【親知らず】抜いたほうが良い?見分けるポイント

生えてくると痛みや違和感を感じる親知らず。抜歯すべきか悩む方も多いようです。キレイに生えてくれれば抜く必要も無いようですが、抜いたほうが良い場合見分けるポイントはどこにあるのでしょう?抜いたほうが良いケースをご紹介します♪

  • choco 更新日:2013/12/17

view282

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生えてくると痛みや違和感を感じる親知らず

  •  大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひどく手こずった、1時間以上もかかった」などという声も
    出典 :親知らずは抜いたほうがいいの? - goo ヘルスケア
  • 「親知らずは抜いたほうがいい」というのは本当?

  • きれいに生えていれば抜く必要はないようです♪

  • でもきれいに生える事はごく稀なようで・・・

  • 親知らずを抜いたほうが良いケース

  • ○親知らずやその付近に虫歯や炎症がある場合

  • 親知らずが正常に生えていない状態では、不衛生な部分に歯ブラシが届かないため、衛生状態の改善が困難になります。

    特に、途中で隣の歯にひっかかって止まってしまっている場合や、横や斜めを向いて生えている場合は、衛生状態が悪化しやすいので再発の可能性が非常に高くなります。このような場合は、歯としての噛むという機能も果たしておりませんので、抜歯することをお勧めします。
    出典 :痛みのおはなし|歯科情報あかりんご|りんご歯科クリニック
  • ○歯並びや口臭が気になる場合

  • 親知らずの最大の問題点は「磨きにくい」こと。
    そのため食べカスや歯垢がたまり歯周病や虫歯、そして口臭の原因になることです。

    また、親知らずが生えてくるとそれだけ歯列のスペースが狭くなり
    前歯の歯並びが乱れ、「噛み合わせ」に影響します。
    出典 :親知らずを抜くべきか迷っている方|抜歯した場合のメリットとデメリット
  • ○これから妊娠を考えている方

  • 女性の場合気をつけていただきたいのは妊娠~出産後です。

    妊娠するとホルモンバランスの影響で
    親知らずが激しく痛むケースがあります。

    妊娠中は治療で抗生物質や麻酔などが制限されてしまうため、
    たとえひどい痛みがあっても親知らずは抜歯できないそうです。
    出典 :親知らずを抜くべきか迷っている方|抜歯した場合のメリットとデメリット
  • 最後に・・・治療で痛みを抑えることはできないの?

  • 抜歯はやっぱりこわい・・・

  • これらの事を考えて、歯医者でご相談の上ご自身にベストなタイミングで抜歯しましょう♪