もはや当たり前!?「妊娠初期のイライラ」とは!

妊娠初期のイライラは当たり前だそうなのです!何故起きるのでしょうか!

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期は

  • 妊娠がわかってすぐは、パパや周囲の目に見えない部分の変化が多くて、あまり症状が伝わりにくいようです。ママがつわりで苦しんでいても、周囲に理解してもらえないことがあります。特に妊娠初期は、お腹が大きくないので「今まで通りに活発に動けるはずだ」と勘違いされやすい時期です。
    出典 :パパに教えたい妊娠初期の変化
     

    中々理解してもらうのに時間を要してしまうのです。

  • 妊娠初期の変化を、パパが理解してくれることはママにとって大きな力添えになります。逆に理解してもらえなかったり、わかりあえない時は深く傷つくこともあります。
    出典 :パパに教えたい妊娠初期の変化
     

    この変化のなかでもイライラについては良く知っておきましょう。

  • 妊娠初期のイライラは

  • つわりで

     

    気分が悪くなっていっそうイライラしてしまいますよね。わけもなく悲しくなったり、腹が立ったり。そんな事ですれ違い、挙句の果てに軽度な鬱状態になる事もしばしばあるのです。

  • イライラというものは

  • 時には疲れやストレスで1人になりたがることもあります。逆に1人になると感傷的になって、いつもより寂しい気分になることもあります。イライラは、赤ちゃんが成長する時にママに現れる副作用のようなものです。普段の性格や態度とは全く関係なく、妊娠初期症状の1つと考えてください。
    出典 :パパに教えたい妊娠初期の変化
     

    このようにしっかり理解してあげなければいけませんね。

  • 初産の妊婦さんは、イライラと同時に母親になることへの不安や自信のなさも感じます。これは妊娠・出産を通してママ自身が成長するチャンスなので、話を聞いたり共感したり、見守ってもらえると心強いです。
    出典 :パパに教えたい妊娠初期の変化
  • イライラはあって当然

  • それまで気にもしていなかったことにイライラしたり、些細なことで怒ったり、ふとしたことで悲しくなったり、妊娠の経験がある人なら誰でもあることです。妊娠は、女性の体を大きく変化させます。精神状態にも、大きな変化があって、当然です。
    出典 :妊娠初期のイライラは当たり前|妊娠中に奇形児出産のリスクを減らす方法とは?
  • イライラや、怒りっぽくなったり、悲しくなってメソメソしたり、全てがマイナス要因のようにとられてしまうことが、更に落ち込みに拍車をかけてしまいますよね。分かってもらえないことに落ち込み、イライラしてしまう自分に落ち込み、言われた言葉やされた態度に敏感になり・・・・。自分でコントロールできないのも、当然なのです。
    出典 :妊娠初期のイライラは当たり前|妊娠中に奇形児出産のリスクを減らす方法とは?
  • イライラは辛いかもしれません。できるだけ、パートナーなどの身近な人には理解してもらえるように、お話ししてみましょう。「ホルモンバランスが急激に変化してイライラしちゃうみたいなの、ごめんね」と伝えることで、状況が少し変わるかもしれませんよ。
    出典 :妊娠初期のイライラは当たり前|妊娠中に奇形児出産のリスクを減らす方法とは?
     

    しっかり向き合いましょう!