経膣分娩ってどんな方法?

経膣分娩を知っていますか?
実際どのような方法なのかなどきになりますよね☆

view304

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 経膣分娩

  • 経膣分娩は、産道を通って膣から赤ちゃんが出てくる分娩のことを言います。でも、ひとえに経膣分娩といっても、分娩姿勢や呼吸法、分娩の場所などによっていろいろな種類に分かれるものなんですよ。
    出典 :経膣分娩はどう進む? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
     

    分類されているものの全ての総称

  • 腟を経由して、赤ちゃんを産むこと。俗に「下から産む」などとも言います。
    出典 :経腟分娩 とは - コトバンク
     

    簡単に言うとこうなりますね

  • このように

  • 分娩方法はまず、「経膣分娩」か「帝王切開」かの2種類に大別されます。 経膣分娩でも「自然に陣痛が来るのを待つか」、「人工的に陣痛を起こす」 陣痛促進剤を使うかどうかで違ってきます。 陣痛促進剤を使わなくても、母子や胎児の状態によっては「鉗子・吸引分娩」に なる可能性もあります。
    出典 :経膣分娩
  • 帝王切開は、赤ちゃんや母体に異常が起こり、一刻も早く体外に取り出さなければならない場合、 赤ちゃんの大きさに比べて骨盤が狭く、とても産道を通れそうにない場合などに行われます。 特に異常がない場合は、経膣分娩になります。
    出典 :経膣分娩
     

    こういう流れになりますね

  • 産院探しはしておく事

  • ・安心して前向きに通院できるか。充実した妊娠期を過ごせるか。・出産に関する方針が自分の思い描くものと一致しているか。・妊娠期、分娩時に緊急事態があった場合、どのようなバックアップ体制があるか。・入院中の環境やスタッフのフォローが満足できそうか。・退院後、どこまでフォローしてもらえるか。母子に何かあった時すぐ相談できる安心を得られるか。
    出典 :自然分娩とは|病院概要|医療法人社団 晴晃会 育良クリニック -産科・婦人科-
     

    ここがポイントです

  • 自然分娩とは、「医療介入を全くしない経膣分娩」「吸引、鉗子分娩も含める」「促進剤の使用までは含める」など諸説あり定義は決まっていません。
    当院では、「不必要な医療介入をせず、妊婦さん・ご家族が満足できる分娩」と考えております。「不必要な医療介入」とは、病院都合の医療介入を行わないことです
    出典 :自然分娩とは|病院概要|医療法人社団 晴晃会 育良クリニック -産科・婦人科-
  • 3段階

  • 第一分娩期

     

    さあ、ここからが分娩のスタートです! 規則的な陣痛が始まってから、子宮口が全開(10センチ)になるまでがこの段階。平均的に10~16時間ですが、ここは一番個人差が出やすい段階ですのであくまで参考に!

  • 第二分娩期

    出産のクライマックス! 子宮口が全開に開いてから赤ちゃん誕生までの段階です。時間は平均2~3時間と言われています。
    出典 :経膣分娩はどう進む? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 赤ちゃんが生まれた後、胎盤が出るまでも分娩にふくまれるのです。胎盤が出れば分娩終了! 時間は平均15分~30分。時間についてはあくまでも目安です。これよりも短い場合、長い場合はもちろんあり、個人差が大きいもの。陣痛から分娩と長く感じられても赤ちゃんとの対面はもうすぐそこ。
    出典 :経膣分娩はどう進む? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 逆子もある

  • 逆子の経膣分娩

     逆子の経膣分娩は、臍帯が圧迫される危険性や、頭が産道に引っ掛かるなどのリスクが高まり、かなり高い医療技術やマンパワーを要します。そのため、近年では逆子の場合は、帝王切開での出産が選択されることが多くなりました。
    出典 :自然分娩とは|病院概要|医療法人社団 晴晃会 育良クリニック -産科・婦人科-
  • リスクを減らす為に

     

    母子にリスクがなく、強いご希望のある方は
    逆子の経膣分娩に臨むことができます。
    緊急時はすぐに帝王切開に切り替えます。
    また、リスクを少しでも減らすために
    お母さん自身にも体重の管理など妊娠期に努力していただきます。
    出来る事はしましょうね