女性の悩みの種【尿漏れ】

尿漏れに悩んでいる人は約3割はいるとされています
そんな尿漏れについてまとめてみました

view390

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性のトラブル

  • 年齢を重ねていくと、これまで感じたことのなかったような身体の不快な症状に悩まされることがあります。尿もれ(尿失禁)もその一つ。特に女性は、男性に比べて尿道の長さが5分の1ほどしかないため、尿トラブルで悩む方が少なくありません。女性にとってはデリケートな部分の病気のため、病院へ足を運ぶことをためらい、ひとりで悩んでしまう場合も。
    しかし多くの場合、骨盤を強化する体操や服薬などで改善することが可能です。不快な症状を改善させて、いきいきとした毎日を楽しみましょう。
    出典 :女性の尿トラブル(尿もれ・尿失禁):ドクター’s コラム|eo健康
  •  

    咳やくしゃみ、声を出して笑ったたとき、あるいは赤ちゃんを抱きかかえたり、重い荷物を持ち上げようとしたときに「あ、尿が漏れてしまった…」-あなたはそんな経験はありませんか?

    「まだ若いのに…ひょっとして、何かの病気なの?」と不安に思ったり、恥ずかしくて人に言えなかったり、生理用ナプキンがない外出できない…etc、と悩んでいる方も多いと思います。


  • なぜ尿もれするのでしょう? しかも女性に多いのはなぜ?

  • 人間は、膀胱に尿がたまると「おしっこがしたい」という信号が脳に伝わり、脳が「排尿」か「我慢(ためる)」かを判断します。尿もれ(尿失禁)は、何らかの理由でこれらがうまく機能せず、自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう状態です。
    くしゃみをしただけでもれる、前ぶれなく急に尿意を感じ我慢できずにもらしてしまうなどの症状があり、不安感から旅行やスポーツを楽しめなくなるケースもあります。
    出典 :女性の尿トラブル(尿もれ・尿失禁):ドクター’s コラム|eo健康
  •  

    女性の尿道は約3~4cmの長さで、男性に比べると短い上に、膀胱からまっすぐ下に伸びています。また、腹筋や骨盤底筋群※が、男性に比べるともともと強くありません。そのため、おなかに力が入ったはずみに尿もれしやすいのです。ですから、風邪でせき込んだり、花粉症で頻繁にくしゃみをしたり、思い切り笑ったときなどに、ちょっともれる程度なら、それほど心配する必要はないといえるでしょう。

  • 男性に比べて女性に尿漏れが多い理由は、簡潔にいうと、からだの構造や妊娠・出産が関係しています。したがって、高齢者だけでなく20代、30代の方が尿漏れを経験するのも決して珍しくはないのです。
    出典 :もう悩まない!女性の尿漏れの原因と対策
  • 腹圧性尿失禁

     

    咳やくしゃみをしたとき、重いものを持ったときなど、お腹に圧力がかかったときに少量の尿がもれる症状のこと。40歳以上の女性の約4割がこの病気を抱えていると言われています。というのも、男性の尿道は25cmあり、尿道をしめる役割を果たす前立腺もあるのに対し、女性は3~4cmと非常に短く前立腺もありません。

  • 切迫性尿失禁

    ふいに訪れる突然の強い尿意のためトイレまで我慢できずにもらしてしまう症状です。腹圧性尿失禁よりもれてしまう尿の量は多く、おもに高齢の方に多い病気です。
    排尿が正常に機能している場合は、膀胱に200~400mlの尿がたまると尿意を感じ、それを我慢するか排泄するかは脳が命令をだして、尿道の筋肉を締めたり緩めたりします。しかし切迫性尿失禁の場合では、脳と膀胱がうまく連携しなかったり、膀胱・子宮・尿道を支える骨盤底筋が弱まったりすることで、排尿のコントロールができなくなってしまうのです。
    また膀胱炎などの感染症によって切迫性尿失禁となる場合もあります。
    出典 :女性の尿トラブル(尿もれ・尿失禁):ドクター’s コラム|eo健康
  • 溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

    尿の流れが妨げられるなどの排尿障害によって、膀胱にたまった尿があふれ、少量ずつ漏れてしまう状態のこと。前立腺肥大により尿道が狭くなるといった排尿障害は男性が多いことから、溢流性尿失禁の患者の多くは男性となります。
    出典 :女性の尿トラブル(尿もれ・尿失禁):ドクター’s コラム|eo健康
  • 機能性尿失禁

    排尿の機能は正常ですが、脳卒中の後遺症などで身体が動かせなくなりトイレに間に合わなかったり、アルツハイマーなどの病気によって尿を出してよい場所かどうかの判断ができず、もらしてしまう症例です。
    出典 :女性の尿トラブル(尿もれ・尿失禁):ドクター’s コラム|eo健康

  • 尿もれしやすいヒトって?

  • ■年齢が40歳以上
    ■出産経験がある(特に、出産回数の多い方)
    ■難産の経験がある
    ■肥満気味
    ■せき・くしゃみがよく出る
    ■便秘しやすい
    ■膀胱炎になりやすい
    ■運動をする習慣がない
    ■筋力があまりない
    ■ストレスが多い
    ■ダイエットで極端にやせた
    出典 :花王 ロリエ 吸水フリーデイ 消臭プラス 尿もれQ&A 「尿もれしやすい人は?」
  • 日常で気をつけておくポイント

  • 便秘を予防しましょう

    女性に多い便秘ですが、便秘すると、膀胱が圧迫されて尿もれしやすくなります。便意が最も起きやすいのは朝食後なので、便秘気味の方は朝食をしっかりとって、朝食後に排便する習慣をつけたいもの。便意があったら我慢しないで、すぐトイレに行くことも大切です。

    出典 :花王 ロリエ 吸水フリーデイ 消臭プラス セルフケアで改善! 「毎日の尿もれ予防策」
  • 水分をこまめにとりましょう

     

    尿もれを心配して、水分を控える方がいらっしゃいますが、これは逆効果。水分が足りないと、尿が濃くなって膀胱を刺激し、トイレに行きたい感覚(尿意)が強くなるからです。便秘や膀胱炎などの原因にもなります。日中はこまめに水分をとるようにしましょう。身体を冷やさないように、ホットミルクやハーブティーなど、あたたかい飲み物がおすすめです

  • 対策グッズも準備

  • 対策グッズがあれば外出も安心です

    尿漏れパッド
    尿をしっかり吸収して匂いを閉じ込める構造と素材が使われています。生理用ナプキンで代用するのはNGです。

    ハルンケア(薬局で買える内服薬)
    大鵬薬品が開発した一般用医薬品で、生薬エキスが、軽い尿もれ、頻尿、残尿感などの症状をやわらげます。
    出典 :もう悩まない!女性の尿漏れの原因と対策
     

    若い女性用のものもあるようです

  • TVTをうける

  • この手術では、特殊なテープ(人体には無害)を体内に入れ、尿道の真ん中に緩く張ります。腹圧がかかり、多少ぼうこうが下がったとしても、このテープが作ってくれるくびれのおかげで尿がもれなくなる、という仕組みです。
    出典 :大誤解!尿もれの真実 : ためしてガッテン - NHK
  • 基本的に局所麻酔。
    およそ1センチの傷が3箇所程つきます。
    二泊三日程度の入院が必要。
    保険がききますが、それでも10万円程度の負担が必要です。
    全国およそ300の病院で手術を受けることができます
    出典 :大誤解!尿もれの真実 : ためしてガッテン - NHK