妊娠中の飲酒は危険なのか? 危険ならどうして危険なのか!?

妊娠中の飲酒は、専門家の間では危険であるという意見で一致しています。
でも、どうして危険なのでしょうか?
少しぐらい飲む程度なら、赤ちゃんには影響を与えないのでは、という疑問もあります。
具体的な説明なくして、危険だから飲むなと言われても納得いくものではありませんね。
なのできちんと説明します!

view47

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルコールの危険性

  • 妊婦さんがお酒を飲むと、母体の血液中とほぼ同じ濃度のアルコールが胎盤を通して赤ちゃんに送られてしまいます。つまり、赤ちゃんもお酒を飲んだ状態になってしまうということ。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    お酒は二十歳になってから、と国が法律で定めています。
    それは、アルコールが健全な成長に悪影響を及ぼすからです。
    それなのに、お腹の中にいるときからお酒をのんでいたら、当然ですが発育によい影響があるとは思えません。
    だいたい、実際に生まれた赤ちゃんにお酒を飲まそうとしたら、大勢の人が止めにかかると思います。
    何故って、赤ちゃんが急性アルコール中毒で死んでしまう可能性があるからですね。
    赤ちゃんよりもさらに脆弱な胎児にアルコールを与えるなんて、常識のある大人がやることではありません。
    これから、子供の親となる人間ならなおさらです。

  • お酒は未成年は飲んではいけません!

     

    お酒は未成年は飲んではいけません。
    妊婦もお酒を飲んではいけない、と注意書きにも書かれています。
    妊婦がお酒を飲んではいけない理由は、胎児も間接的に飲酒をしてしまうからです。
    胎児は唯一、へその緒を通じて母体から栄養を得ているのです。
    他から栄養を得る手段がありませんので、お母さんがお酒を飲んだら、当然のことですがアルコールは胎児へ送られてしまいます。
    赤ちゃんにお酒を飲ますなんて信じられません!

  • 飲酒による影響は特に妊娠初期に起こりやすく、ビールなら大びん2本、日本酒なら2合のお酒を毎日飲みつづけていると、脳の発育が遅れたり、体や知能に障害がある胎児性アルコール症候群の子が生まれる可能性があります。
    出典 :妊娠したら注意したいこと - gooベビー
     

    飲酒は妊娠初期にすごく悪影響があるようですね。
    妊娠がわかったら、すぐにお酒を飲むのはやめましょう。
    控えましょうじゃありません、やめましょうです。
    お酒好きの方には辛いことかもしれませんが、お酒は楽しく飲んでこそ美味しいものです。
    お腹の中の胎児のことを気にしながら飲んでも美味しくはありません。
    うまい酒を自分の子供と飲むために、妊娠が発覚したらお酒は我慢しましょう。

  • 妊娠中のアルコール被爆により、流産、死産、先天異常が生じる。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    被爆といいますと何となくすごいダメージを与える響きがありますね!
    流産や死産、先天異常が生じるとなると、気軽に飲めるものではありませんね。
    飲まなければ、胎児に悪影響を与える心配がありませんので、妊娠が発覚したらすぐにアルコールの摂取はやめましょう!

  • 1. 子宮内胎児発育遅延ならびに成長障害 

      2. 精神遅滞や多動症などの中枢神経障害

      3. 特異顔貌、小頭症など頭蓋顔面奇形 

      4. 心奇形、関節異常などの種々の奇形
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    これらが、先天性の異常ということですね。
    こんなに悪影響があるなんて、アルコールって本当に怖いですね。
    大人にならなければ飲んでは駄目だと国が止めるのもうなずけます。
    子供の将来を奪うのは、親である自分自身の楽しい未来を奪うのと同じことです。

  • 妊娠初期の器官形成期では特異顔貌や種々の奇形が生じ、妊娠中後期では胎児発育遅延や中枢神経障害が生ずる。したがって妊娠全期間を通じて影響がある。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    妊娠初期に飲酒は危険だからやめましょうと前述しましたが、妊娠中後期でもアルコールは胎児に悪影響を与えてしますようですね。
    つまり、妊娠が発覚したら禁酒です。
    健全な赤ちゃんを産むためには、少しの我慢をしなければいけません。
    長い人生です。
    赤ちゃんへの授乳が終わるまでの期間の禁酒なんて、たいして長い期間ではないじゃないですか。
    このような苦しみがあってこそ、親として子供を指導できるのです。
    いわゆる通過儀礼ですね!

  • 妊娠中の飲酒に関しては「安全量が確立されていない」すなわち「少ない量でも胎児に影響をおよぼす可能性がある」ので、厳しい態度で禁酒を勧めて頂きたい。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    どれほど飲んだら胎児に悪影響を与えるのか、現在の統計ではわかっていません。
    安全量が確立されていないのならば、飲まなければ安全なのです。
    簡単ですね!

  • 赤ちゃんがへその緒からしか、母親の摂取した栄養からしか、成長に必要な栄養を摂取することができません。
    そこに成長を阻害するアルコールなどが入ってきてしまいますと、当然のことながら悪影響を及ぼしてしまうのです。
    何リットルまでの飲酒なら、胎児に全く影響を与えないという正確な数字がわかっていませんので、飲まないにこしたことはありません。
    過敏になり過ぎるぐらいでちょうどいいと思います。

  • 赤ちゃんは生まれたら、お酒を解禁してもいいのか?

  • 母乳育児中にアルコールを摂取すると、母乳にもアルコール成分が入ってしまいます。
    出典 :母乳とアルコール
     

    どうやら、赤ちゃんが生まれた後もママさんはお酒が当分飲めないようですね。

  • 赤ちゃんは大人よりも胃が未発達なので、アルコールが少量でも処理できない可能性があります。
    出典 :母乳とアルコール
     

    赤ちゃんの胃は、大人が考える以上にデリケートです。
    少量でもお酒を飲んでしまったら、赤ちゃんには処理できない程のアルコールとして襲いかかります!

  • アルコールを飲んだら、先ずは約1~2日は母乳を赤ちゃんに与えることを控えましょう。
    出典 :母乳とアルコール
     

    もし飲んでしまったら、この期間は母乳を与えてはいけないようです。
    飲んだ後の母乳は出し切るようにして、新しい母乳が生成されるのを静かに待ちましょう。

  • ママさんがお酒を飲むと、お腹の中の赤ちゃんまで酔っぱらってしまいます

     

    ママさんが大人になるまで我慢して、ようやく飲めることになったお酒は、お腹の中の赤ちゃんには刺激が強すぎます。
    赤ちゃんが酔っぱらったら、大人よりもダイレクトに成長に悪影響がありますので、飲まないにこしたことはありません。
    さらに、授乳期においても、母乳はママさんの体内で生成されるものですからアルコールを摂取していますと、アルコール入りの母乳を飲ませることになってしまいます。
    なおで、アルコールは飲まないでおいて損なことはありません。