プラセンタで更年期障害をのりきる!

更年期障害をプラセンタで軽くすることはできるのでしょうか?プラセンタは美容だけのものじゃないの?どうやって摂取したら効果的?など、調べてみました。

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期とは、40代から50代の閉経前後のことを指し、更年期障害とは、女性ホルモンの減少により、体や自律神経に起こる様々な障害のことをいいます。この障害は軽度のものから重度まで、症状も人それぞれです。市販のサプリメントや漢方で十分な場合も、ホルモン充填療法を受けたほうがいいほどつらい症状の場合もあります。

  • プラセンタの効能

  • プラセンタとは胎盤のことです。胎盤は妊娠時に母体の中で作られるもので、胎児がお母さんのお腹のなかで育つ上では必要不可欠なものです。
    出典 :プラセンタの種類と特徴
  • 加齢とともにその働きが弱くなったり、失われてしまったりしている「成長因子」「栄養因子」を大量に含んでおり、それを体内に補給することで、体に刺激を与え、活性化するのではないかということです。
    出典 :3/3 アンチエイジング美容で大人気のプラセンタの実力は? [アンチエイジング] All About
     

    プラセンタはもともと体内に存在していますが、加齢とともに減少していきます。それを外から補うことによって効果が得られるのです。

  • 「美肌効果」だけではなく、「免疫力の強化」・「血流改善」・「抗炎症作用」も挙げられます。免疫力の強化「免疫力」とは、人間に備わっている「防御力」とも言い換えることができます。体の中に侵入してきたバイ菌やウイルスを体を守る・攻撃する・排除する「防御力」です。
    出典 :プラセンタの効果・効能について
  • プラセンタの具体的な効能として
    ・アレルギーの改善
    ・血行促進
    ・リュウマチ関節痛の緩和
    ・美肌効果
    ・母乳の分泌促進
    ・自律神経の調整
    ・体質改善
    ・疲労回復
    など、様々です。

  • プラセンタの種類

  • プラセンタには、サプリ、ドリンク、注射、そして、植物由来、動物由来のものがあります。
    それぞれに特徴があります。

  • 化粧品タイプのプラセンタだと塗ったところにしか影響を及ぼしませんが、ドリンクで摂取すると全身に栄養を循環させることができます。そう考えると、飲む化粧水のような感じですね。
    出典 :プラセンタドリンクの選び方
     

    食品と同じで開封した途端に劣化が始まります。飲みきれるタイプのものがいいでしょう。

  • サプリメントは即効性はありませんが継続することでその効果は実感できるものです。5年後、10年後も若々しく美しい姿でいたいというのであればサプリメントが第一選択肢になると思います。
    出典 :サプリメントとドリンク、おすすめはどっち!?-プラセンタ超入門
     

    続けやすいのが利点です。

  •  

    サプリでも価格は品質によって様々です。1000円あれば買えるものから何万もするものもあります。

  • 私の場合は、更年期の治療とゆう目的でプラセンタ注射をもう2年ほど受けています。(ホントは美容目的のほうが大きいかもです)週に1回、2種類の注射を今週は左腕、来週は右腕、と打ちます。
    加齢が緩やかになる効果があり、続ければ続けるほどやっていない人との差が開きます。
    更年期の生涯も、さほど辛いとは思いません。
    これはプラセンタと性格のおかげだと思っています。(性格は大雑把です)
    費用も、更年期障害の治療なので、保険適用で1回500円前後です。病院によっても違いますので、問い合わせしてください。

  • プラセンタ注射はこういった更年期障害による症状を克服する効き目を持っているのですね。更年期障害の要因はホルモンのバランスの乱れです。プラセンタには、ホルモンのバランスをメンテナンスする働きがあるため、更年期によって乱れがちなホルモンの分泌をメンテナンスしてくれるのです。
    出典 :更年期障害をプラセンタ注射で軽減する効果
  • メルスモン注射は、その安全性や効果についても50年以上の実績をもった症状改善薬として評価されているものです。メルスモンは年齢によって低下した卵巣の働きによる女性ホルモンの減少からくるホルモンバランスの異常に効果を発揮する改善薬です。
    出典 :更年期障害プラセンタ治療
  • 万能薬のようなプラセンタですが、注射の場合、注意事項があります。
    ヒト胎盤を使うので、熱処理や殺菌については万全を期していますが、万が一を考え、献血や輸血ができなくなります。(血液提供できなくなる)注射を打つなら、医師からはじめにお話があると思います。
    また、もともと肝臓機能が悪い人は注射によって症状があったする場合があるので、医師に相談しましょう。
    女性特有の病気、更年期を軽く済ませるために、自分にあった方法を見つけましょう。