尿検査って何がわかるの?妊娠したかな?

尿検査で妊娠したかがわかる時もありますが
その他には何がわかるのでしょうか☆

view811

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿検査

  • 妊娠したかもしれないと病院を訪れた際、最初に受けるのがこの「尿検査」。妊娠すると尿の中に絨毛性ゴナドトロピンという胎盤のもとになるホルモンが混ざります。尿検査では、このホルモンが含まれているかを検査し、妊娠を判定します。市販で売られている妊娠検査薬も同様に、このホルモンの陽性反応を調べています。
    出典 :尿検査 [チビタスキーワード] All About
  • また、定期健診ではたんぱくや糖が尿に出ていないかを毎回検査し、糖の出具合などで、妊娠高血圧症などにかかっていないかを調べていきます。ただし、前日や朝食に甘いものを食べ過ぎると尿に糖が出やすいので注意しましょう。
    出典 :尿検査 [チビタスキーワード] All About
  • 尿では・・・

  • 尿は腎臓で生成され、尿管・膀胱・尿道を経て排泄される。これらを一括して泌尿器と呼んでいるが、特に尿管・膀胱・尿道を尿路と呼んでいる。腎臓には循環血液の約20%が流れている。腎臓の糸球体では1日に150~180リットルの血液がろ過され、これが原尿となる。
    出典 :����
  • 尿検査には、尿量、尿比重、尿ph、尿蛋白、尿糖、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲン、尿沈査などがある。 その他の検査項目 ①尿細菌検査→尿培養 ②尿細胞診検査→病理学的検査
    出典 :����
     

    検査項目は色々あります

  • 尿の仕組み

  •  

    おしっこを作っているのは、腎臓です!
    ウエスト位置の背骨の左右にあって
    ソラマメのような形をしています
    縦12cm、横6cm、厚み3cmくらいの大きさらしいです
    ここで、おしっこが作られています
    正確にいうと腎臓の中の糸球体と呼ばれる場所で
    血液の老廃物をろ過してきれいにしているそうなのです☆

  • じつはこのとき、不要な老廃物だけでなく、からだに必要なものも、こし出しているのですが、でも尿細管を通って腎盂という場所に行く間に、必要なものはふたたび血液の中に取り込みます。つまり、ここで再吸収されなかった、本当にからだに必要のないものが、おしっこなのです。
    出典 :妊婦の尿検査の目的|プレママタウン
  • 妊婦さんが気にしたい項目

  • エストリオール:尿中のエストリオール(エストロゲンの1種)の量は、妊娠週数によって違いますが、たくさん出ているということは胎児や胎盤の機能がうまくいっているということ。逆に少ないと、胎児や胎盤機能のバランスがよくないというサイン。また、流産でも少なくなります。
    出典 :妊婦の尿検査の目的|プレママタウン
     

    これは良いですね

  • hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン):絨毛が出すhCGホルモンです。妊娠判定もこのホルモンで判定できますが、異常に多いと子宮の中に絨毛が異常増殖している、胞状奇胎などが考えられます。精密検査をして、調べます。
    出典 :妊婦の尿検査の目的|プレママタウン
     

    医学の進歩を感じます

  • 潜血・白血球:尿の中に血や白血球があると、膀胱炎などの疑いがあります。その他の腎臓の病気、尿路結石なども、尿にさまざまなシグナルが現れるので、さらに詳しい検査を行って診断します。
    出典 :妊婦の尿検査の目的|プレママタウン
  • 中間尿を知ろう

  • 尿検査でおしっこをとるときは、よく「中間尿」で、といわれます。おしっこの出始めと最後の方に出た尿ではなく、その間の尿が中間尿。 水道水を飲み水として使うときも、最初少し出してから使いますよね? それと同じ。出始めは尿道近くの雑菌やたんぱく質などが混ざることがあるのです。
    出典 :妊婦の尿検査の目的|プレママタウン
     

    最後の尿も不向きだそうです!

  •  

    尿検査は午前中に行うのが理想のようですね
    夜寝ている間に作られた尿の方が正確に診断できます
    また、検査前に水をガブ飲みしておしっこを薄めよう!
    は絶対だめですよ?
    ふつうの状態で検査しなければ
    正確な結果は出ません!!!!
    検査をやり直すことにもなります