脳外科医 名医 福島孝徳氏 彼の偉業 神の手の診察とは?

福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年 - )は、アメリカ合衆国在住の日本人医師である。

専門は脳神経外科であり、脳腫瘍に対する「鍵穴手術」の考案者として知られる。東京大学医学部卒業。

カロライナ脳神経研究所、デューク大学、ウェストバージニア大学、カロリンスカ研究所、マルセイユ大学、フランク

  • pocca 更新日:2014/01/02

view491

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 数センチメートルほどの小さな穴から顕微鏡を使い巧みに脳腫瘍を切除・縫合する鍵穴手術

  • 鍵穴手術

     

    現在200点にも及ぶ、鍵穴手術に必要な脳外科手術用の顕微鏡や器具の開発を医療器メーカーと共同で行いつつ、更なる臨床経験を積むため全国の病院を回り、多い時で一日11人年間900件にも及ぶ手術を手掛けていく。

  • ~鍵穴手術を確立するも、論文重視の日本医学会に疑問を持ち渡米~

  • ※48歳の時南カリフォルニア大学医療センターより脳神経外科教授のオファーを受け渡米。

  •  

    臨床実績が評価される土壌で、鍵穴手術を用いて多くの難手術を成功

  • 「神の手を持つ男」「ゴッドハンド」や海外では「侍ドクター」と呼ばれるようになる

  •  

    現在はデューク大学教授の傍ら、世界中を回り難易度の高い脳腫瘍手術、診察を行っている

  •  

    2006年10月には、東京クリニックが開院。同クリニックを日本での拠点の一つ

  • ※脳神経センターを開設

  •  

    森山記念病院に福島孝徳脳神経センター

  •  

    東京クリニックに福島孝徳 脳神経センター

  •  

    総合南東北病院に福島 脳神経センター

  •  

    新百合ヶ丘総合病院に福島 脳神経センターと福島 サイバーナイフセンター

  •  

    総合東京病院に福島 脳神経センター

  • ※千葉県の福島孝徳記念病院については塩田記念病院に名称変更

  • 詳しくはこちら↓