一人でいられなくなるという・・・分離不安障害とは

分離不安障害は一人でいられなくなるそうなのですが
他に症状はあるのでしょうか

view695

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 分離不安障害とは

  • とくに、乳児期から学童期にかけて、母親などの依存対象者との物理的・心理的分離に伴う不安が現れやすくなります。これを分離不安といい、どのようにこれを克服していくかが、この時期の心の発達課題とさえいわれています。
    出典 :分離不安障害 - goo ヘルスケア
     

    ここがキーポイントとも言える部分なのです

  • 分離不安障害」とは、家族または愛着を持っている人や場所から離れる時点において過剰なまでの不安を感じ、自分の心の中でその不安を受け入れられず、その影響が精神的、身体的なものとなって現れている状態を言います
    出典 :分離不安障害|名古屋聖心こころセラピー
     

    このような状態の事を言うのです
    忘れないようにしましょう

  • いかないでほしい

     

    母親が用事で出かける時に
    いかないでほしいと止める子供がいます
    自然な事かもしれませんが
    これが過剰になり、生活にも人生にも
    影響がある場合がこの障害なのです

  • 症状としては何があるか

  • 症状としては頭痛、腹痛や、赤ちゃん返り、夜尿、悪夢などが多く見られ、「自分や家族に何か恐ろしいことが起こるのではないか」など常に不安に支配されているのも特徴です。また、時に抑うつ、怒り、無気力などの精神症状が表出して、不登校などの一要因になることもあります。
    出典 :分離不安障害(こころの病気のはなし/専門編)
  •  

    この障害は子供の数%に見られるそうです
    性差はあまりないそうですが
    小児の発達途中で見られる場合もあるそですよ

  • 特徴を覚えよう

  • 家を離れる事への不安感が強い
    常に親と一緒にいたがり、ひとりになる事を恐れる
    ひとりで眠れない
    学校へ行けないなど、家の外での活動に参加できない
    頭痛、腹痛など体の症状も現われやすい
    出典 :1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
     

    これ以外にもありますよ

  • 親が事故や病気になっていなくなってしまうのではと恐れる
    悪夢を見る
    出典 :1人でいられない…分離不安障害とは? [強迫神経症・不安神経症・パニック障害] All About
     

    悪夢を見る場合はうなされているので気付けると思います

  • 対応

  • 一般に、親たちが子どもの不安を理解して、温かく受けとめる対応を根気よく続けるうちに、これらの症状は消失していくことが少なくありません。
    出典 :分離不安障害 - goo ヘルスケア
  • 治療法としては薬物療法、カウンセリングなどが挙げられますが、近年、不安を引き起こす認知の修正を行う認知行動療法による治療が効果的とされ注目を集めています。
    出典 :分離不安障害(こころの病気のはなし/専門編)
  • 分離不安障害を改善しておかなければ、子が成長した場合にも困ることが出てきます。例えば、高校を卒業し、東京や地方の大学に合格し、一人暮らしを始めますが、1年も待たずに実家に戻ってしまうケースもかなり多くあります
    出典 :分離不安障害|名古屋聖心こころセラピー
  • 年少児には遊戯(ゆうぎ)療法、年長児には認知行動療法などの精神療法が適用されることが多いようです。必要に応じて、親へのカウンセリングや家族療法なども並行して行われます。さらに、不安が強く症状の重い場合には、抗不安薬などの薬物療法が併用してなされることもあります。
    出典 :分離不安障害 - goo ヘルスケア