の絶対数の減少などによる要因も受けますが、これらの要因以上に紫外線から受ける影響が大きく老化に関与しているのです。
    出典 :肌・皮膚の老化現象の特徴|原因・防止【老化予防対策ガイド】
     

    紫外線が諸悪の根源なんですね。

  • 光老化以外の原因としてはタンパク質糖化や成長ホルモンの分泌量の低下が要因となってコラーゲン組織のターンオーバーが減少することも大きな要因となっていることが検証されてきております。
    出典 :肌・皮膚の老化現象の特徴|原因・防止【老化予防対策ガイド】
     

    ターンオーバーが若いころと同じだけ行われれば肌の老化がある程度防げるとも言えます。

  • 肌老化の表れシワ、シミや目たるみがなく、この肌のはり、若々しい肌を保ち美肌に改善するための、重要な要因は食事により可能であるといことです。
    出典 :肌老化の改善&美肌の秘訣!!
     

    食事にも注意が必要ということです。

  • 具体的な対策法

  • タッピング・マッサージで肌綺麗

    ビタミンCはしみ、そばかす対策に効果的な成分です。ビタミンCはお肌からの吸収率が加齢とともに悪くなります。美容液を顔になじませた後、肌に優しいタッピング・マッサージをしましょう。指の先で優しくタッピングすることで、美容液の浸透力を高めます。
    出典 :しみを防いで肌老化対策:肌老化への対策
     

    ちょっとしたことでも効果が違ってくるみたいです。

  • 紫外線による老化を予防する方法は、とにかく紫外線をブロックすること。肌の弱い人には、ノンケミカルで低刺激性の日焼け止め化粧品も発売されています。日焼けしたり紫外線を浴びたあとは、美白スキンケアやシミの部分だけに集中的に塗るスキンケアがおすすめです。
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
     

    紫外線を浴びてしまった後も、しっかりとしたスキンケアで肌の老化を防ぐことができます。

  •  

    日焼け止めが一番手っ取り早いです。

  • 乾燥対策には、「細胞間脂質」を補うスキンケアを行いましょう。細胞間脂質の主成分である、セラミド入りの化粧水や美容液がオススメ。また天然保湿因子(NMF)も、肌の乾燥を守る成分。NMFも細胞と細胞の間で水分を保持して角質の潤いを保ちます。NMFの主成分はアミノ酸。アミノ酸配合のスキンケアも肌の乾燥予防にはおすすめです。
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
     

    乾燥も肌の老化を進めます。よって乾燥対策も重要になってきます。

  •  

    セラミド入りの商品がかなり市販されるようになりました。肌の乾燥対策としてセラミドが入っているかどうかも意識して商品選びをしてみましょう。

  • タンパク質に糖が結合することを糖化といいます。ちょうど砂糖水を煮詰めるとカラメルになるのと同じ。茶色くくすんで、固くなり、弾力性もなくなるということです。予防するためには、体の中に糖が過剰にならないように甘いものや炭水化物の摂り過ぎに注意しましょう。
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
     

    糖化も肌の老化の原因です。

  •  

    規則正しい適量な食事を心がけていれば糖化はある程度防げるようです。

  • ホルモン不足による肌老化を予防するには、睡眠をしっかり摂ることが重要。特に成長ホルモンは夜のぐっすり眠っている良い睡眠の時間に分泌が盛んになります。夜型の生活が続いたり、睡眠時間が短い人、途中覚醒してしまう人などは、ぐっすり眠れるような環境を整えましょう。
    出典 :肌が老化するメカニズム [アンチエイジング] All About
     

    睡眠をとることも肌の老化対策になるみたいです。

  •  

    しっかり睡眠をとってホルモンの分泌を促しましょう。