睡眠の役割と重要性及び睡眠不足から来る人体への影響

睡眠は人間の生活にとってとても大切な行為で、不可欠な行為です。睡眠不足の場合体の至る部分で損傷を起こし最悪は病気を発症する恐れが有ります。

view274

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 睡眠とは?

  • 人はどうして眠るの?

     睡眠は人生の約3分の1を占めます。そう考えると、随分の時間を寝て過ごしているといえますね。
    睡眠は、もちろん体の疲れを取るために必要ですが、もっとも大事な点は脳を休めるためということでしょう。また、睡眠中はさまざまなホルモンが分泌され、体を修復し、新陳代謝を促して、日中の活動で疲れた身体を効率よく修復します。睡眠には免疫力を高める役割もあります。睡眠不足が続くと、自律神経のうちの交感神経が過度に緊張し、カゼをひきやすくなります。(これは白血球のうちの顆粒球が増えるため。反対に充分な睡眠 は、副交感神経を優位にし、白血球のうちのリンパ球を増やします。よって、カゼもひきにくくなるのです。)
    出典 :睡眠と健康について
     

    睡眠は脳が休息するための大切な時間です。身体の疲れは横になって休むだけでもある程度回復できますが、脳は起きている間中働きっぱなしで、眠ることで しか休息できないのです。
    私たちは、心と身体の健康を保つために眠る必要があるのです。

  • 睡眠をとらないと・・・  
    そのため、睡眠をとらないと
    ・体力低下
    ・注意力低下
    ・判断力低下
    ・作業効率の低下
    といった弊害が起きてしまいます。



    出典 :睡眠と健康について
     

    眠りにもリズムがあります。睡眠にはリズムがあります。
    心身共に深く眠っている「ノンレム睡眠」と、身体は眠っているが脳は覚醒状態の「レム睡眠」を、ワンセット約1時間半で、ひと 晩に数回繰り返しているのです。
    夢は、レム睡眠のときに見るといわれています。

  • 睡 眠に関係する代表的なホルモン

     睡眠に関係するホルモンには、メラトニン、セロトニン、成長ホルモン が 代表的です。

     メラトニンは睡眠と覚醒 (昼と夜) のサイクルをコントロールするホルモンで、暗くなると出てきます。夜、外界が暗くなるとメラトニンの分泌が高まって身体に「眠れ」と司令を出します。 「天然の睡眠薬」ともいわれています。また体の抗酸化作用があり、これは老化防止や免疫力増強作用があるといわれています。メラトニンの量は光の量とも関係するので、部屋の照明などをコントロールすることで量を変化させることができます。就寝前の数時間は、部屋の照明を少し 暗 くし、テレビやパソコンも控えましょう。逆に、昼でも夜でも常に明るいところにいると、メラトニンの分泌量が全体的に減少してしまいます。朝や昼にしか睡 眠時間が取れない人は、カーテンを閉めて、部屋をしっかり暗くすることも大切です。
    出典 :睡眠と健康について
     

    成長ホルモンは、睡眠後すぐにでてきます。骨を伸ばす、筋肉を増やす、痛んだ組織を修復したり脳を休ませて、心身の疲れを回復させるはたらきがあります。 (お肌の新陳代謝にも良い効果があります。)セロトニンは、睡眠している時にはほとんど出ていません。しかし、朝、光の刺激によって分泌を始めます。脳にある神経伝達物質で、「癒しホルモン」ともい われ、心を安定させる(イライラ、切れる、精神的に不安定・・・などに対し)効果があります。セロトニンが不足すると、うつ病、切れやすい、依存症などに繋がる場合があります。

  • 理想の睡眠時間は7時間30分ですが、中には短時間睡眠で問題ないという人もいます。睡眠時間が短いと思われる6時間以下の人でも、約20%の人が、睡眠時間に満足している様子が分かります。逆にいうと、8割の人は満足できない睡眠時間ということになります。各世代で、同じ睡眠時間について半数以上の人が満足できるという睡眠時間をみると、50歳未満では7時間以上、50歳を超えると6時間以上が求められていることが分かります。
    出典 :頑張りすぎにも注意!!睡眠不足が体に及ぼす影響とは?!
     

