目の充血、その種類と原因、その対処法と予防

不快な目の充血、その種類と原因、対処法と予防法を調べてみました。

view1357

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 充血の原因

  • 目の炎症は、外部からの刺激や、病気によって引き起こされます。
    出典 :充血の原因|目の充血|目の症状セルフチェック|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 外部からの刺激による充血

     

    ●目にゴミなどが入った
    ●コンタクトレンズの調子がよくない
    ●屋外で長時間紫外線を浴びた
    ●目を強くこすった
    ●プールで泳いだ(消毒用塩素の刺激)

  • 病気による目の充血

     

    (充血がなかなか取れない場合は、目の病気が原因かもしれません。
    アレルギー性結膜炎(花粉症)や感染性結膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎といった病気では、炎症による充血を引き起こすことがあります。

  • 目の疲れによる充血

     

    目を酷使する環境にいる場合や、目の休息を十分にとっていないと、充血があらわれる場合があります。
    長時間パソコンなどのディスプレイを見続けている
    寝不足が続いている

  • 目の充血を引き起こす病気

  • 目が赤い?など眼の充血を伴う病気の原因として、病原菌に感染して起こる場合や、外傷性の場合、角膜異常、他の病気の合併症の場合です。
    出典 :眼が赤い?目の充血を伴う病気
  • 目の充血には、結膜の炎症(結膜炎)による「結膜充血」と、ぶどう膜炎や急性緑内障などの眼球の中の病気による「強膜充血(毛様充血)」があります。
    目が赤い、目の充血で痛みがある、目に不快感が続く場合は、すぐ眼科で診てもらいましょう。目の充血で痛みがない場合は、まずはゆっくり目を休めましょう。
    出典 :目の充血|目の充血の原因・種類 - 目の病気・症状チェック
  • 結膜充血

  • •結膜充血は、鮮やかな赤色で、白目(眼球結膜)は周辺部が特に赤くなり、まぶたの裏(眼瞼結膜)も充血します。
    •結膜充血の場合は、目やにや涙を伴います。
    •結膜充血の場合はそのまましていても治る場合もあります。
    出典 :目の充血|目の充血の原因・種類 - 目の病気・症状チェック
  • 強膜充血

  • ■強膜充血(毛様充血)|目の充血 •強膜充血は、紫がかった赤色で、白目は黒目(角膜)の周りが赤く、まぶたの裏まで充血しないのが特徴です。
    •強膜充血の場合は、涙は出ても目やには出ません。
    •強膜充血が見られたら、眼科で詳しい検査をして原因を調べる必要があります。
    •疲れ目が原因による充血が多いので、その場合は目薬などで無理に充血をとらずに目を休めることが効果的です。
    出典 :目の充血|目の充血の原因・種類 - 目の病気・症状チェック
  • 目の充血の対処法

  • 目の充血の原因は、あくまでも原因の例として挙げたにすぎません。症状の現れ方は、個人差があります。目の充血が長く続き、一時的な目の充血でない場合は、病院で一度診てもらいましょう。
    出典 :目の充血|目の充血の原因・種類 - 目の病気・症状チェック
  • 目の充血の治療と予防法

  • 花粉やゴミなどの異物が目に入って充血したときは、冷水で冷やしたタオルなどを目にあて、冷却するとよいでしょう。冷たい刺激によって拡張した血管を収縮させ、充血を改善する効果があります。目を冷やすことは疲れ目の解消にも効果的です。
    洗眼薬で花粉やゴミなどの異物を洗い流すことも、症状を早く改善させるために有効です。ただし、これらのケアを行っても症状が改善されない場合は眼科医の診察を受けてください。
    毛様充血の原因となるブドウ膜炎にかかると、充血とともに痛みや光に敏感になってまぶしく感じる、涙がたくさん出るなどの症状が起こります。ブドウ膜炎は目のキズから病原菌が入って起こるものや感染症が原因で起こる場合などがあり、原因ごとに適切な治療が必要です。
    出典 :目の病気 | 目が充血したときのケアは? : 症状・健康 - セルフドクターネット
  • 目の充血の対処法と予防

     

    •定期的に目を休める。
    •遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。
    •蒸しタオルで目のまわりを暖め血行をよくする。
    •目の周囲をマッサージする。
    ・睡眠をとるなど、目を休める。
    •血流をよくするよう食事に気をつけ、健康補助食品(カシス・ブルーベリー)などを利用する。
    目薬で、簡単に充血を解消することができますが、身体の防御反応として目の充血が起こっている場合、むやみに充血を取り除くことは逆効果かもしれません。