大流行する【ノロウイルス】感染予防と知識を正しくつけましょう!

ノロウイルスもインフルエンザと同じく毎年
流行するものです
知識をもって正しくいどみましょう!

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずノロウイルスってどんなもの?

  • ノロウイルスは1972年に電子顕微鏡による観察でその形態が明らかになり、「ノーウォークウイルス(Norwalk virus)」あるいは「小型球形ウイルス(SRSV)」と呼ばれていました。


    その後、遺伝子解析技術が発展し、PCR法とよばれる検体からウイルスの遺伝子を単離し、その配列を調べることによってウイルスを同定する技術が確立されたことにより、ウイルスの遺伝子解析が進み、
    2002年、第12回国際ウイルス学会において、それまで「ノーウォークウイルス」あるいは「小型球形ウイルス」と呼ばれていたものを「ノロウイルス(Norovirus)」、「サッポロ様ウイルス」と呼ばれたものを「サポウイルス(Sapovirus)」と定め、正式な分類学上の名前が決められました。
    出典 :ノロウイルスの常識 -潜伏期間、症状、予防法、治療法など-
     

    どうして医学名称というのは少しずれているのでしょうか
    サッポロ様ウイルスが信じられません・・・

  • ノロウイルス感染症はウイルス性食中毒の代表とも呼ばれる感染症であり、厚生労働省の調べでは、感染者数が年々増加傾向にあるウイルス性食中毒として危険性が示唆されているウイルスでもあります。
    出典 :ノロウイルス3大症状【潜伏期間ナビ】
  •  

    風邪よりも大変かもしれませんね
    流行するだけあって尚更問題と言えます

    予防はしっかりしておくべきでしょう

  • ノロウイルスの感染

  • このウイルスの感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられています。

    (1)患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介して二次感染した場合 (2)家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合 (3)食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合 (4)汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合 (5)ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合  などがあります。

    出典 :ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省
  • ヒトからヒトへの感染力はきわめて強力です。食習慣の問題もあって、毎年発生するノロウイルス感染の流行を阻止することは残念ながら不可能
    出典 :感染症情報センター:ノロウイルス感染症とその対応・予防(家庭等一般の方向け)
     

    この時点で予防するしかない事がわかりますね

  • 症状などなど

  • ☆吐き気症状
    ☆嘔吐症状
    ☆発熱症状(高熱が出ることは稀です)
    ☆腹痛症状(チクチクさすような痛みがでる場合もあります)
    ☆下痢症状(赤ちゃんは水のようなうんちがでます)
    ☆嘔吐下痢症状に伴う脱水症状
    出典 :ノロウイルス3大症状【潜伏期間ナビ】
     

    ノロウイルスの症状全てが私は嫌いです

  • 一度かかっても何度も感染することがある
    →ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、同じ人が複数の違った型のウイルスに感染することがあります。さらに、感染が腸粘膜での局所感染なので免疫の持続時間が短いことも特徴です。
    よって、一度かかったからといって安心していると、再感染を起こすこともありますので、予防には気をつけましょう。
    出典 :ノロウイルスの常識 -潜伏期間、症状、予防法、治療法など-
     

    再感染で一ヶ月動けなかったこともありました

  • 我が国における月別の発生状況をみると、一年を通して発生はみられますが11月くらいから発生件数は増加しはじめ、12~翌年1月が発生のピークになる傾向があります。
    出典 :ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省
     

    今年は珍しく2月からでしょうか?
    もしかしてもう流行中?

  • 予防をきちんとしておきましょう!

  • 食事の前やトイレの後などには、せっけんを使いしっかりと手を洗いましょう。



    タオルなど共用で使用するものを避けることも必要です。



    下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。



    食品中のウイルスは加熱により感染性をなくすことができます。食品の中心温度が 85℃ 1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。



    便や吐物の処理をする時は素手で触らず、必ずビニール手袋を使用しましょう。汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使用してください。
    出典 :ノロウイルスの常識 -潜伏期間、症状、予防法、治療法など-
     

    接触感染もあるのでタオル等は気をつけたい所


  • 調理器具等

    洗剤などで十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオル等で拭く(加熱できる物については熱湯での加熱が有効)


    ドアノブ、カーテン、リネン類、日用品

    次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200〜500ppm)で浸すようにペーパータオル等で拭く


    トイレ・浴槽

    次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度300ppm以上)で浸すようにペーパータオル等で拭く


    おう吐物・ふん便による汚染場所

    ・おう吐物等は、ウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で静かに拭き取り、ビニール袋に密閉して廃棄する(この際、ビニール袋に廃棄物が十分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm)を入れることが望ましい)
    ・床等の汚染場所は次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオル等で覆うか、拭きとり、その後水拭きする
    出典 :食品安全委員会:ノロウイルスの消毒方法 | 食品安全委員会 - 食の安全、を科学する
     

    消毒の方法についてです
    難しいですが要はアルコールでしっかりしなさいという事です

  •  

    ノロウイルス感染症の場合、そのおう吐物や下痢便には、ノロウイルスが大量に含まれています。そしてわずかな量のウイルスが体の中に入っただけで、容易に感染します。また、ノロウイルスは塩素系の消毒剤(商品名:ピューラックス、ミルトンなど)や家庭用漂白剤(商品名:ハイター、ブリーチなど)でなければ効果的な消毒はできません。取り扱いには注意が必要です。

  • きちんと予防してノロウイルスに備えましょうね!