髪のケアちゃんとやってますか?

肌のケアばかりに目が行っていると、他の部分が疎かになってしまうことがあります。今回は髪のケアについてまとめてみました。

view214

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 髪や頭皮は体の健康状態が現れやすい重要な部分です。
    髪に必要なケラチンというたんぱく質などの栄養素をバランスよく摂取することで、健康な髪を育てることが可能です。 また髪の毛はストレスの影響が強く、ストレスが貯まると髪に栄養が行きづらくなり、栄養の吸収が低下していきます。元気な髪や元気な体を作るには、バランスの食事と心身ともに健康な生活を送ることが重要です!

    髪に良い食べ物「まごわやさしい」

    ま - 豆 : 大豆などの豆類(タンパク質、マグネシウム)
    ご - ゴマ : ゴマ、ナッツ類(不飽和脂肪酸、ビタミンE)
    わ - わかめ : わかめ、昆布、海苔などの海藻類(ヨード、カルシウムなどのミネナル)
    や - 野菜 : 野菜や根菜(ベータカロチン、ビタミン)
    さ - 魚 : 魚類(タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛)
    し - 椎茸 : 椎茸などのキノコ類(ビタミンD、食物繊維)
    い - いも : じゃがいも、さつまいもなどのイモ類(食物繊維、炭水化物)
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
     

    これはわかりやすいですね。

  •  

    これだと覚えやすいですね。

  • シャンプーが髪の手入れの基本です
    トリートメントで髪に潤いを
    髪型はここで決まる!ドライヤーで好みのヘアスタイルに
    シャンプーが髪の手入れの基本です
    シャンプーは夜に
    「朝シャン」という言葉が生まれてからだいぶ経ちます。朝、シャンプーするという生活スタイルが定着している方もおられるのではないでしょうか。朝にシャンプーすれば、乾かしながらセットできて、そのままお出掛けできるので、合理的なようにも思えますね。ところが、髪のことを考えると、シャンプーするのは夜のほうがいいのです。

    髪は寝ている間に育ちます。昼の間に付着したホコリ、フケや垢などの頭皮の汚れは夜に落としてしまいましょう。湿気の多い梅雨時や、汗をかいた日は特に念入りにシャンプーしましょう。頭皮を清潔にしてから寝るのがキレイなさらさらの髪を作る基本なのです。
    出典 :髪の毛が痛みます 普段のケアの仕方を教えてください - Yahoo!知恵袋
     

    髪の成長時間を考えると、夜にシャンプーをするべきなのですね。

  •  

    ライフスタイルは人によって違いますから、無理そうなら朝洗っても問題ありません。

  • シャンプーやトリートメントは自分に合ったものをと言うのは
    一度使わなければわかりません。
    痒みや荒れ、フケなどが出るようであればそれは合っていませんので
    他のを試してみましょう。アレルギーの方は成分表示をよく読んで、
    自分のアレルギー物質が含まれているかもチェックしましょう。
    出典 :髪の毛が痛みます 普段のケアの仕方を教えてください - Yahoo!知恵袋
     

    常識ですね。

  •  

    シャンプーでもアレルギーが出ることがあるんですね。

  • シャンプーはどこを洗うためする?
    まず間違っていけない事は、シャンプーとは髪を洗うものではなく、頭皮を洗うためのものです。ですので、髪をごしごし洗うことは厳禁です。シャンプーは頭皮をマッサージするように洗いましょう。

    シャンプーの主な役割は以下の3つです。
    ・頭皮を清潔にする。
    ・頭皮の結構を促進する。
    ・リンスやトリートメント・育毛剤の効果を高めるための頭皮環境の改善。
    出典 :ヘアケアの基本|ヘアケアの方法
     

    シャンプーは頭皮を洗うものなんですね。

  •  

    汚れを落とす以外の目的もあるのですね。

  • トリートメントは頭皮に栄養を与える物ではなく、髪に栄養を与える物です。せっかくシャンプーで頭皮をスッキリさせたのに、ここでトリートメントを頭皮につけては全て台無しです。地肌から1センチほど避けて、トリートメントをつけるように心がけましょう。
    時間を置いた後、軽くすすぐだけで大丈夫です。シャンプーと違い、多少ヌルヌル間が残っていてもOK。
    栄養をしっかり補給した髪は、ツヤとうるおいが違ってくるはず、朝起きてもさらさらツヤツヤの髪を目指しましょう。
    出典 :ヘアケアテクニック|ヘアケアの方法
     

    洗い過ぎないのが大事なのですね。

  •  

    個人的にはヌルヌルは嫌いなんですけど、髪のことを考えたら我慢すべきなんでしょうかねえ。

  • 正しいタオルドライの方法

    基本的にタオルで頭をポンポンしながら水分をとっていきます。


    その時の注意点



    ・身体を拭いたタオルを使用しない

    身体を拭いたタオルで行うとすでに水分を吸っているため、

    乾きづらいのです。




    ・タオルの品質

    これは見落としがちです。

    粗品などで配られてるタオルは品質が悪く、目が粗いため髪を傷つけてしまいます。



    ・力を入れない

    当たり前ですが、強い力でタオルドライを行うと髪が傷ついてしまいます。

    それだけ濡れた髪というのは敏感なものなのです。



    ・頭頂部から毛先へ

    まず頭皮の水分を取ってから、毛先に向かってタオルドライをすることで、

    乾くスピードが速くなります。




    以上4点を気をつけて、タオルドライを行ってみてください。



    タオルドライでちゃんと髪を乾かせていると、

    ドライヤーの時間がへり髪を傷ませずにすみます。
    出典 :ヘアケア 「タオルドライ 髪を傷めない方法」|髪のお悩み相談所@ヘアケア
     

    タオルの質にも注意しなければいけませんね。

  •  

    私は体を拭いたバスタオルで髪も拭いていましたが、それじゃダメなんですね。

  • ドライヤーは頭皮から
    髪を持ち上げ、頭皮と根元の間を乾かしていきます。根元から前に向かってブローしていき、9割がた乾かします。時間によゆうがあれば冷風に切り替え、しっかりと残りの水分を乾かします。
    根元が乾いたら真ん中をブローしていきます。根元同様に温風と冷風をあてて、襟足から上に向かって水分をかわかします。
    毛先は毛の先端に向かってブラシでとかしながら、乾かします。根元から温風で乾かし、冷風で残りの水分を乾かします。風を送り込むように空気を通します。
    大体乾いてきたら水分が残っているうちにブラシなどを使ってしたいリングしましょう。頭皮からケサキまでしっかり乾かして冷風をあてて終了です。
    出典 :ヘアケアテクニック|ヘアケアの方法
     

    乾きにくいところからやっていくのですね。

  •  

    ドライヤーの作法みたいなものもちゃんとあるんですね。

  • 乾燥したダメージヘアの補修にも効果的で、ペースト状にしたカップ1杯分のカボチャとカップ半分のヨーグルト、そして大さじ2杯のハチミツをバランスよく混ぜ合わせ、髪にぬってシャワーキャップをかぶる。20分後に洗い流して終了。その後は通常通りにシャンプーから始めよう。
    出典 :カボチャでスキンケア! 髪の毛も全身もビタミンとミネラルで包もう (サーチナ) - Yahoo!ニュース
     

    それホントかよ、って思っちゃいますよね。

  •  

    効果があるのならやってみたいですけど・・・