若年性EDが増えているらしい?その原因と対処法まとめました

今、若年性EDが増えているらしいです。女性だって無関係という訳ではありません。その原因と対処法をまとめてみましたので、しっかりチェックしておきましょう。
あなたのパートナーは大丈夫ですか?

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男子にとって大問題!若年性ED

  • 女性からすると、一体何気原因か良く分からない男性の病気。その一つがEDです。EDの治療にはパートナーのあなたの協力が不可欠ですので、「自分で何とかすれば」なんてツーンと対応しないよう、きちんと若年性EDについて知っておいてあげましょう。

  • ED(勃起不全)とは、男性が何らかの理由により、満足な性交渉をするために、十分な勃起をする事が出来ない事、あるいは完全な勃起を、維持できない状態を言います。
    出典 :ED(勃起不全)とは☆男の悩み解消サロン
     

    まずはEDの定義から。若年性の場合、数で言えば20代の男子が悩んでいることが一番多いそう。

  • 実は繊細!?男子諸君の若年性ED事情

  • 若い男性は肉体的に問題がなくても、メンタル面が原因となりEDになることが多いそう
    出典 :若年性ED 4つのパターン - 新刊JPニュース
     

    草食系なんて言葉ももてはやされましたが、男性は意外と繊細でロマンチスト。意外なところで傷ついて、それが原因で若年性EDになってしまう場合も。

  • 紹介します!若年性EDの原因

  • セカンドセックスED
     「挿入前に萎えてしまった」「すぐにイってしまった」などといったことは男性なら誰にでも起こりうることですが、そういった“一度の失敗”が原因でEDに陥ってしまうケースが近年増えています。
     特にセックス自体が初めてであったり、その女性とするのが初めての時にそのような事態になってしまい、“同じ失敗をもう一度してしまったらどうしよう”という心理から、二度目も同じ状態になってしまうことが多いようです。
    出典 :ED(勃起不全)とは☆男の悩み解消サロン
     

    そうなんです。女性の方はなんとも思っていないことを、気にしすぎてしまって若年性EDに・・・という場合もあるのが恐ろしいところ。女性の皆さん、こういったシチュエーションで相手を責めたりしてはいけませんよ。

  • 「新婚ED」は、新婚旅行で海外に出た際、慣れない海外で心身ともに疲れ切っているところに新婚初夜の緊張が重なって勃たなくなってしまうことを指します。特に新婦が男性経験豊富な場合だと、新郎側が焦って2度3度と失敗してしまうこともあり、「成田離婚」の原因として密かに多いパターンとも言われています。
    出典 :ED(勃起不全)とは☆男の悩み解消サロン
     

    男子は以外と緊張に弱いのです! そういうところもまたかわいいものですが、本人からすると重大な事件。男女の意識の違いから、EDに発展してしまう場合は多いです。

  • 自分の恋人や妻に対する時だけ勃起に問題が起きる「妻だけED」もあります。
     これは、妻や恋人の見た目にセクシャリティを感じなくなってしまったり、長く一緒にいすぎて性の対象として見られなくなってしまったりすることから起こります。
     また、妻・恋人の言動(会うと愚痴を聞かされる・給料が少ないなどと言われる)から性欲が減退してしまったり、子どもが欲しいというプレッシャーをかけられすぎてセックスに支障をきたしてしまう場合もあります。
    出典 :ED(勃起不全)とは☆男の悩み解消サロン
     

    女性は妊娠することができる年齢に限界がありますし、年齢的なあれこれ、あこがれなどもあったりします。一方男性は、なかなか結婚に踏み切れない・・・という方も多いです。そんな彼に、「結婚して!」「子どもはどうするの!?」なんて強気で詰め寄ってしまうと、相手によっては若年性EDに。

  • 若年性EDになったら、どう対処すれば良いの?

  • 若年性EDの解決策としては、こういった心的原因を取りのぞくことです。とはいっても心の問題ですから、徐々に解消するしかありません。
    出典 :若年性ED発症は人生をも変えてしまう!確かな知識で発症を食い止めろ!
     

    若年性EDの原因の多くが、心因性のもの。パートナーであるあなたがどういう対応をするかによって、治るかどうかは大きく変わってくるのです。

  • 「病気だと頭では理解できても、『結局、私に魅力がないからそうなったんだ』と、すごく落ち込んだ」
    出典 :増える若年性ED、その時パートナーは… | 日刊SPA!
     

    なんて方も多いと思いますが、間違っても「浮気なんでしょ!?」「私に魅力がないだけなんだ・・・」という対応をしてはいけません。それは、傷ついている相手に鞭を打つようなもの。大切なパートナーなら、自分の不満をぶつけるのではなく、相手の苦しみを分かってあげる努力をしましょう。

  • 『EDになった』と言われて、嫌がっていたけど『一緒に治そうよ』と半強制的に病院に連れていきました。
    出典 :増える若年性ED、その時パートナーは… | 日刊SPA!
     

    若年性EDは立派な病気です。パートナーに治療を任せきり、病院にはいかない、というのは避けましょう。

  • 女性にはなかなかピンと来ない病気だからこそ、こういった知識を持っておきましょう。病気のことを知っていれば、パートナーの体にそういった変化があった時、ためらわずに「大丈夫、病院に行きましょう」と言えるはず。結局は、思いやりの気持ちが一番の対処法なのです。