肝臓を温めるだけで、ポッコリおなか解消・・・だと!?【ずぼらダイエット】

動かざること山の如し(ドヤ顔)。運動苦手です。美味しいもの大好き♪
同じように生活してても、三十路を越えたらとうとう腹の肉が気になり始めました・・・。
ズボラにダイエットできる情報は貪欲に、要チェックや!

view7890

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • ポッコリお腹と肝臓の関係

  • 生活習慣、メタボ・・・聞き飽きたわっ!でも脂肪の原因が「肝臓」?

  • あまり知られていないのですが、肝臓は「代謝」という働きももっています。

    「代謝」には、糖の代謝(血液中の糖分を一定に保ちます)や、脂肪の代謝(食べ物からとった脂肪は、小腸で脂肪酸に分解されますが、肝臓ではそれをからだで使える形につくり変え全身に送り出します)などがあります。

    出典 :肝臓とメタボの深い関係3/5 l 肝機能の数値・肝臓の数値を調べる肝機能ナビ
  • 「肝臓」さんの仕事は、アルコールの分解だけではないんです

     


  • 肝臓に負担をかけるのはアルコール(お酒)だけではありません。
    食品添加物、脂肪(乳脂肪も)、糖分、常用している薬、ストレス、肉体の過労。
    たとえ少しづつでも毎日となると肝臓には余計な仕事が増えます。
    外食、コンビニ食、レトルト&冷凍食品での食事が多い方、加工食品の添加物は肝臓に負担をかけます。

    代謝されるはずの脂肪なのに肝臓の仕事がいっぱいで順番待ち。
    「肝臓の健康」とお腹の脂肪は密接な関係にあるのです。
    出典 :お腹の脂肪に効果がある肝臓シップ:女性のための鍼灸 表参道ビオ東洋医学センター
  • コンビニ食でも肝臓を酷使していたなんて・・・

  • 肝臓の働きをUPさせて、脂肪を代謝したい!

  • 温めるだけで代謝をUPできるんですか?

  • 肝臓の部分にカイロが入れられる腹巻もあるようです

  • 他にもこんな温め方も・・・

  • こんにゃく湿布

  • コンニャクの温湿布で肝臓、腎臓を温める

    コンニャク二丁を水から入れ、熱湯で約十分間煮て、熱くしたコンニャクを
    タオル二~三枚にくるんで肝臓を三十分(子供は十五分)当てます。

    出典 :コンニャクの温湿布で肝臓、腎臓を温める - ホリスティック・統合医療のすすめ.com
     

    コンニャクには解毒作用があるそうで、自然療法では定番なのだとか・・・

  • 温める位置は

  • 胸骨の端と臍との中点から脇腹に向かい、肋骨にあたったところ目標に。期門の上に置いて20~30分間あたためてください。横臥しながら行うと効果的です。

  • ぽっこりお腹だけでなく、肌荒れやたるみ・イライラ解消にも効くという報告も!

  • こんなに簡単なら、できる気がしなくもない!是非やってみたいですね♪