不育治療の費用ってどれくらい?

不育治療には長期にわたる通院が不可欠です。
不育治療の費用はどれくらいになるのかは心配ですよね。
目安はどの程度になるのかまとめてみました。

view369

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不育症とは

  • 不育症とは、妊娠することができるのに胎児が育たず、流産や早産、新生児死亡を繰り返して、結果的に子供を持てないことを呼びます。
    新生児死亡:出生1後週間以内死亡してしまうことです。
    出典 :不育症 原因、検査、治療
     

    不育症とは妊娠はするけど胎児が育たずに流産を繰り返してしまう症状をさします

  • 不育症患者は全国に140万人

    不育症患者は全国に140万人と言われています。
    しかし、一般の認知度は低く、医師すらも流産を「よくあることだから」で済ませてしまうケースもあるようです。
    出典 :不育症 原因、検査、治療
     

    決して少ない数ではないですが、認知度は低いという現状のようですね

  • 増える負担

  • 一般的な出産の費用は平均60万です。
    ところが、不育症の方の出産の場合、検査費や治療費がかさみ、合計の費用が120万ほどになってしまいます。
    しかも、ほとんど自己負担となります。保険適用や助成を望む声が多くあがっています。
    出典 :不育症 原因、検査、治療
     

    通常の出産費用の倍かかってしまうのですね。

  • 少子化が進むなか、国の対応が待たれます。
    そんななか、厚生労働省は「平成24年度より、自治体が相談員を配置する場合、国が費用の半分を補助する」と発表しました。
    今後、不育症対策を進める自治体も増えてくるでしょう。
    出典 :不育症 原因、検査、治療
  • 治療やカウンセリングで80%は次の出産に成功する

  • 不育症は原因が分かれば、治療でよくなる病気です。また、原因が分からなくても心のケアをすることで、良くなるケースも多いです。治療やカウンセリングによって、次の出産の成功率は80%といわれています。 一人で悩まず、諦めずに専門医に相談しましょう。
    出典 :不育症 原因、検査、治療
     

    適切な治療を受ければ無事出産できる可能性はとても高いのですね

  • 不育治療の費用はどのくらいかかりますか。また、その費用は保険適用になりますか?

  • 不育症の一般的な検査や治療は、ほとんどが保険適用されています。ただし、有効性、安全性等が十分に確認されていない研究段階の検査や治療については保険適用されていません。治療にかかる費用は不育症の原因により異なりますので、医療機関にご確認ください。
    出典 :不育症を知ろう:不育症Q&A | あしたのママへ
     

    必ずしも保険適用されるわけではないのですね

  • 不育症の検査費用

  • 何度妊娠しても出産につながらずに流産してしまうのであれば、不育症の可能性があります。不育症は検査を受けることで判断することができますが、ある程度の検査費用を要します。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など

  • 不育症の検査は、保険が適用されるものと適用されないものとに分かれています。保険が適用される不育症の検査は、妊娠時に不足すると流産の原因となる黄体ホルモンや甲状腺ホルモンを調べる内分泌検査です。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など
  • 内分泌検査は2種類に分かれており、TSH、FT-4、PRL、空腹時血糖を調べる検査費用は、5,000円前後です。E2とPを調べる内分泌の検査費用は1,500円前後となっています。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など
  • 血液が凝固することによって起きる不育症を調べる抗リン脂質抗体の検査費用は、保険が適用されるLACと抗カルジオリピンのGPI、抗核抗体は2,000円前後となっています。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など
  • 保険が適用されない抗リン脂質抗体検査である抗PhエタノールアミンlgMとlgGは10,000円前後、抗カルジオリピンと抗Phイノシトール、抗PhセリンのそれぞれのlgMとlgGは40,000円前後の検査費用が掛かります。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など
  • 夫と妻のどちらかが染色体異常があると不育症になることから、夫婦2人揃って染色体検査を受けることがあります。染色体検査も保険がきかず自費であるため、2人で16,000円前後の検査費用となります。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など
  • 不育症の検査費用はほとんどが保険が適用されないため、まず保険がきく検査から始めて、より詳しい原因を探るために保険適応外の検査をピックアップして受けてください。すべて合わせると4~6万円くらいを検査費用として、予算の目安をつけておきましょう。
    出典 :不育症の検査費用 | 不育症治療ブログ、原因や検査費用など