    睡眠の短時間化…2人に1人は睡眠時間6時間以下
    ・寝不足地域…『関東』 『東海』 『甲信越』
    日本人の半数近くは睡眠時間が6時間以下。年齢層別では、30歳を超えると7時間以下の人は85%近くに達する。6時間以下しか睡眠をとらない層が最も多いのは40歳代。

  • 睡 眠時間はどれくらい必要? 

     

     睡眠の必要量にはかなりの個人差があり、年齢・日中の活動度・体調な ど によっても大きく変わってきます。
     基本的には、日中眠気がなく、ふだんの生活をするのに問題がなければ、睡眠時間にこだわる必要はないといわれています。
     むしろ、どれだけ熟睡できるかという、睡眠の質のほうが重要であるといわれています。

  • 【睡眠用BGM】 究極に眠れる癒しの音楽 【α波】 - YouTube

     

    睡眠を快適に取るには様々な方法が有りますが、α波で睡眠に導くのも効果的です。

  • 眠 りにもリズムがあります

     

     睡眠にはリズムがあります。
     心身共に深く眠っている「ノンレム睡眠」と、身体は眠っているが脳は覚醒状態の「レム睡眠」を、ワンセット約1時間半で、ひと 晩に数回繰り返しているのです。
     夢は、レム睡眠のときに見るといわれています。

  • 睡眠障害の症状

     

    左記の症状が出たら注意です。

  • 睡眠障害のサインや症状は大きく分けて、1)不眠、2)日中の過剰な眠気、3)睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動、4)睡眠・覚醒リズムの問題、の4つにまとめられます。また、いびきや寝ぼけなど、周囲の人から指摘される症状もあります。
    サインや症状を、自分で困っているものと人から指摘されるものの両面から把握し、疑われる疾患について専門医にきちんと判断してもらいましょう。

  • 不眠(寝つきの悪さ、途中で起きてしまい再入眠できない、朝早く起きてしまう、熟睡できない)
    → 精神疾患や身体疾患、服用薬、下記の睡眠障害をチェック
      そのうえで不眠症かどうか判断
    過眠(日中眠くてしかたない、居眠りをして注意をされる)
    → 睡眠不足や睡眠の質が低下する病気がないか、チェック
      もし、夜十分眠っているのに日中眠い場合は、過眠症を調べる
    就寝時の異常感覚(脚がむずむずしたり火照ったり、脚をじっとさせていられないためによく眠れない、夕方以降に悪化)
    → むずむず脚症候群を調べる
    睡眠・覚醒リズムの問題(適切な時刻に入眠できず、希望する時刻に起床することができない)
    → 睡眠日誌で睡眠・覚醒リズムをチェック
      概日リズム睡眠障害を調べる

  • いびき・無呼吸(いびき、眠っているときに息が止まる、突然息が詰まったようにいびきが途切れる)
    → 体重、飲酒、服用薬をチェック
      睡眠時無呼吸症候群を調べる
    睡眠中の異常行動(寝ぼけ行動、寝言、睡眠中の大声・叫び声)
    → 夢との関連性、起こして覚醒するかどうか、チェック
      睡眠時随伴症を調べる
    睡眠中の異常運動(寝入りばなや夜間に、脚がピクピクと動いている)
    → 就床時の異常感覚についてチェック
      周期性四肢運動障害を調べる

