知ってますか?10月1日から眠剤投与に制限が・・・

2014年10月1日から精神科外来では、抗不安薬や眠剤は2剤まで、抗うつ薬と抗精神病薬は3剤までに制限されます。

view670

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一部で4月1日からと誤って報道されていますが、正確には10月1日からです。
    6ヶ月の間は移行期間ということで、多剤投与となっている患者さんの薬剤を整理する期間を設けています。

    今後は、状態がこじれている不眠症の患者さんに、マイルドな睡眠剤を3種類組み合わせるという処方はできなくなります。
    そのため、作用時間の長い眠剤が使われたり、抗うつ剤や抗精神病薬が使われるでしょう。

    それでも、6ヶ月で薬を整理できない患者さんは、病院にとっては不利益(赤字の原因)となりますので、転院するように言われたり治療を断られると言う事態も危惧されています。

    また、数箇所の病院で少しずつ処方してもらう患者さんも出てくるでしょう。

  • しかし、医師たちの間でも、抗うつ剤に入るのか、抗精神病薬に入るのか、どの範疇に入る薬なのか分類が微妙なものがたくさんあります。

    判り難い薬が今回の決定ではどのように分類されているかも、まとめました。

    ●アタラックス、アタラックスP・・・蕁麻疹などの皮膚の湿疹の際やかゆみ止めとしても使われますが、抗不安薬に分類されました。
    ●ドグマチール・・・胃潰瘍の治療にも使われますが、定型抗精神病薬とのことです。
    ●デパス・・・抗不安薬
    ●ベンザリン・・・抗てんかん薬としても使われるが、眠剤
    ●フェノバール・・・眠剤
    ●リボトリール・・・抗不安薬にも眠剤にも入らず
    ●ロゼレム・・・眠剤
    ●べゲタリンA,ベゲタリンB・・・眠剤
    ●レスリン・・・抗うつ剤
    ●アポプロン・・・降圧剤としても使われるが定型抗精神病薬
    ●エビリファイ・・・統合失調症や躁うつ病、うつ病でも使うが抗精神病薬

  • 意外なものが抗不安薬になっていたり、抗精神病薬になっていて、納得できない患者さんも多いことでしょう。
    また、まさかと思うような薬剤が適応になっていることもあるので、「内科だから大丈夫」とはかぎりません。
    現在、多剤投与となっている人は、念のために一度主治医に薬をチェックしてもらうと良いでしょう。

    睡眠薬、抗うつ剤、精神科領域の薬が多剤投与となっている人は、今後どのように薬を整理していくか、主治医とよく相談する必要があります。