認知症ってどんな症状??介護はどうなる??気になるまとめ!!

家族や両親が認知症になってしまった!!という時に困らない認知症の症状や介護のことなど気になるまとめを作ってみました!!

view591

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 認知症ってどんな病気なの???

  •  アルツハイマー病は、脳を構成している神経細胞が通常の老化よりも急速に、いわば病的に減ってしまうこと(変性)によって、正常な働きを徐々に失っていき、認知症(痴呆)になっていく病気です。原因はまだわかっていませんが、遺伝的な要因に加えて生活環境の影響が重なり、発病すると考えられています。40歳頃から90歳に至るまで広い範囲で発病しますが、65歳以上で多くなります。男女比は1対2で女性に多い傾向があります。認知症の患者さんは65歳以上で5%程度とされていますが、このうち40%がアルツハイマー病、30%が脳血管性(脳梗塞や脳出血による)の認知症といわれており、近年徐々にアルツハイマー病の割合が増加しています。神経が変性してしまう病気の中では一番数が多いものでもあります。アルツハイマー病は実は身近な病気であり、高齢社会においてはますます重要な病気だといえます。
    出典 :アルツハイマー病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    最初は物忘れ程度から始まる!!
    老化で起こる場合もある!!

  • ばあちゃんの世界① 認知症

     

    認知症とはこんな病気です!!

  • どんな症状が起こるの??

  •  最初に現れる症状は、人や物の名前がなかなか出てこないというもの忘れです。また何度も同じことを聞く、同じことをいう、大切なもの、例えば財布などをなくす、しまった場所を忘れる、約束をすっぽかす、蛇口を閉め忘れる、トイレの水を流し忘れるなども、もの忘れを伺わせるものです。
    出典 :アルツハイマー病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 物忘れから始まる

     

    最初は本人も家族も気のせいと思いがち

  • 加齢による物忘れとは症状が違う!!

  • 例えばどこかに財布を置き忘れたとします。加齢によるもの忘れでは、どこに置いたかはとっさには思い出せなくとも、「忘れた」ことはわかっています。アルツハイマー病では、財布を忘れた、という事実も忘れてしまうのです。つまり、経験した内容だけでなく、経験したこと自体も忘れてしまいます。さらにそのもの忘れによって、普段の生活に不都合を生じてきます。
    出典 :アルツハイマー病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    おかしいなと思ったら早目の受診を!!

  • 生活におかしなことが生じてくる!!

  • 認知症の治療は??

  • 治療はうけるべき!!

  • 薬のよる薬物治療

  • アルツハイマー型認知症の薬物治療には、認知機能を増強して、中核症状を少しでも改善し病気の進行を遅らせる治療と、行動・心理症状(BPSD)を抑える治療があります。薬の効果と副作用を定期的にチェックしながら、症状に合わせて使っていくので、治療中に気になる変化があれば医師に相談することで、より良い治療につながります。
    出典 :認知症の治療| いっしょがいいね.com | 第一三共株式会社
     

    合う薬がみつかれば進行を遅らせることができます!!

  • 薬以外の治療方法

  • 認知症と診断されても、本人にできることはたくさん残っているので、家庭内で本人の役割や出番を作って、前向きに日常生活を送ることが大切です。
    アルツハイマー型認知症の治療には、書き取りやドリルなどの認知リハビリテーションのみならず、昔の出来事を思い出すこと、家族以外の人たちと交流すること、音楽、絵画、陶芸などを楽しむこと、囲碁、将棋、麻雀などを楽しむこと、ウオーキングなど軽い運動を続けること、ペットを飼うことなども脳の活性化につながります。
    また、家族や周囲の人の対応の仕方によって、行動・心理症状(BPSD)が改善することも多くみられます。
    出典 :認知症の治療| いっしょがいいね.com | 第一三共株式会社
     

    家族やリハビリの力を借りて治療をしていくことも大切です!!

  • 介護するには??

  • 試してガッテン 介護の新技

     

    介護を楽にしよう!!