つら~いダイエットの停滞期を乗り切る方法

ダイエットを頑張っていると大抵やってくる停滞期。折角の努力を諦めてしまわないために、乗り切り方をご紹介いたします。

view493

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    ダイエットは変わらずやっているのに、何故か体重が落ちない……。そんな停滞期に悩まされている方も多いのでは?

  • 停滞期って何?

  • 停滞期とは、ダイエットを続けていると突然やってくる「体重が落ちにくくなる」時期のことです。運動系のダイエットでも食事制限系のダイエットでも変わりなくやってくるものなので、ダイエットしたことのある方なら経験があるのではないでしょうか。

  • どうして起きるの?

  • 人間が持っている「ホメオスタシス機能」が原因だというのが定説です。

  • 「ホメオスタシス機能」とは、人間が生きるために重要な体温や血糖値の調節などを、外部環境が変わっても常に正常に保つための働きのことを言います。「ホメオスタシス機能」が働くことにより、食事からのエネルギー吸収率が高まり、また基礎代謝量や運動時の消費エネルギーも低く抑えられ、それ以上の体重減少を防ぎ生命を守ることが可能になります。つまり、ダイエット中の「停滞期」は、この「ホメオスタシス機能」が非常時と同様の働きを発揮することで表れる現象なのです。
    出典 :ダイエット中の「停滞期」はなぜ起きるの? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    簡単に言うと
    ダイエットを始めて体重が減る

    「最近急に体重が落ちた、これは次にいつ食べられるか分からないぞ!」

    「栄養の吸収率アップしよう。それに体重を減らさないように省エネモードだ!」
    という機能のことです。

  • ちなみに

  • ホメオスタシス機能で省エネモードになっている時は、体は栄養を蓄えようとしています。なので、ここでダイエットを諦めて以前と同じような食生活に戻してしまうと、ダイエットを始める前より簡単に太ってしまいます。

  • また、この「ホメオスタシス」があるからこそ体温が一定に保たれていたりします。人間が生きていく為にはなくてはならない機能なのです。

  • いつ起きるの?

  • ダイエット中の「停滞期」が、どのタイミングでどのくらいの期間続くのか、これには個人差がありますが、一般的にはダイエット開始後1ヶ月前後、もしくは体重の5%(50kgの方なら2.5kg)減量したタイミングから始まり、1ヶ月前後続くことが多いようです。
    出典 :ダイエット中の「停滞期」はなぜ起きるの? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    ダイエットを始めてすぐの頃は体重が簡単に落ちるので、1ヶ月くらいで停滞期に入ってしまうという人も多いのでは。

  • 停滞期を乗り切るために必要な4つのこと

  • その①:停滞期を理解しよう

  • 正しい知識は、ストレスを軽減してくれます。抜け出せないように思えてしまう停滞期ですが、正しい知識を持っていれば、「いつか抜け出せる」と自信が持てます。 まず、停滞期を理解することが第一なのです。
    出典 :なぜ起こる?いつまで続く?ダイエットの停滞期 | ダイエットSlism
     

    停滞期のメカニズムを理解していれば、体重が落ちにくくなっても「あ、停滞期に入ったな」と分かるので落ち込まずにすみます。

  • その②:栄養バランスを整えよう

  •  

    ダイエット中は栄養バランスが崩れがちです。停滞期に入ってしまったら一度食事内容を見直し、バランス良く栄養を取れるようにしてみましょう。必要な栄養を取っていれば体調が悪くなることはありませんし、お肌も荒れたりしなくなります。

  • その③:基礎代謝をアップしよう

  • 基礎代謝とは一日中寝ころんでいても消費するカロリーのことです。省エネモードの停滞期ではこの基礎代謝も下がっているので、軽い筋トレや有酸素運動、半身浴などで代謝をアップしましょう。気分転換にもなりますし、引き締まったスタイルが手に入って一石三鳥です。

  • その④:無理しない

  • 停滞期を早く乗り切るために、極端にダイエット方法を追加したり、内容を厳しくしても停滞期が短くなるわけではありません。 無理にダイエットの内容を濃くしようとするよりも、それまでのダイエットをしっかりと続けていくようにしましょう。
    出典 :なぜ起こる?いつまで続く?ダイエットの停滞期 | ダイエットSlism
     

    停滞期は永遠には続きません。省エネモードが解けるまで、焦らずダイエットを頑張りましょう。