生理不順でも妊娠できる!。生理不順を治せば、妊娠の可能性はもっと高くなる!!。。

ストレスの多い現代社会で、生理不順の人は意外と多いものです。生理不順だからといって、妊娠ができないわけではなく、排卵があれば妊娠は可能です。ただし、生理不順を治せば、妊娠の可能性が高くなるのも事実。日々の生活のためにも、妊娠に備えるためにも、ホルモンバランスを整えて、生理不順を治しましょう。

view55

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理不順でも、妊娠できます。

  • 生理不順は無月経と違いますので、妊娠の可能性は生理が正常な周期で来ている人に比べるとどうしても妊娠の可能性は減ってしまいますが、妊娠は可能なんです。
    出典 :生理不順でも妊娠できるの?|妊娠しやすい身体の作り方 7つのポイント!
  • 生理周期が長い
    60日以上の生理周期の場合、排卵誘発剤を使用した方が良いと言われていますが、60日以内の周期であれば、基礎体温表をつけながら排卵日を特定して、自然妊娠を目指していきましょう。
    出典 :生理不順でも妊娠できるの?|妊娠しやすい身体の作り方 7つのポイント!
  •  

    妊娠を考えている人はもちろんのこと、自分の体の調子を知るためにも、女性は基礎体温表をつけることが望ましいでしょう。

  • 生理周期が短い
    生理が逆に頻繁に来てしまう事もありますが、ホルモンバランスの乱れによるものが多かったりします。排卵してから成熟期間がありますが、生理周期が短い場合排卵されていないケースもあります。卵巣のう腫など病的な事もありますので、生理周期の短い場合病院での受診や検査が必要と言われています。
    出典 :生理不順でも妊娠できるの?|妊娠しやすい身体の作り方 7つのポイント!
     

    生理が頻繁に来るからと言って、排卵の回数が多いというわけではありません。

  • 生理不順はどうして起こるの?。

  • 生理不順になってしまうのは人それぞれ原因が違うものですが、どんな原因だったとしても、ホルモンバランスが崩れてしまうことが生理不順を引き起こします。
    出典 :生理不順対策
  • 例えば、冷え性、不規則な生活、無理なダイエット、いい加減な食生活など、この中のどれかひとつでも当てはまっていればホルモンバランスがいつ乱れてもおかしくない状態です。
    出典 :生理不順対策
  •  

    不規則な生活は、ホルモンバランスを崩してしまう原因になります。

  • 生理不順に大きく関係しているのが排卵障害です。排卵障害とはホルモンがうまく出ていなかったり卵巣に病気があってうまく排卵できない状態のことを言います。うまく排卵できない原因として、ストレスや過度なダイエット、脳の視床下部や下垂体の異常、POCSや早発閉経などの卵巣病気などがあります。
    出典 :生理不順と妊娠
  • 生理というのは精神的なことにも関係していて、疲れていたり、ストレスが溜まっている場合には、まったく来なくなることもあります。こういう場合の生理不順というのは、直接妊娠には関係ないと思うかもしれませんが、ストレスなどは女性のホルモン分泌異常の原因になったりします。
    出典 :生理不順の人は妊娠しにくい?
  • 生理不順を治して、妊娠の可能性を高くしよう!。

  • ホルモンの分泌をコントロールしているのは、大脳皮質の間にある視床下部という部分です。
    出典 :生理不順対策
  • 視床下部を休ませるには、アロマテラピーが効果的です。精神をリラックスさせる効果がある、ラベンダーやベルガモット、イランイランなどの香りをお部屋に焚いたり、お風呂に入る時にアロマオイルを数滴入れてみましょう。精神が落ち着けば、視床下部と自然とリラックスしてきます。
    出典 :生理不順対策
  •  

    アロマテラピーは、リラックス効果がありますから、ストレスを解消するためにはいいですね。

  • 運動不足だったり、体にコリなどが溜まっているようでしたら、ストレッチをしてみてください、筋肉が固まっていると、神経も常に張り詰めていて視床下部も疲労します。筋肉が緩まるストレッチで体をほぐせば、神経も緩んで、結果視床下部も正常な状態に戻るでしょう。
    出典 :生理不順対策
  • また、一番簡単に出来て、生活のリズムを整えやすいのは、質のよい睡眠をしっかりと取ることです。特に、午後10時から2時までの間は、体内環境を整えたり、新陳代謝を活発にして細胞を入れ替えたりする時間です。この時間帯は、出来るだけ寝るようにすれば、生活リズムが整い、生理不順を解消出来ます。
    出典 :生理不順対策
     

    しっかりと睡眠を摂ることは、ホルモンバランスを整えるだけでなく、体調を整え、精神的な安定ももたらしてくれます。

  • 婦人科を受診して、生理不順を治そう。

  • 排卵障害を改善すれは妊娠できる可能性も高まります。排卵障害を治療するには、排卵誘発剤で排卵を促す治療法が選択されます。排卵誘発剤には、飲み薬であるクロミッドが用いられるのが一般的です。クロミッドはクロミフェン製剤でフェミロン・オリフェン・セロフェンも同じ薬です。
    出典 :生理不順と妊娠
  •  

    クロミッド。市販もされていますが、婦人科を受診してから服用した方がいいでしょう。

  • ■卵子も老化する
    妊娠する上で重要な役割を持っている卵子ですが、33歳頃から質の低下が始まり35歳を過ぎると急激に低下していきます。卵子の老化は止めることができないので、早めに治療を開始することが大切です。
    出典 :生理不順と妊娠
     

    卵子が老化すると、妊娠の可能性も低くなります。妊娠を考えているのであれば、特に早めに治療を始めたほうが良いようです。

  • 妊娠するために大切なのは、生理不順をそのまま放っておかないということです。
    出典 :生理不順の人は妊娠しにくい?
     

    今すぐに妊娠を考えているわけではないから・・・と、放っておかないで。ホルモンバランスを整えておくことは、日々を健康に過ごすためにも、とても大切なことなのです。