様々な病気で起こる!【脱水】夏場は水分補給をしっかりしましょう

色々な原因でおきる脱水は
様々な病気の症状が出るのです
まとめてみました

view278

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脱水というのは

  • 脱水とは、体から排出される水分量が増えたり、摂取する水分量の不足によって体内の水分が減り、正常値(成人では体重の約60%、小児では体重の約80%)以下に減少した状態を指す。
    出典 :joho-kyoto.or.jp
  • 太陽光や外気温の上昇によって体温が上がると、体温をコントロールするために汗をかきます。それによって体内水分・ナトリウム・カリウムが大量に失われ、体温コントロールが出来なくなり、脱水を起こします。
    出典 :熱中症・脱水症の予防のために知っておきたいこと | WATASHI Life | エーザイの一般生活者向けサイト
     

    夏の時期は要注意です!

  • 症状は?

  • 症状としてのどの渇き・唇の乾燥・口の乾燥などがありますが重症になると血圧が低くなったり、脈が弱くなったり、呼吸が早なりますが症状は個人によってさまざまです。
    症状が出る前に予防することがとても大切ですので、排尿の頻度が減っていないか?尿の色は濃くないか?観察し、小まめに水分をとりましょう
    出典 :熱中症・脱水症の予防のために知っておきたいこと | WATASHI Life | エーザイの一般生活者向けサイト
  • ・咽喉が渇く
    ・おしっこの量が減った
    ・便秘が多くなる
    ・イライラしたり興奮気味になる
    ・肌が乾燥している
    出典 :【脱水症状マニュアル】原因や症状や治療について
     

    軽度はこちらです

  • http://dassui-syoujou.com/joutai.shtml(一部引用)

     

    ・全身倦怠感
    ・立ちくらみをしたり意識が朦朧とする
    ・唇や肌はカサカサに乾燥している
    ・目が落ちくぼんでいる
    ・強い頭痛を感じる
    ・食欲が湧かない
    ・悪心や嘔吐が見られる

  • こんな人は要注意!

  • 高齢者は元々持っている体内水分量が少なく、のどの渇きを感じにくいので脱水を起こしやすくなります。一方、子供は体内水分量は多いのですが、体温コントロールが未熟な事によりうまく熱を発散できずに脱水を起こします。どちらも小まめに水分をとることが重要です。
    なお、汗をかきたくないからと水分補給を後回しにすると、脱水のリスクが上がり危険です。汗をかく事は体温調節する上でとても重要です。命に関わることもありますので水分はしっかりと補給しましょう。
    出典 :熱中症・脱水症の予防のために知っておきたいこと | WATASHI Life | エーザイの一般生活者向けサイト
  • こんな病気の時は注意

  • ・ 水分の摂取不足:意識障害、強度の衰弱、神経系の障害、渇中枢の感受性が低下している高齢者に多い
    ・ 発汗・不感蒸泄の増加:発熱、高温下に長時間さらされると発汗や不感蒸泄が増加
    ・ 消化液の喪失:大量の嘔吐、下痢により消化液中の電解質が失われる
    ・ 腎疾患:腎不全、尿崩症、アジソン病など
    出典 :joho-kyoto.or.jp
     

    こんな病気から脱水が起きます

  • 予防しておこう

  • [外的な予防]
    □暑さを避ける服装になる
    □風通しを良くする
    □無理な節電をしない
    □気温、湿度を下げる
    □「暑さ指数」を用いた指針を守る
    出典 :働く人の脱水対策 | 熱中症、脱水症の情報なら かくれ脱水JOURNAL
  • [内的な予防]
    □無理なダイエットなどで食事や飲み物を制限しない
    □十分な水分と電解質を補給する
    □睡眠をしっかり取って休息する
    □適度な運動で筋力を保ち、汗がかける体質になる*
    出典 :働く人の脱水対策 | 熱中症、脱水症の情報なら かくれ脱水JOURNAL
  • とにかく喉が渇いていなくても積極的に水分をとることが一番重要です。ミネラルウォーターや麦茶などを小まめにとりましょう。
    ミネラルの補給には海水から作られた自然な塩がお勧めです。海水のミネラルバランスと人体のミネラルバランスは似ていますので、小さな容器に塩を入れ、持ち歩くとよいでしょう。
    出典 :熱中症・脱水症の予防のために知っておきたいこと | WATASHI Life | エーザイの一般生活者向けサイト
  • http://www.eisai.jp/watashi-life/201209/family/05.html(一部引用)

     

    <おすすめ>
    バナナ、スイカ、桃、メロン、りんご、マンゴー、グレープフルーツなど果物や野菜は水分が多いので積極的に取り入れる <避けたほうがよいもの>
    カフェイン(コーヒーなど)、アルコールなどは排尿を誘発し、脱水を起こしやすくなるので気をつける