普段の生活に支障をきたす【過多月経】の原因と対策まとめ

普段の生活にも支障をきたしてしまう、過多月経。その原因と対策をまとめます。

view185

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過多月経ってなに?

  • なあんとなく、文字から予想はついていると思いますが説明します。

  • 「月経血の量が多い」という状態は、専門用語では「過多月経」といいます。
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
  • 花王の調査によると、1度の月経期間の経血量は平均82.5g。多い日で1日30g(大さじ約2杯)、期間中全部合わせて50~100g程度と言われています。一方で、基礎体温計測推進研究会によると、正常な月経血量は20~140gと発表されています。
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
  • というわけで、なかなかこれくらいだったら過多月経! 過少月経! とは言えないのが正直なところなのです。

  • でも、どのくらいから過多月経なの?

  • 大体の目安として、下記の項目に当てはまる場合は月経血が多すぎると考えてよいと思います。
    ナプキンを1時間ごとに替えなければならない
    量が気になって外出できない
    月経血に大きい血の塊が混じっている
    出典 :どこからが過多月経? 月経血の正常・異常の見分け方 [婦人病・女性の病気] All About
     

    判別方法としてはこんな感じで。

  • 過多月経の原因とは

  • 過多月経の原因は大別して、異常な病態(病気)があって過多月経となっている、いわゆる器質性過多月経と、通常の身体調節機構が亢進(こうしん)または失調して過多月経となる、いわゆる機能性過多月経があります。
    出典 :過多月経、過少月経 - goo ヘルスケア
  • 器質性の原因として最も多くみられるものは、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)です。そのほかに子宮内膜増殖症(ないまくぞうしょくしょう)、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎、子宮内異物(避妊用リングなど)、子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)があります。
    出典 :過多月経、過少月経 - goo ヘルスケア
  • 婦人科機能性疾患

    黄体機能不全や無排卵性周期症などで破綻出血を起こし、結果として過多月経になる場合があります。10代から20代の比較的若年者と閉経近くの40代後半の患者においては、この内分泌的疾患を念頭に置く必要があり、詳細な問診と基礎体温表やホルモン検査を行い診断します
    出典 :女性の病気について | 日本女性心身医学会
     

    こういうものが原因になっていることも。

  • 難しいですね。では、対策はどうなのでしょうか。

  • 過多月経の対策は?

  • 子宮筋腫、子宮腺筋症など婦人科良性疾患の治療は子宮ごと摘出する単純子宮全摘術、または筋腫だけを切除する筋腫核出術などがあります。挙児希望の有無、子宮温存の希望の有無により、治療方針が選択されます。近年、晩婚、少子化の影響で子宮の温存希望の患者さんも増えています。
    近年は鏡視下手術も導入され、低侵襲手術を行うことが可能となってきています。
    出典 :女性の病気について | 日本女性心身医学会
     

    病気の場合、その病気の治療をするしかありません。

  • というわけで、上で紹介したような症状が見られたら、すぐに病院に行きましょう。それが一番確実な過多月経対策です。