果物は女性の強い味方だって知ってた???便秘や病気予防もしてくれる素晴らしい果物のまとめ!!!

果物には女性に嬉しい効果が沢山あるって知ってた????
気になる果物別の効能などをまとめてみました!!!
自分の体質に合った果物を選んで食べるようにしましょう!!!

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 果物の栄養素は凄い!!!

  • 果物100gの目安量と主な栄養素!!!

     

    果物には沢山の栄養素が含まれています!!!
    自分が摂取したいと思ってる栄養素を含む果物を知るのもおすすめです!!!

  • ダイエットしたい人におすすめの果物とは???

  • やはり、低カロリーな果物がおすすめです。
    果物の目安量は1日200gですが、「どうしても、もっと食べたい!」という方は、いちご、すいか、グレープフルーツなどを選んで食べましょう。これらはなんと100gあたり40kcal未満!少し目安量をオーバーしても、その分を運動などでカバーしやすいですね。もちろん、果物のに含まれる糖質をとり過ぎてしまえば、体脂肪を増やす原因になりますのでご注意を。


    出典 :太る?ヘルシー?果物の正しい食べ方・選び方講座 : タニタ運営[からだカルテ]
  • フルーツダイエットの鉄則とは???

     

    フルーツダイエットの基本!果物は、胃の中に何もない空の状態で摂取するのがベストなのです。

  • 胃の内部が空の状態に果物以外の食物が入ると、その食物の消化や吸収にエネルギーが消費され、午前中に行われるはずの体内の清浄化作用が低下してしまうからです。食後に食べるというようなデザート感覚で果物を摂取するのは止め、フルーツのみを空腹時に摂取するようにしましょう。
    出典 :【フルーツダイエット】 | 果物 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 便秘気味の人にもフルーツは効果的です!!!

  • 食物繊維の豊富な果物がおすすめです。
    食物繊維は、糖分や脂質の吸収を抑える作用や整腸作用があるので、果物からもぜひ補給したい栄養素です。
    ブルーベリー100gには3.3gの食物繊維が含まれ、また1粒あたり1g前後というサイズも嬉しいですね。「なんとなく口寂しい」という方は、1粒ずつゆっくりと噛んで味わうことで食べ過ぎ予防の効果も期待できます。
    他には、キウイ・りんご・パイナップルなども食物繊維を多く含んでいますが、「むいたり、切ったり、手間のかかる果物はちょっと…」と敬遠される方もいらっしゃいますね。そんな方は、コンビニやスーパーにある「カットパイン」を利用しても良いでしょう。
    出典 :太る?ヘルシー?果物の正しい食べ方・選び方講座 : タニタ運営[からだカルテ]
  • 肌荒れが気になる方、風邪をひきやすい方におすすめの果物とは????

  • キウイ・いちご・グレープフルーツなどの柑橘類がおすすめです!!!

     

    ビタミンCが豊富な果物を選ぶのがおすすめです!!!

  • ビタミンCの豊富な果物がおすすめです。
    ビタミンCは、体内でメラニン抑制・抗酸化・コラーゲン生成・免疫機能などに関わる栄養素です。加熱に弱い栄養素ですので、新鮮な果物から毎日しっかりと補うことを意識して、美肌づくりや風邪予防を目指しましょう。
    出典 :太る?ヘルシー?果物の正しい食べ方・選び方講座 : タニタ運営[からだカルテ]
  • りんごには老化防止の効果もある!?

  • りんごの効能は凄い!!!

     

    ダイエットの定番としても知られてるりんごには様々な健康効果が期待されています!!!

  • りんごを多く摂取すると肺ガンになるリスクを58%:軽減できること、すべのガンになるリスクを13%減らせることが期待され推測されています。
    出典 :りんご(リンゴ)の効能、りんご(リンゴ)の栄養効果、リンゴ・林檎の機能
  • 「実はリンゴの中にりんごポリフェノールという長寿に関係した物質が
    あるということがわかったんです。」
    出典 :りんごポリフェノールが老化抑制遺伝子を活性化させる!!|あのニュースで得する人損する人~遺伝子レベルで実証!?日本一の長寿県 長寿の秘訣はりんごだった(12/19): プチ流行日記
  • 血圧の気になる人におすすめの果物とは???

  • カリウムの豊富な果物がおすすめです。
    カリウムは、体内の余分な塩分の排泄を助けるミネラルですので、血圧が気になる方は減塩と同時にカリウムの多い食品をしっかりとることを心がけましょう。(すでに治療中の方は、主治医の指示の範囲で実践してください。)
    カリウムは、バナナ・メロン・キウイフルーツなどに多く含まれています。
    バナナは甘くて美味しい果物ですが、1本(約100g)あたりのカロリーは86kcalと果物の中では高めです。1日1本までにして、他の低カロリーな果物と組み合わせるなどの工夫をしながら、カロリーオーバーを防いでいきましょう。
    出典 :太る?ヘルシー?果物の正しい食べ方・選び方講座 : タニタ運営[からだカルテ]