両側の目がピクピクする病気、眼瞼痙攣について

眼瞼痙攣は、両側の目がピクピクする病気です。
症状がひどくなると失明の可能性があるため、正しい治療が必要です。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼瞼痙攣はドライアイと間違われやすい

  • ドライアイと全く同じ症状でも、原因も治療法も全く違う病気
    その病名を眼瞼痙攣といいます。
    この病気は言葉の通り「まぶたがケイレン」する病気。
    出典 :ドライアイが治らない人は,似た症状の眼瞼痙攣って病気かも!
     

    目がピクピクする病気である眼瞼痙攣は、ドライアイと間違われることが多いようです。

  • その理由は眼瞼痙攣とは顔の病気であり目の病気ではないからなんです。
    この病気は眼科ではなく神経眼科への受診で見つけられる病気。
    だから私達が眼科で先生に目が渇くと言えばドライアイだと誤った診断をしてしまう…
    出典 :ドライアイが治らない人は,似た症状の眼瞼痙攣って病気かも!
     

    ドライアイと眼瞼痙攣は、受診する科が違うようです。

  •  

    自分の症状が眼瞼痙攣に当てはまる場合は、神経眼科を受診しましょう。
    正しい治療を受けるためには、専門医に診てもらうのが1番です。

  • 初期症状がドライアイと似ているために正しい診断がつかないことも多く、そういったケースまで含めると、現在、日本でこの症状に悩んでいる人は数十万人以上に上るといわれています。このうち最も多いのが40代以降の女性、ついで中高年の男性となっています。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
     

    目がピクピクする病気は、誰にでも起こりうるものです。
    目がピクピクするという症状を放置しないで下さい。

  • 眼瞼痙攣の進行

  • 眼瞼けいれんは、眼輪筋が意志とは無関係に急に収縮する病気で、まばたきの回数が多くなることから始まります。
    初めは短い時間の収縮から始まるため、まばたきが多くなり、まぶしく感じるようになります。
    出典 :目のまわりや顔のけいれん | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    この時点では、目の病気であると気付く人は少ないようです。

  • ドライアイを併発することもあります。したいにまばたきの回数が多くなり、明るいところでは異常にまぶしく感じたり、まぶたが閉じてしまうため、指でまぶたを持ち上げないと見にくくなります。
    出典 :目のまわりや顔のけいれん | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • やがて症状が進んでくると、まぶたがしょっちゅう下がってくる感じがしたり、さらには全く眼を開けていられなくなり、視力があるにもかかわらず、失明と同じような状態にまで陥ることもあります。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
     

    このように、眼瞼痙攣は失明状態になることも考えられる恐ろしい病気なのです。

  • 進行の度合いによっては、階段を踏みはずす、電柱にぶつかるなどでケガをしてしまうこともあります。そうなると仕事や買い物に行くのも困難になり、日常生活に大きな支障をきたします。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
  • 症状を悪化させないために

  • パソコン、テレビはほどほどに
    画面を長時間見続ける生活をしていると、眼の疲れやドライアイ、視力低下を招きます。2時間パソコンの仕事をしたら、15分程度の休憩をとりましょう。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
     

    疲れ目は病気を進行させてしまいます。

  • 毎日十分な睡眠を
    体と同じように眼もしっかり休ませてあげましょう。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
  • 定期的に視力検査を
    気づかないうちに視力が下がっていることもあります。視力に合っていない眼鏡やコンタクトレンズの使用は眼に負担をかけてしまいます。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
     

    年齢に関係なく、定期的な健診は必ず受けましょう。

  • コンタクトレンズの使用に注意して
    メーカーの指示を超えて長期間連続装着したり、洗浄などのケアを怠ったりすると、大切な眼に深刻なトラブルを招くことも。
    出典 :まぶたがピクピクする・・・眼瞼痙攣
     

    とても便利なコンタクトレンズですが、使用方法を間違えると病気の原因となってしまいます。