垂れ尻解消!【ヒップアップする運動】

いつのまにかお尻が二段?【ヒップアップする運動】で垂れ尻を解消しましょう

view578

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 垂れ尻

  • お尻が垂れてしまう主な原因は、お尻の筋力が低下することによって、脂肪を支えきれなくなってしまうことと考えられています。そのため、食事を減らすだけのダイエットのみでは、効果的にヒップアップ効果が得られるとは言えないでしょう。
    出典 :【ヒップアップ筋トレ】3分でできて簡単!垂れ尻撃退エクササイズ | ダイエットSlism
     

    ”垂れ尻”の原因
    →お尻の筋力低下

  • ヒップは主に大臀筋、中臀筋という筋肉で構成されています。大臀筋は骨盤と太ももの骨(大腿骨)をつなぐヒップの土台となる筋肉で、骨盤をすっぽり覆うような大きな筋肉です。そして、その外側にあるのが中臀筋。さらに太もも後ろ面の内転筋(ハムストリングス)もヒップアップ効果を狙うには重要な筋肉となります。
    出典 :あなたのお尻は何型?ヒップの構造と老化について [ボディケア] All About
     

    ヒップの筋肉=大臀筋・中臀筋

    ヒップを支える筋肉=内転筋(ハムストリングス)

  • お尻の筋肉

     

    ◯大臀筋
    骨盤と太ももの骨(大腿骨)をつなぎ、骨盤をすっぽり覆っている
    足を後ろに跳ね上げたり、ジャンプするときに使う筋肉

    ◯中臀筋
    大臀筋の外側にあり、足を外側に広げるときに使う筋肉

    ◯内転筋(ハムストリングス)
    太もも裏のお尻を下から支える筋肉

  • キレイな丸尻を手に入れるためにはゆがみのない骨盤と、それを覆う二つの筋肉である大臀筋と中臀筋を鍛え、さらにヒップを支える内転筋(ハムストリングス)もつけることが重要です。体はすべてつながっているので下半身も一緒に鍛える必要があります。
    出典 :あなたのお尻は何型?ヒップの構造と老化について [ボディケア] All About
     

    「キレイな丸尻」のために!

    ●骨盤のゆがみをなくす
    ●大臀筋・中臀筋・内転筋をつける
    →下半身を鍛える!

  • 【ヒップアップする運動】

  • 大臀筋を鍛える

     

    1 四つんばいの姿勢になる
    ●両手・両足は肩幅程度

    2 片方の足を腰の高さまで持ち上げる
    ●体は床に対して水平をキープ
    ●息を吐きながらゆっくり
    ●足の裏は天井に向ける

    3 元に戻す
    ●息を吸いながらゆっくり

  • サイド・ヒップレイズ/お尻(中臀筋・小臀筋)/筋トレ実践講座 - YouTube

     

    (1:02)
    こちらは足をサイドに動かし、中臀筋・小殿筋を鍛える運動

  • 足を後ろにまっすぐ伸ばしてあげ、そのまま上下します。
    上下するときに足は床につけずに浮かしまま膝を曲げずに上下に動かします。
    出典 :ミスユニバース直伝?ヒップアップエクササイズの方法:脚やせクラブ
     

    「垂れがちなお尻の筋肉をキュっとアップさせる効果」アリ

  • 立ちながらヒップアップ運動 大臀筋トレーニング - YouTube

     

    (1:51)
    こちらは”壁なし”バージョン
    バランスを取る分難しくなります

  • 太ももにも効きます

     

    ●大殿筋
    ●脚の裏の筋肉(ハムストリングス)
    ●腰部

  • ①仰向けになり、腕を体の横に置き、膝を90度に曲げ、足の裏は床につける。
    ②お腹を引き締めた状態でお尻の筋肉を使ってゆっくりと腰を浮かせていく。
    出典 :ニコタマ・コラム
  • ③膝から肩までのラインが一直線になるまでお尻を上げてゆき、その状態で2~3秒キープ。
    ④ゆっくりとスタートポジションまで戻していく。
    出典 :ニコタマ・コラム
  • ピラティスのムービングブリッジポーズの方法とやり方を動画で公開。 - YouTube

     

    (2:06)
    ”骨盤”を意識して巻き上げる動作を丁寧に説明しています

  • 垂れ尻解消で”後姿美人”に!

     

    ヒップアップすれば、脚がスラッと長く見え、パンツスタイルがかっこよく決まるように!

    あれもこれも……と手を出さず、取り入れられそうな運動を一つでもはじめてみては?