水虫の薬の知識について

夏が近づくとCMなどでも水虫の薬が流れ出します。実際にどんな薬がよいのでしょうか。

  • rinko 更新日:2014/05/26

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    水虫になるとあの痒みからとにかく解放されたいと思いますよね。

  • 水虫の薬について

  • 水虫は白癬菌というカビが原因で起こる皮膚の感染症です。水虫というと足が真っ先に思い浮かびますが、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)、手白癬(手水虫)といったように様々な場所に感染し、感染した場所によって病名が異なります
    出典 :佐久総合病院薬剤部・水虫の治療と治療薬について
     

    年々患者数も多い生活病のようなものです。

  • 足水虫の治療は原則として外用抗真菌薬というカビを殺す塗り薬が第一選択となります。爪水虫については飲み薬が第一選択となります。理由は塗り薬では爪の中まで有効成分が届きにくいからです。飲み薬だと、有効成分が効果的に爪に届くので、塗り薬の場合と比べ、治療期間がかなり短くなります。
    出典 :佐久総合病院薬剤部・水虫の治療と治療薬について
     

    必ず抗真菌薬というものを選んでください。

  •  

    正しく薬を使って早く治したいものです。

  • 外用抗真菌薬とは

  • 菌(カビ)に対する抗菌活性を示す薬で外用剤と内服薬・注射薬がありますが多くの外用抗真菌剤(アゾール系抗真菌薬など)は、カビの細胞膜の合成を阻害します。この多くの外用抗真菌剤は、人間とカビの細胞の膜の違いを利用して効果を発揮します。つまり、人間の細胞になくてカビにある「植物性の細胞膜」を攻撃します
    出典 :抗真菌剤
     

    一般的に水虫の場合にはこの種類の薬が使用されます。

  •  

    べたつく薬は苦手・・・という方も多いです。出来るだけ自分に合った薬で早く、水虫を治したいですね。

  • 市販の水虫薬には、液剤、クリーム、軟膏、エアゾールなどのさまざまな剤型があります。これらの剤型の使い分け方としては、カサカサした乾燥タイプ(小水疱型水虫)には液剤やエアゾールを、ジクジクした湿潤タイプ(趾間型水虫)にはクリームや軟膏を、ひび割れしたりただれたりしているタイプ(角化型水虫)には軟膏を使用するのが良いとされてきました
    出典 :薬のソムリエの勉強部屋: 外用抗真菌薬にはなぜ軟膏よりもクリーム剤型が多いか?
     

    軟膏が一番使いやすいとされています。

  • 市販の水虫の薬

  • 数年前いくつかの医療用の水虫治療薬が一般用医薬品にスイッチされてからは、治療効果の高いお薬がドラッグストアなどでも手に入るようになりました。 これによって、水虫は市販のお薬でも治るようになったのです。
    出典 :よく効く市販の水虫薬ガイド
     

    皮膚科に行かなくても治るならば気楽ですよね。

  • 【大正製薬】ダマリングランデクリーム主成分:塩酸テルビナフィン(アリルアミン系抗真菌剤)
    ●1日1回の塗布でしっかり効く!●べた付かないクリームが特徴。塗ってすぐに靴下を履いてもヌルヌル感がなく、サラッとしています。●所麻酔薬のリドカインが、患部のかゆみや痛みなどの不快な症状をしずめ、グリチルリチン酸ニカリウムが皮膚の炎症を改善します。またl-メントールが患部に清涼感を与えます。
    出典 :よく効く市販の水虫薬ガイド
     

    よく見かける薬です。効果も抜群のようですね。

  • 【久光製薬】ブテナロックV 主成分:塩酸ブテナフィン(ベンジルアミン系抗真菌剤)
    ●1日1回の塗布でしっかり効く!●サラッとべた付かないクリームが特徴。●局所麻酔薬のジブカインが、患部のかゆみや痛みなどの不快な症状をしずめ、マレイン酸クロルフェニラミンが、痒みによる神経刺激を抑えます。また、グリチルリチン酸ニカリウムが皮膚の炎症を改善。l-メントールが患部に清涼感を与えます
    出典 :よく効く市販の水虫薬ガイド
     

    サラリとした使用感が好評です。