ある日足の親指の付け根が痛くなる症状…それが痛風という病気です

足の親指の付け根が痛い、足首が痛い、手指の関節が腫れて痛い、血液検査で尿酸値が高いなどの症状があると、痛風が疑われます。病院で診断してもらい、適切な生活指導をしてもらいましょう。

view86948

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 痛風とは?

  • 挿絵ある日突然、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みだします。痛みは万力で締めつけられたように激烈で、大の大人が2、3日は全く歩けなくなるほどの痛みです。発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日たつとしだいに治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。ただし油断は禁物で、半年から1年たつとまた同じような発作がおこります。そして繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。このころになると、関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓が侵されるようになってきます。華々しい関節の症状と深く静かに進行する内臓障害。陽と陰のある病気ですが、陰の方が目立たないのが重要です。

    痛風にかかるのはほとんどが男性。患者さん100人の中に女性は1、2名しかいません。現代社会にあってさまざまなストレスと闘いながらも、それなりに元気に人生を送っている人の病気と言ってもよいでしょう。
    出典 :痛風とはどんな病気?/痛風を知りたい方へ/痛風ってどんな病気/公益財団法人痛風財団
     

    関節の痛さの陰の内臓障害。
    恐ろしい病気です。

  • 関節炎は氷山の一角

     

    身体の外側の関節だけでなく、だんだん
    腎臓などの内臓が侵されるようになってきます。
    恐い病気です。
    きちんとした生活と治療をしないといけません。

  • 痛風は何故男性に多い?

  • 痛風は圧倒的に男性に多い病気です。1992年の東京女子医大の調査では男性が98.5%で女性はわずか1.5%でした。これほど男女差のはっきりした病気も少ないのですが、理由もはっきりしています。痛風の原因である尿酸の血液中の濃度(血清尿酸値)が女性では男性より低いからです。
    これは女性ホルモンに腎臓からの尿酸の排泄を促す働きがあるからで、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ると尿酸値は少し上昇します。つまり50歳を越えると男女の尿酸値の差は小さくなります。

    痛風発作は血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態が数年間以上は続かないと起こりません。この7.0mg/dLになるのに平均的な男性では尿酸値が1.5mg/dL上昇すると到達してしまいますが、女性では3.0mg/dL上昇しないと到達しませんので女性はなかなか高尿酸血症にならず痛風にもなりにくいのです。
    出典 :痛風はなぜ男性に多いのか?/痛風ってどんな病気/公益財団法人痛風財団
  • 痛風の関節痛

     

    足の親指のケースが多いですが、
    このように手指の関節に出るケースも
    あります。

  • プリン体

     

    食事から摂取されるプリン体は体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増大させます。そのため、肉や魚介類をたくさん食べると痛風になりやすいことが知られています。
    お酒を毎日飲む人は痛風の危険度が2倍で、特にビールを飲む人の危険度が高いと報告されています。

  • 痛風の診断

  • 確実な痛風の診断は、痛風の発作中の関節の中に尿酸の結晶があることを証明することです。これで診断は確定します。ただし痛風の症状は特徴的なので、普通は状況証拠で十分に診断が可能です。
    医師が使う痛風の診断基準は、次のようなものです。
    1.症状が出てから1日以内にピ-クに達する
    2.以前にも同じような症状があった
    3.ひとつの関節だけに症状がある
    4.関節の部位が赤くなる
    5.関節が腫れている
    6.足の親ゆびの付け根の関節に激痛、腫れがある
    7.片足の親ゆびの付け根の関節に炎症がある
    8.片足の足首の周りの関節に炎症がある
    9.血液検査で尿酸値が高い

    この9つの項目の6つ以上あてはまれば痛風である可能性が95%です。
    出典 :痛風の診断は?/公益財団法人痛風財団
  • 足親指に腫れ

     

    足親指に腫れと痛みがくる
    パターンが多いです。
    激痛がきて1週間ほどで引いて、
    また半年から1年で同じ発作が来ます。
    だんだん間隔が短くなっていき、
    関節以外にも腎臓などの内臓が侵されていきます。
    放っておいてはいけません。
    病院で相談して治療しましょう。

  • ■尿酸値を下げる食べ物

    尿酸値を下げる食べ物で良い食べ物とされているのは、尿をアルカリ性に傾ける食品を積極的に食べればいいと言われています。

    尿酸は尿のバランスが中性~アルカリ性に傾けば溶けやすくなると言われていて、排泄も通常より促されるため、尿酸を体外に排出しやすくする効果がある為、尿酸値を下がる働きをします。

    また尿酸は尿から排出されるので、尿の量が多い程、たくさんの尿酸が排出されます。尿酸値の高い方によく言われるのがお茶や水分を多めによるようにし、尿の量を増やして尿酸を体外に排泄するよう心がけると良いです。

    以下に尿をアルカリ性に傾ける効果のある食物をあげてみました。


    --------------------------------------------------------------------------------

    ■海藻類
    ・わかめ  ・ひじき  ・昆布

    ■野菜類
    ・ほうれん草  ・ごぼう  ・ニンジン  ・キャベツ  ・アスパラ  ・かぶ  ・なす

    ■イモ類
    ・里芋  ・さつまいも  ・じゃがいも

    ■果物類
    ・メロン  ・バナナ  ・グレープフルーツ

    ■その他
    ・干ししいたけ  ・大豆


    --------------------------------------------------------------------------------

    以上のような食材を毎日の食生活でどこかに取り入れ、積極的に食べるよう心がけてみて下さい。
    出典 :尿酸値を下げる食べ物 - 痛風列伝
     

    なんとか尿酸値を下げて健康体に戻りたいものですよね。

  • 尿酸値対策の本いろいろ

     

    こういう痛風の人向けの本もあるのです。
    尿酸値を下げる食べ物の紹介や、
    逆に食べないほうがいいものの紹介も
    されていると思います。
    参考にするのもいいですよね。

  • 痛風は何科へ行けばいいの?

  • 整形外科または内科

     

    関節が痛いのですから、
    外側からの処置としては最初は
    整形外科に行ってもいいでしょう。
    しかし、前述の通り内臓疾患まで引き起こしてきますから、
    内科に行くのは必須です。
    その上でリウマチ科などにかかるのもいいし、
    いろいろ病院を選んで下さい。
    内科でも湿布や痛み止めはくれると思いますが、
    外側の痛みは整形外科のほうが上手く治療してくれるなと
    思ったなら、2院を使い分けてもいいと思います。
    今は患者が医者を選ぶ時代ですよ。
    医者の顔色なんか窺わないで、嘘も方便で
    「親戚の医者なので痛み止めはそっちでしてもらいます」
    とか言ってしまいましょう。
    それでOK!

  • 痛風が痛いときの軽減の仕方

  • ◎患部を冷やすこと
    ◎水をたくさん飲むこと
    ◎消炎鎮痛剤を飲む
    ◎安静にする
    ◎アルコールは厳禁
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
     

    消炎鎮痛剤はアスピリン系(バファリンなど)はダメです。
    かえって痛みが悪化します。
    インドメタシン・フェルビナクなどがいいです。

    患部マッサージもやめましょう。痛みが悪化します。