くも膜下出血が起きたらどうする?正しいくも膜下出血の応急処置とは?

くも膜下出血は応急処置によってはとても危険な状態になります。また早めの処置が必要。くも膜下出血のサインを見逃さないことが大切です。

view765

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • これで後遺症も軽減。くも膜下出血の応急処置を身につけよう

  • いつ、誰がくも膜下出血で倒れるか分からないものです。そんな時に正しい応急処置を身につけていれば、その後の後遺症が軽減される可能性もあります。

  •  

    くも膜下出血を起こした時の応急処置としては、横にして安静にすることです。ネクタイやベルトなどは外して楽にしてあげましょう。

  • 母は私が18の時にくも膜下出血で一度倒れておりまして。幸い処置が早かったおかげで1ヶ月程度で退院できたのですが、その間に二度臨死体験をしたらしいです。
     

    応急処置は早い方がいいです。

  • あとアレ、高血圧によるくも膜下出血の処置方法3〜5時間以内に正しい処置をすれば助かる確率がグンと上がる。あとは出血性ショック死を出来るだけ防ぐ止血の仕方。あー…後はAEDとやらの使い方。心臓マッサージと…嗚呼もう取り敢えず自分に出来そうなの全てじゃ!!大切な人を守れ。
     

    応急処置についていろいろ勉強しておくと役に立つでしょう。

  • くも膜下出血を起こしたと思われる方がいたら、先ずは安全に心がけ、安静に出来る環境に注意します。ネクタイやベルトをしているなら、すぐに緩めておきます。広く平らな場所に患者をそっと寝かせてください。外出時での発症なら安静に保てる場所を確保し、回りに物がないことを確認します。
    出典 :死亡率を左右する|くも膜下出血の応急処置
     

    救急車をすぐに呼びましょう。

  •  

    くも膜下出血の症状には、突然の激しい頭痛、嘔吐、けいれん、などが起こります。そのような症状を起こしたらすぐに応急処置をして救急車を呼びましょう。

  • 【国試】くも膜下出血の特徴的症状は、突発した激しい頭痛ならびに嘔気・嘔吐である
     

    頭痛はくも膜下出血の特徴的な症状です。

  • "くも膜下出血の症状はいくつかあるが、共通するのは「突然性」。「『金づちで殴られたような痛み』『経験したことのない痛み』と表現されるが、痛みが軽い場合もある。だが、理由なく突然襲ってくる点は共通している」" http://tumblr.com/xsg8eh0kj
     

    突然症状が起こる場合も多いようです。

  • 突然の激しい頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害などの症状があれば、まずくも膜下出血を疑わなくてはなりません。出血してから時間がたつと、くびすじがかたくなり、前屈ができなくなります。
    出典 :くも膜下出血の症状・解説 - goo辞書
     

    頭痛で倒れるようなことがあったら、くも膜下出血の危険性があるということですね。

  •  

    突然頭痛が起こった、ということが多いように思われるくも膜下出血ですが、前兆があるケースも少なくないようです。それは病気のサインです。すぐに病院に行くようにしましょう。

  • めまい、頭痛、吐き気などの症状が出た場合。女性は更年期障害や婦人病のケースもあるが、男性は「てんかん」や「脳機能障害」の可能性もあり、神経内科や脳神経外科にかかり脳の検査を受けて下さい。頭痛や体のだるさから風邪を疑うこともあるが、頭痛の場合は脳腫瘍や水頭症やくも膜下出血の場合も!
     

    自己判断は危険です。症状があれば検査を受けましょう。

  • 命に関わる危険な「片頭痛」の、症状の見分け方を解説している。
    頭痛が朝にひどく痛みがある場合は、脳腫瘍の可能性があるそう。
    発熱や嘔吐を伴う頭痛も、くも膜下出血などの可能性が指摘される。
    http://t.co/n92cCtCmpJ
     

    頭痛は危険な病気のサインでもあるのですね。

  • 頭痛以外の前兆としては「物が二重に見える」「片方の目が見えにくくなる」「視界が暗くなる」といった視覚の異常があります。これは、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の膨張によって脳神経が圧迫されることによって起こるもので、一時的もしくは継続的な発作として起こります。
    出典 :【前兆】くも膜下出血発症の前に起こるサイン | 知ってる?SAH
     

    少しでも、変だな、と感じたらすぐに診察を受けましょう。

  • くも膜下出血が起こったら、動かさず安静にしてすぐに救急車を呼びましょう。倒れる前の前兆を見逃さず、いつもと違う頭痛が起こったらすぐに病院に行きましょう。