若いからと安心してはダメ!睡眠中の尿意で悩んでいる女性が急増している!

夜、睡眠中に尿意で起きる。もしくはおもらしをしてしまう。そんな女性が今急増中なんです!
若いからと安心してはダメ。あなたは大丈夫ですか?

view295

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今、睡眠中に尿意で悩んでいる人が急増中・・・

  • 本来なら、夜眠っている間というのは尿量が減少し、排尿回数も少なくなるもの。それなのに、夜眠りについた後、排尿のために起きてしまうという方は珍しくありません。この症状は、加齢とともに増加するそうなのですが、近年は若い女性の間でも「夜間の尿意で目が覚めてしまう」とお悩みの方が増えているといいます。
    出典 :若い女性にも急増中!「睡眠中の尿意」を引き起こすNG習慣3つ
     

    色んな病気や症状が、今、どんどん若年化していっています。

  • 過活動膀胱で悩んでいる人も

  • 過活動膀胱(overactive bladder; OAB)は中高年のQOL(生活の質)を下げる重要な疾患との認識が進んでいますが、若い年代で悩む人も少なくありません。「尿意切迫感・切迫性尿失禁・頻尿」が重要な3つの症状で、中でも尿意切迫感は必須項目です。
    出典 :ユニ・チャーム[尿もれケアナビ for Women] 尿もれ百科
     

    頻尿など、なかなか他人に相談しにくい病気で苦しむ人も増えています。

  • もしかしてその習慣が?夜間の尿意を引き起こす習慣とは

  • 寝る直前に食べたり飲んだりする

  • 眠る前に水分を摂ると、尿意を引き起こしますよね? では、食事はどうでしょう。食べ物には思っている以上に水分が含まれていますので、眠る前の食事も夜間の尿意の原因になります。眠る2時間前になったら、飲食は控えましょう。
    出典 :若い女性にも急増中!「睡眠中の尿意」を引き起こすNG習慣3つ
     

    特に、水分の多いサラダや鍋などは要注意。食べてすぐに寝ると、消化不良も起こしますし、熟睡できません。

  • コーヒーや紅茶の飲み過ぎ

  • カフェインは利尿作用を促します。お茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は、1日2~3杯までにしましょう。
    出典 :若い女性にも急増中!「睡眠中の尿意」を引き起こすNG習慣3つ
     

    眠気覚ましに良いとされるカフェインには、実は利尿作用もあるのです。同じように、夜寝る前にビールを飲んだりするのもよろしくありません。

  • 冷え性

  • 体が冷えていると、汗や水蒸気として体から出て行く水分の量が減ります。その結果、体内の水分量が多くなり排尿の回数が増えます。体を冷やさないために、下記のような習慣を日常的に取り入れましょう。
    ・20分以上のウォーキングなど、適度な運動をする。

    ・湯船に浸かって体を温める。

    ・眠る前にストレッチをする。
    出典 :若い女性にも急増中!「睡眠中の尿意」を引き起こすNG習慣3つ
     

    女性にとって、冷え性は健康にも美容にも被害を与えてしまう天敵です。そしてその魔の手は、睡眠中の尿意にも。

  • トラブルの原因はさまざま!健康的な生活を

  • 冷えによる頻尿、ストレスからくる神経の 不安や緊張からくる頻尿、など 様々な原因が考えられます。 頻尿の原因でよく見られる傾向は 意外ですが「神経性頻尿」と呼ばれるものです。
    出典 :頻尿の原因ってナニ? | 頻尿 薬の効果と治療方法
     

    心と体、どちらかに問題が起こっていると、その結果として夜間の頻尿になってしまうこともあります。年齢に関係なく、困った時はすぐに病院に行きましょう。

  • 一番良いのは、何事もほどほどの、規則的で健康的な生活を送ることです。