食物アレルギーの対応、あなたは知ってる?

診断と検査。食事面での対応策。原因食物を食べた場合の対応策。

  • S 更新日:2014/05/19

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食物アレルギー。

  • 診断と検査。

  • ↓まずは診断から。↓

  • 食べた後にアレルギー反応と思われる症状があるだけでは、食物アレルギーとは診断することはできない。実際に食物アレルギーは酵素不全による不耐症や食品に含まれる物質の薬理作用による反応と混同されることが多い。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    診断について。以下に続きます。

  • 食物アレルギーには摂取後すぐに発症するⅠ型アレルギーによるものと数時間以上経ってから症状が出現する非Ⅰ型アレルギーによるものが存在する。RAST、ブリックテストといった検査はⅠ型アレルギーと考えられる症例に対してのみ使用する。これらの検査は偽陽性が多いので病歴から判断し、必要なもののみを検査する。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    診断について。以下に続きます。

  • またRASTの結果は食物抗原や患者の年齢によって、同じ値であっても臨床的な意義が異なる。例えば、乳児においては小麦でRAST陽性がでることは多いので、卵白低値陽性は小麦中程度陽性よりも臨床的な意義が高いと考えられる。花粉症の季節に悪化する場合は口腔アレルギー症候群の可能性がある。特に成人の場合は可能性が高い。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    診断について。上記の続きです。

  • ↓検査について。↓

  • 血液中のアレルゲン特異的免疫グロブリンE(IgE)抗体の測定や、アレルゲンを白血球に作用させて反応をみるヒスタミン遊離試験を行います。ただし、これらの結果が陽性でも、必ずしも症状の原因ではないので、値が低い場合にはその他の検査結果を合わせて総合的に判断します。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    検査について。以下に続きます。

  • 食物を用いたプリックテストは即時型の判定に有用です。症状の原因になる食べ物の特定には、食物除去試験や負荷試験を行います。負荷試験は症状を誘発する危険があるため、食物の負荷を少量より開始し、徐々に増やして反応をみます。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    検査について。上記の続きです。

  • 「食物アレルギー」に、ならないようにするための対応策も必要です。

  • 食物アレルギー症状が出ないようにするためには、正しい診断に基づいた必要最小限の食物除去を行います。しかし、食物除去の程度や方法、期間などは患者さんそれぞれで違います。成長への影響を考え、適切な栄養指導のもと、バランスのよい食事を心がけることが何よりも大切です。
    出典 :どんな治療方法があるの?|アレルギーi
     

    食物アレルギー症状が出ないようにするための、食事面での対応策について。

  • 原因食物を食べてしまった場合の対応策。

  • 原因食物を誤って食べてしまい、症状が出てしまった場合には、抗ヒスタミン薬の飲み薬や、アナフィラキシーショックに対してアドレナリン自己注射薬が使われます。これらのお薬により、アレルギー反応をおさえ、症状をやわらげることができます。症状が出たときの対応については、お医者さんとあらかじめ相談して決めましょう
    出典 :どんな治療方法があるの?|アレルギーi
     

    原因食物を食べてしまった場合の対応策について。

  • 自己注射薬!

  • 病気(食物アレルギーかもしれないこと)に気づいたときの対応策。

  • 食物アレルギーが疑われたら、まず原因と思われる食べ物を食事から除去します。低アレルギーミルクや低アレルギー米など、市販されている低アレルギー食品を代替食品として利用するのも有効です。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
  • 小児の場合、1~2年除去していれば自然に食べられるようになることが多いので、負荷試験を行って、食べても大丈夫かどうか確認後に再開します。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア