今日から実践!「糖吸収」と「糖化」を防いで-5歳肌♪

「なんだか最近、肌がくすんできちゃって~・・・」

それってもしかしたら・・・肌の「糖化」かもしれません!
今からでも遅くありません。
糖吸収、糖化を防いで、美肌を取り戻しましょう!
目指せ!マイナス5歳肌♪

view564

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  


    「糖化」とは、私たちの体内にあるタンパク質と糖が結びついて、「糖化生成物(AGEs)」という物質が作られることをいいます。たとえば、パンを焼いたとき、表面が茶色く焦げて固くなったり、炊飯器にご飯を長時間保温しておくと黄ばんで硬くなったりしますよね。これも糖化です。


    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/376975/2/

  • 糖化したタンパク質というのは、タンパク質が糖によって、焦げて黄色く劣化してしまったようなもので、私たちの身体を作り上げている元のタンパク質とは、もう違ったものというわけです。この劣化した糖化タンパク質が、血管や肌の真皮などを硬くして、身体中を老化させ、さらに糖尿病や肥満などの成人病まで発生させてしまうようになります。

    出典 :アンチエイジングの大敵!『糖化』の意味とは? | 美肌マニアの美容情報
     

    変化したタンパク質は違うものになって、悪さをしてしまう・・・ってことですね。

  • 肌老化は、コラーゲンの焼肉化現象(メイラード反応)

  • 肌のコラーゲンが減るという言い方をよくしますが、減るというよりは、変性するという方が合っています。コラーゲンの変性は、ホットケーキやパン、肉などを加熱料理したときに起こる「メイラード反応」に似ているといわれます。 肉もコラーゲンなどのたんぱく質のかたまりです。これを煮たり、焼いたりと熱を加えたときに起こる化学変化と、肌が老化してコラーゲンが変化していくことが似ているということです。柔らかい生の肉は、煮たり、焼いたりすると硬くなります。肌も老化して硬くなり、シワが刻まれていきます。乾燥ではなく、このような化学反応によって、肌のシワは刻まれていくのです。化学反応によって刻まれたシワに、いくら化粧水をつけても戻らないことは理解できると思います。

    出典 :肌老化は、乾燥ではなくメイラード反応でコラーゲンが変性し、シワが刻まれます - 美肌・美顔をサポートするマイクロバブル
     

    糖化=メイラード反応だそうです。ただの「乾燥」ではないところが問題なんですね。

  • 「糖化」とは、私たちの体内にあるタンパク質と糖が結びついて、「糖化生成物(AGEs)」という物質が作られることをいいます。たとえば、パンを焼いたとき、表面が茶色く焦げて固くなったり、炊飯器にご飯を長時間保温しておくと黄ばんで硬くなったりしますよね。これも糖化です。
    出典 :2/2 シワ・シミ…老化が進む、肌の「酸化」と「糖化」 [肌の悩み・対処法] All About
     

    やはり、「焼ける」ってイメージが近いようですね。

  •  

    AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや認知症などかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。

    引用)http://www.age-sokutei.jp/about/

  • 「糖化」はゆっくりすすむ

  • 私たちの体内で「糖化」によってできた糖化生成物(AGEs)は、そのまま体内に蓄積されていきます。糖化生成物(AGEs)は、一度出来てしまうと分解されず、どんどん蓄積され続けてしまいます。ターンオーバーが正常におこなわれていれば、蓄積されることなく外に押し出されますが、年々新陳代謝が鈍くなるのを放置しておくと、だんだんハリがなくなったり、くすみが出たりします。「糖化」は、ゆっくりと進行する自然な老化現象なので、普段のお手入れが、肌の明暗を分けることになります。
    出典 :2/2 シワ・シミ…老化が進む、肌の「酸化」と「糖化」 [肌の悩み・対処法] All About
     

    ゆっくり進行することで、自分自身でも分かり難い。代謝の重要性が分かりますね。

  • 「糖化」を遅らせるにはどうすればいい?

     



    では「糖化」による肌老化を防ぐためには、「糖分」を摂らなければいいのでしょうか?もちろん、そんなはずはありません。過剰に摂るのは気をつけてほしいですが、適度な糖分は細胞の活動に欠かせない大事なもの。摂取量は多少気にしつつ、燃焼させるための運動が大事です。 運動といっても、激しいスポーツやエクササイズをしなきゃいけないというわけではなくて、椅子に座る時、背もたれに頼らない、エレベーターよりも階段を使うとか、普段の立ち座りの姿勢で腹筋背筋をちょこっと意識するとか。普段の生活の中で、工夫して基礎代謝をあげましょう。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/376975/2/

  • 糖の吸収をゆるやかにする“ベジタブルファースト”

  • 血糖値が上がりやすい食生活をしていると、肌はボロボロ・太りやすくなります。それを解決するには、同じ食べ物でも、血糖値をあげにくい食べ方をすることで胃の中での糖の吸収をゆるやかにすることができます。ベジタブルファーストと呼ばれ広まってきましたが、野菜やくだもの、きのこや海藻などの食物繊維が多く含まれるものを肉類や揚げ物より先に食べることで、糖の吸収を遅らせることができます。特に、リンゴには食物繊維だけでなく、糖を消化する酵素の働きもありますので、いつもの野菜サラダにリンゴを切って加えてアクセントにすると一石二鳥です!

    出典 :今日からできる!糖吸収と糖化を防いで−5歳肌に! | 美肌マニアの美容情報
     

    揚げ物などの前に、野菜やリンゴを先に食べる。それで、糖の吸収を抑えると良いそうです。

  • ご飯と一緒にネバネバ食材を食べる

  •  

    胃の中で糖を包んで消化を遅らせるという、ネバネバ食材と一緒に食べると、消化にかかる時間が遅れ、吸収が抑えられるというわけです。例えば、納豆やトロロ、オクラなどですね。


    引用)http://bihada-mania.jp/blog/25056

  • 消化の時間を遅らせて、吸収を抑える作戦です。

  • 抗糖化で糖化を阻止する

    運動…筋肉が糖を消費して糖化を抑制する(有酸素運動、サーキットトレーニング)
    食事…糖化を抑制する食べ物をとる(カモミール、どくだみ、ブドウ葉)
    血糖値を上げない食べ方…野菜→肉・魚→ご飯の順番でゆっくり噛んで食べる
    出典 :アンチエイジングの大敵!『糖化』の意味とは? | 美肌マニアの美容情報
     

    「抗酸化」ではなく「抗糖化」という考え。これからどんどん出てくると思いますが、今から“糖化”を防ぐ生活習慣を身に付けるようにしましょう!