出産前に知っておきたい哺乳瓶の知識

出産する前に知っておきたい哺乳瓶の種類などの知識。完全ミルク・混合〜完全母乳を目指す方まで、一度は使うであろう「哺乳瓶」の基礎知識です。

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 哺乳瓶ってなに?

  • 哺乳瓶(ほにゅうびん)は、授乳を人工的に行うための道具である。乳首のついた瓶に粉ミルク或いは母乳を入れて用いる。
    日本では「ほ乳用具」という形で家庭用品品質表示法の適用対象とされており雑貨工業品品質表示規程に定めがある[1]。
    出典 :哺乳瓶 - Wikipedia
  • ガラス製とプラスチック製

  •  

    哺乳瓶には主に2つ素材の種類があります。

  • 哺乳びんには、素材や大きさ、形など、いろいろなタイプのものがあります。赤ちゃんの飲む量や飲み方のクセ、TPOにあわせて、2~3本用意しておきましょう。
    出典 :哺乳びんの種類と選ぶときのポイント | nanapi [ナナピ]
  • 素材には、ガラス系、プラスチック系があります。ガラスは熱に強く耐久性がある、プラスチックは軽くて割れにくいなど、それぞれに利点があります。
    出典 :哺乳びんの種類と選ぶときのポイント | nanapi [ナナピ]
  • ガラス製は汚れに強いけれど割れる事があるので家庭用、プラスチック製はおでかけの時や赤ちゃんが自分で持って飲むようにするなど、使い分けてみてはいかがでしょうか。どちらの素材でも、煮沸・電子レンジ・薬液消毒が可能です。
    出典 :哺乳瓶の選び方
  • 持ち運びにはプラスチック製、家ではガラス製といった使い分けをしていくことが大切ですね。

  • TPOに合わせた容量を

  • ミルク中心の方は、中サイズ、大サイズそれぞれ選ぶといいでしょう。混合栄養の方は、母乳の後にミルクを足すのであれば中サイズのみで足りると思いますが、必要に応じて大サイズも買い足してみるといいと思います。
    出典 :哺乳瓶の選び方
  • 哺乳びんには、容量が50ml~240mlまで数種類あります。赤ちゃんの授乳量に合わせた大きさを選ぶとよいでしょう。
    出典 :哺乳びんの種類と選ぶときのポイント | nanapi [ナナピ]
  • 赤ちゃんに合わせた容量、持ち運びも考慮した容量など複数のサイズを用意しておくよいでしょう。

  • 乳首部分選びがポイント

  •  

    赤ちゃんの口に直接触れる部分だからこそ大事。

  • 赤ちゃんが一生懸命おっぱいを飲むのは、単に栄養を摂るだけでなく、吸うことでアゴの発達を促し、咀嚼力を身につけるトレーニングをするという大切な役割を持っています。それが歯が生えてくる土台作りにもなるのです。
    出典 :哺乳びんの種類と選ぶときのポイント | nanapi [ナナピ]
  • 各メーカーの乳首には、赤ちゃんのぜん動様運動を研究して、工夫された乳首を開発しています。ですので、はじめて哺乳瓶を買うときには、あらかじめついている乳首についても知っておく必要があるのです。
    出典 :哺乳瓶の選び方
  • 哺乳瓶と乳首部分はセットで考えましょう。

  • 完全母乳でも哺乳瓶には必要!?

  • 完全な母乳育児を行うのはとても大変なことです。そのため母乳育児をしているママでも哺乳瓶のケアの仕方を知っておく必要があります。哺乳瓶は子供の口に触れるものですので正しい知識でいつも清潔に保ちましょう。
    出典 :哺乳瓶のケア - 母乳ガイド
  • もし何かあって母乳を用意できなかった時なども考えると完全母乳でも哺乳瓶を用意していおいて損はないかもしれませんね。