何故起きる?「起立性低血圧の原因」を知ろう

起立性低血圧の原因をしって対策をしよう。状態が悪いと失神の恐れもあるので要注意なのです。

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 起立性低血圧は

  • 起立性低血圧とは、横になった体勢や座った体勢の状態から、急に身体を起こした時・急に立ち上がった時に血圧が下がり、立ちくらみ・眩暈・失神などの症状が現れるものを言います。
    出典 :起立性低血圧
     

    辛い症状ですよね

  • 一般的に立ち上がった後、3分以内に最高血圧が20mmHg以上、最低血圧が10mmHg以上の低下が見られるものを言います。 血圧が一時的に低下して起こる症状なので持続性のなく一過性のもので、普段の血圧が低い人だけに起こるというわけではありません。
    出典 :起立性低血圧
     

    低血圧の定義ですね。

  •  

    座った状態で血圧を測定した時に、正常な血圧・高血圧・低血圧の人、誰にでも起こる可能性があります。 急に立ち上がって眩暈を起こす「脳貧血」は、「起立性低血圧」の症状のひとつと言われているようです。いきなり倒れる人はこれが原因だったのですね

  • 起立性低血圧の原因は

  • 立位になると全身の循環血液量のうち、500~800mlは腹部や下肢に移行します。そうすると心臓にもどる静脈還流量が減少します。そのため、心拍出量(心臓から送り出す血液量)は減少し、大動脈や頸けい動脈洞に存在する圧受容体(血圧をコントロールする器官)の刺激も低下します。
    出典 :起立性低血圧症| 循環器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 交感神経を中心とする調節反射がはたらいて、心拍数の増加や心臓の収縮能、末梢血管の抵抗が高められ、立位になっても血圧が維持されます。しかし、このような血圧コントロールの過程のなかで、何らかの原因で調節反射が正常にはたらかないと、血圧は起立時に下がったままで臥位の状態にもどらず、起立性低血圧となります。
    出典 :起立性低血圧症| 循環器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 症状は午前中に出現しやすく、食後や運動後に特に多く見られます。高齢者はとくに食後に起きやすく、失神を起こすこともあります。診断は立った時の血圧測定によって行われます。立った後3分以内で血圧の低下が認められた場合、立性低血圧と診断され治療を必要とします。
    出典 :起立性低血圧
     

    午前中がやはり多いようですね

  • 動脈硬化で血管壁が硬くなり、血管壁の中にある血圧を調整する機能が低下するため、血圧の変動幅が大きくなり、めまいを起こします。 また、糖尿病やパーキンソン病、シャイドレーガー症候群などにより、起立性低血圧によるめまいが生じやすくなります。
    出典 :起立性低血圧(立ちくらみ)
     

    動脈硬化も誘因要素になるのですね

  • 自分で出来る対策をしよう

  • 基本的に治療として

     

    生活指導と薬物療法が使われます。それなら今この時から生活を見直してみるのも良いでしょう。辛い症状が続く前に先に手を打つ事が大切になってくるのです

  • 立ち上がった時にだけ症状がある場合などは早めに専門医に相談して、診断を受けるようにしましょう。外出先などで急な発作や失神が起こると思わぬ怪我や事故を引き起こす場合もあります。特に高齢者の方は普段から気をつけて、医師の指導を受けるようにしましょう
    出典 :起立性低血圧
     

    ここは大切なポイントですよ

  • 1、水分や塩分を十分取り、体を冷やさない。2、お風呂は半身浴でゆっくり体を温める。3、急に起き上がらない。 以上のようなことにお気を付け頂きたいと思います。
    出典 :起立性低血圧 症状 原因 - 血圧 正常値
     

    これらに気をつけたいですね

  • 自律神経を改善するために生活習慣の見直しが大切になってきます。栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、そして適度な運動をして、正しい生活のリズムが身につくようにしましょう。
    出典 :起立性低血圧(立ちくらみ)