【美脚の必需品なのに!】 ハイヒールは履かない方がいいらしい。 【恐るべき悪影響】

ハイヒールは美脚にみせるための必需品。でもハイヒールが健康に悪影響を及ぼすことがあるのだとか!

view2257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ハイヒールを長期間履くことは健康に悪影響を及ぼす!?

  • ハイヒール

     

    長時間歩くと足にダメージが。それが続くと健康にも被害が出ちゃうみたい!

  • ロックランド病院の整形外科医のP.K.デーブ医師は、「ハイヒールを長期間履いていると、健康被害があらわれる」と忠告しています。

    出典 :本当はリスキー?ハイヒールが健康に与える悪影響7つ - ネタりか
  • ヒールが細いほど危険!

  • ピンヒール

     

    ヒールが高いほど美脚に見えるもの。ピンヒールは美しいが、それだけ体への負担は大きいよう。

  • 医学雑誌『ランセット』においても、かかとの幅が広い人にとって、ヒールの先が細ければ細い程、ひざの変形性関節症のリスクを増加させるということが実証されています。
    出典 :本当はリスキー?ハイヒールが健康に与える悪影響7つ - ネタりか
  • 健康に与える悪影響

  • 1. ハイヒールを履くことで、体重を足先で支えることによるくつずれやうおのめ、または角質ができる。

    2. ハイヒールで歩くときにバランスをとるための背骨の曲げ方によって、腰痛が起こる。

    3. ハイヒールを履くことによって中足骨痛症とよばれる足先の痛みが起こる。

    4. 足首の捻挫はかかとの位置や幅等によって起こり、くるぶしをアンバランスにする。

    5. アキレス腱が腫れだすのは、危険の兆候。日頃からヒールをはいているとふくらはぎの筋肉がはり、かかとのうしろのアキレス腱に炎症を起こさせる。

    6. 『神経腫』と呼ばれる神経の良性腫瘍がつまさきの間にできて、するどい痛みが起き、つまさきの感覚がなくなったり、またはうずいたりといった症状が出る。

    7. 『パンプバンプ』や『ハグランド変形』とよばれるかかとにできる皮膚の腫瘍が起こる。このかかとのうらにおこる痛みは、靴幅が狭いと骨があたって摩擦を起こすことによって起こり、先の尖った靴はつま先を巻き込むことに。
    出典 :本当はリスキー?ハイヒールが健康に与える悪影響7つ | 美レンジャー
  • バンプパンプ

     

    ハイヒールの踵が当たって胼胝になり、痛い。
    きついパンプスを履く女性の踵の後方、アキレス腱の付着部外方に、パンプスの月形芯(カウンター)で擦れてできる瘤の俗称である。ハグルンド変形に似るが骨性のものではなく、皮膚の腫瘤で胼胝や滑液嚢炎である。パンプスのカウンターを広げるか、カウンターにクッションの付いた靴に変える。
    出典:http://foot.po-labo.com/measures/cause/046.html

  • ハグランド病

     

    ハグランド病は足の踵に、アキレス腱のつけ根あたりに見られる症状です。 アキレス腱とかかとの骨の後方の間に、関節をスムーズに動かす滑液包というものがあり、この部分が靴などで繰り返し圧迫されることにより炎症を生じる病気です。 単独で発症する事は少なく、踵骨後外方に骨性の隆起や軟部組織の肥厚を認めることが多いです。 また、アキレス腱皮下の滑液包の炎症や、アキレス腱付着部の炎症を合併することもあります。 靴を着用するスポーツ選手に多く、特にランニングなどの運動時に痛みを訴えます。
    出典:http://www.yoikutu.com/trav/contents/23_haglund.html

  • 脱げない人のためにアドバイス

  • 1. できるだけフラットシューズを履くようにする。ハイヒールは特別なシーンにとっておく。

    2. フラットシューズを履いたときはたくさん歩く。(あなたのかかと位置を変更するチャンスなので)

    3. ハイヒールのときは小股で歩く。かかとをはじめに地面につけて歩き、脚に負担のない歩き方を練習する。

    4. 低くて太いヒールで、十分な幅のある靴を買う。(低いヒールは安定性があり衝撃を吸収するのによく、快適なため)

    5. あなたの筋肉に負担となる、かかと部分のないヒールを長時間履くのはやめる。(レースやストラップの靴もまた、歩行の妨げになるため)

    6. ふくらはぎ、かかと、脚の筋肉のストレッチを行う。一日の終わりにはマッサージをする。
    出典 :本当はリスキー?ハイヒールが健康に与える悪影響7つ | 美レンジャー
  • フラットシューズ

     

    普段はフラットシューズを履き、たくさん歩くことを心がける。

  • せめて低くて太いヒールを!

     

    細いピンヒールや、高いハイヒールに比べて安定する!

  • 足のマッサージを忘れないこと!

     

    マッサージするだけで足への負担もだいぶ軽くなるみたい!