【急なめまいから疑われる病気】めまいが起こる原因や対処法まとめ

急なめまいに悩まされていませんか?急なめまいから疑われる病気やその対処法についてご紹介します。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • めまいにも種類がある

  • 大きくわけて、平衡感覚の障害によるめまい、急激に起こる「回転性のめまい」、慢性的におこりやすい「非回転性のめまい」に区別することができます。
    出典 :特集2/「めまい」を感じたら/原因はさまざま、早めに受診を
  • 大きく分けて3種類

     

    一口に「めまい」と言っても3種類に分けられています。

  • 1、回転性めまい

  • 急に発症し、自分がグルグル回っているように感じたり、周囲がグルグル回っているように感じたり、物が左右や上下に流れて行くように感じたりします。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    吐き気や嘔吐を伴ったり音が聞き取りにくくなったり、耳鳴りがする事もあります。

  • 2、浮動性めまい

  • 急に現れる場合と、徐々に現れる場合があります。フワフワ揺れる感じがしたり、体が宙に浮いてフワーっとした感じがあり、まっすぐに歩けなかったりします。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    頭痛を伴ったり、顔面や手足のしびれ、運動まひなどの神経に関係する症状を伴う事もあります。

  • 3、立ちくらみ(眼前暗黒感)のようなめまい

  • 立ち上がった瞬間にクラクラッとしたり、長く立っていて目の前が暗くなる感じがします。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    時に失神を伴い、倒れこんでしまう事もあります。

  • 急なめまいから疑われる病気

  • ◆良性発作性頭位めまい症

  • 寝返りをうったり、朝起きあがろうとする時、首を前や後ろに傾けた時など、ある方向へ頭の位置を変えた時にめまいが起こります。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    めまいは数十秒間以内に消失しますが、時に吐き気や嘔吐を伴う特徴があります。

  • ◆メニエール病

  • めまいを起こした時に難聴や耳鳴り、耳がつまった感じなどの症状を伴い、めまいが消える頃にはそれらの症状も軽快、消失します。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    めまいの頻度は週に数回から年に数回まで個人差が大きいようです。

  • ◆突発性難聴

  • 発作と同時に激しいめまいやふらつきを伴う事があります。多くはめまいの症状がおさまっても難聴が残ります。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    難聴は片耳だけに起こるのが特徴です。

  • ◆前庭神経炎

  • 突然の激しいめまい発作で発症します。多くは発症前に風邪にかかっているのが大きな特徴です。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    激しいめまいが数日続き、後に軽度のめまいが続くようになります。

  • ◆慢性中耳炎によるめまい

  • 慢性化膿性中耳炎や真珠腫中耳炎が内耳にまで及び、「内耳炎」を併発した場合、めまいを起こします。
    出典 :めまいの原因と対処法
  • ◆聴神経腫瘍

  • 左右どちらかの耳鳴りや難聴が徐々に悪化して、めまいの症状を起こす事があります。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    頭痛や顔面神経麻痺を伴うこともあります。

  • ◆脳循環障害

  • 脳の血流が不足すると、小脳や脳幹の機能が悪くなり、めまいを引き起こす事があります。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    舌がもつれたり、物が二重に見える、手足がしびれるなどの症状を伴う事があります。

  • ◆心因性のめまい

  • 最近、若い人に増えているめまいで、内耳や脳には異常がないにもかかわらず、全身に力が入らずふわふわしたり、座っている時に揺れているような感じがするといった症状が特徴です。
    出典 :めまいの原因と対処法
     

    ストレスや緊張、不安、うつ状態などが原因として考えられ、めまいの他、動悸や息切れ、異常な発汗を伴うこともあります。

  • これらの症状を伴うめまいは一刻も早く病院へ!

     

    ・意識障害(意識がない)
    ・目が一方に寄って動かない
    ・ろれつが回らない
    ・歩行時によろける
    ・食べ物を飲み込めない
    ・感覚障害(触ってもわからない)
    ・物が二重に見える
    ・激しい頭痛

  • 急なめまいの対処法

  • 激しいめまいでも、姿勢によってめまいの程度が変わることがあるので、自分の一番楽な姿勢で安静にします。
    出典 :医療法人犬童会 犬童耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科,気管食道科
  • 光が脳を刺激して、めまいの症状を悪化させることがあります。日陰や暗室で目を閉じて安静にしましょう。
    出典 :医療法人犬童会 犬童耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科,気管食道科
  • 無理に歩こうとせず、その場でしゃがむ。慌てて動くと、つまずいて転んだり、物にぶつかって思いがけない事故やケガにつながることもあります。
    出典 :医療法人犬童会 犬童耳鼻咽喉科 耳鼻咽喉科,気管食道科
  • まずは安静第一で

     

    急なめまいに襲われたら、まず第一に安静にしましょう。出来るだけ光や動く物を見ず、めまいが落ち着くのを待ちます。実際に命にかかわるようなめまいはごくわずかのようです。
    しかし、中には一刻を争うような危険なめまいもあります。めまい以外の症状を伴う場合は速やかに病院を受診しましょう。