  • 不眠症の悩みを持っている方が、何が原因で不眠になっているのか、どんな対策を取ればいいのかがわかるように、不眠症診断テストを作りました。



    当てはまる項目をチェックしていくと、あなたの症状に合った対策を紹介しているページに飛べるようにしています。

    気軽な気持ちで不眠症診断テストを受けてみてください。

    不眠症診断・睡眠チェックテストで不眠の原因を特定!
    【ケース1】生活習慣
    起床時間、就寝時間がバラバラ。または、休日は普段よりも2,3時間寝坊をする
    就寝の2時間以内に食事や間食をしている
    寝酒をしたり、夕食後にアルコールを飲む
    就寝前30分位内にタバコを吸っている
    就寝前2時間以内に、テレビやパソコン、携帯を使っている
    布団の中で携帯やスマートフォンをいじっている
    夜9時以降に筋トレなどの激しい運動をしている
    運動をする習慣がない
    朝食を食べていない
    夜にコンビニなどに出かけることが多い

    いずれか当てはまるものがある方は、『生活習慣』が原因で不眠になっている可能性があります。

    こちらから、不眠症を改善するための生活習慣を身に付けてください。
    出典 :対策が見つかる!不眠症診断・睡眠チェックテスト | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    不眠症チェックです。試してみて下さい。貴方の睡眠の充実度が分かります。

  • 睡眠不足の恐怖 - YouTube

     

    睡眠不足からくる睡眠障害は沢山有ります。

  • 子供に限らず、睡眠不足は肥満の原因となります。

    睡眠不足によって食欲を抑制するホルモンの分泌が減少したり、基礎代謝が低下してエネルギーの消費量が落ちることなどが原因です。
    肥満は様々な健康の問題を招きますが、子供のうちから肥満になってしまうと、将来の健康に不安がありますよね。

    子供の健康のためにも、睡眠不足にならないように注意しましょう。

  • 睡眠には、日中に学習したことを整理して、記憶するという役割があります。しかも、睡眠によって覚えたことを忘れにくくなるだけでなく、より記憶の定着が促進されることがわかっています。
    また、しっかりと睡眠時間を確保することで、日中の集中力も高まり、より勉強に集中することができます。
    こうしたことから、睡眠時間を確保することで、学力を高めることができるわけですね。

  • 肩こりの原因は筋肉の疲労が原因しています。筋肉の疲労回復に睡眠はとても重要な要素となります。すべての生物は地球に住んでいる限り重力の影響から逃れる事はできません。
    普段私たちが生活しているときにはこの重力に逆らって活動しています。生物が重力に逆らって行動するには筋肉の働きが必要不可欠なのです。なので、日中いろいろと活動しているとどうしても筋肉は疲労してしまいます。歩く、物を持つ、物を取る、屈む、座る、ジッと立っていたり、座っているなど、単純な作業をしているだけでも筋肉が重力に逆らって身体を支えているのです。

    この重力からの影響を唯一開放できるのが横になっている時です。程よく弾力があるベッドや布団に横になると、重力からの影響が最小限に抑えられるので、体を支える必要がなくなり、筋肉の働きも最小限に抑えられ、筋肉はだらーんと緩んだ状態、弛緩状態になるのです。

  • 夜の睡眠が不足すると

     

    20~40代のビジネスパーソンの睡眠状況を調査したところ、平日の場合、半数近くの人が6時間に満たない睡眠と判明。一方、休日は6 ~10時間眠る人が8割にも上る。8割の人が、睡眠について悩みを抱えている。目立つ訴えは「日中、眠くてしかたない」。労働時間が長いほど、昼間に眠気に襲われる人が多いよう。

  • 昼間の眠気が強く、目覚めていられない場合(過眠症)は要注意です。ナルコレプシーなどの過眠症は、学業・仕事の妨げになるだけでなく、転倒・転落したり、交通事故の当事者となったりと、事故の危険性が高まります。睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと生活習慣病を悪化させます。検査を受け、必要な治療を受けることが大切です。

  • 不眠症とは、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が出現する病気です。不眠の原因はストレス、こころやからだの病気、クスリの副作用などさまざまで、原因に応じた対処が必要です。不眠が続くと不眠恐怖が生じ、緊張や睡眠状態へのこだわりのために、なおさら不眠が悪化するという悪循環に陥ります。家庭での不眠対処で効果が出ないときは専門医に相談しましょう。睡眠薬に対する過度の心配はいりません。現在使われている睡眠薬は適切に使用すれば安全です。