ストレス社会に急増中!【過敏性腸症候群】IBS

トイレに駆け込む
会議前に下痢をする
IBSかもしれませんよ!

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過敏性腸症候群とは

  • 過敏性腸症候群(IBS)とは、大腸や小腸に病気などの異常がないのに、「通勤・通学の途中で突然お腹が痛くなり、トイレにかけこむ」「会議の前日にはいつも下痢をしてしまう」などといった、ストレスからくる便通異常が数カ月以上の長期にわたって続く疾患の総称です
    出典 :体質だからとあきらめないで!「過敏性腸症候群(IBS)」|ヘルスケア情報|eo健康
  • 腸と脳には密接な関係があり、脳が不安やストレスを感じると、
    その信号が腸に伝わって影響を与えてしまうのです。
    出典 :IBSってこんな病気|それって、IBS(過敏性腸症候群)?
  • ≪IBSの代表的なタイプ≫

  •  

    下痢型
    ≪若い男性に多い≫
    通勤・通学時などのストレスを感じる場面で、激しい腹痛を起こして下痢をしてしまうのが下痢型です。
    便秘型
    ≪女性に多い≫
    便秘がちで排便の量が少なく、ウサギの糞のような便が出ます。腹痛や残便感があったりすることが特徴です
    混合型(交替型)
    下痢と便秘を数日おきに繰り返します。IBSでもっとも多いのがこのタイプと言われています。

  • 過敏性腸症候群(IBS)の原因

  • 1.ストレス:
    身体的・精神的ストレスによって自律神経のバランスがくずれて起こる
    2.腸管運動機能異常: 腸の動きが過剰になってけいれんし、腹痛や便通異常が起こる
    3.内臓知覚過敏: 腸にわずかな刺激が加わっても、それを過敏に「痛み」と感じてしまうために腹痛や便通異常が起こる
    4.炎症: 急性腸炎のあと、完全に治りきっていないため、腸炎と似た症状(下痢と腹痛)が起こるとする説(最近、こう考える研究者が出てきました)
    出典 :おなかケアどっとこむ
  • IBSの原因は特定の病原菌や体内器官の異常ではなく、不規則な生活、精神的な緊張や不安、ストレスなどが挙げられます。中でもストレスはIBSの最大の要因であるとされています。緊張や不安、ストレス等によって自律神経のバランスがくずれて胃や腸に伝達され、その結果、腸が過敏に反応してしまい、本来の正常な働きをしなくなるのです。
    出典 :体質だからとあきらめないで!「過敏性腸症候群(IBS)」|ヘルスケア情報|eo健康
  • こんな症状がでてもIBSの可能性がある

  • ● いつもおなかが張った感じがする
    ● おなかがゴロゴロ鳴る
    ● よくおならが出る
    ● 便が残っているような気がする
    ● よくおなかが痛くなる
    ● おなかに不快感がある
    ● 胃がむかつく
    ● ゲップが多い ● 吐き気や嘔吐がある
    ● 食欲がない
    ● 頭痛
    ● 肩こり
    ● 気分の落ち込み、不眠
    ● 人混みに出かけるのがおっくうに感じる
    ● 通勤電車(バス)が苦手
    ● 人前で緊張しやすい
    出典 :おなかケアどっとこむ
  • 症状の出やすい性格・環境

  • IBSはストレスへの耐性が低い方ほど症状が出やすい傾向があります。ストレスが原因の病気ですから、体質よりも性格や環境の影響を受けやすいのが特徴です。まじめで几帳面な方、完璧主義の方、せっかちな方、内向的な方などがIBSになりやすいと言われています。また、職場や学校で強いストレスを感じたり、不規則な生活が続いていたりするような場合にも、IBSの症状が見られることもあります。
    出典 :体質だからとあきらめないで!「過敏性腸症候群(IBS)」|ヘルスケア情報|eo健康
  • http://eonet.jp/health/healthcare/health18.html(引用)

     

    ≪性格≫まじめで几帳面、完璧主義、せっかち、内向的
    ≪環境≫職場や学校で強いストレスを感じる、不規則な生活

  • IBSの治療法

  • 食事療法

    下痢をくり返している場合は、香辛料や冷たい飲食物、脂っこいものなどを避けます。乳製品やアルコールも下痢の原因になる可能性があるので、控えたほうがいいでしょう。
    便秘をくり返している場合は、香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、水分や食物線維を多く摂れるような食事を心がけていきます。
    出典 :さまざまな治療法|IBSネット それって、IBS(過敏性腸症候群)?
     

    香辛料は確かに悪いですね

  • 運動療法

    適度な運動は腸の働きを整える効果が期待できるほか、気分転換・ストレス解消にもなります。体操や散歩などの軽い運動を生活に取り入れましょう
    出典 :さまざまな治療法|IBSネット それって、IBS(過敏性腸症候群)?
     

    運動は何においても必要になってきますね

  • 薬物療法では症状に応じて治療薬が処方される

    食事療法や運動療法で症状が改善しない場合は、医師による薬物療法が用いられます。薬物療法では、症状に合わせて以下のような治療薬が処方されます。また、腸のセロトニンに作用し、早期から確実に症状を改善する薬も用いられるようになりました。
    出典 :さまざまな治療法|IBSネット それって、IBS(過敏性腸症候群)?
     

    セロトニンは不眠の関係でも出てくる用語ですね

  • 気をつけておいてくださいね