妊娠中の運動は問題ない?むしろ安定期に入ったら適度な運動は重要です

妊娠中はなるべく安静にしていることが第一ですが、安定期に入って体調が整ってきたら適度な運動を行う事が奨励されます。
むしろ妊娠中の運動不足は筋力の低下やむくみの原因にもなってしまうのです。

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 運動して良いの?

  • 妊娠中はつい安静にと考えてしまいがちですが、運動不足もよくありません。妊娠の時期や体調に合わせて、適度な運動を心がけましょう。
    出典 :妊娠 運動
  • 妊娠中のほどよい運動として、妊娠体操が挙げられます。妊娠体操は、妊婦さんでも無理なく運動不足を解消し、お産に必要な体力や筋力をつけるために考えられた体操です。
    出典 :妊娠 運動
     

    妊婦さんに適した体操も考案されています。

  • 安定期に入ったら誰でも運動できるわけではありません。例えば、多胎妊娠や前置胎盤、妊娠中毒症や貧血気味だと医師からストップがかかることもあります。妊娠5ヶ月の妊婦検診で医師に、体を動かすストレッチやウォーキングをしてもよいか確認してください。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
     

    妊娠安定期に入って何も問題なければ運動しても大丈夫です

  • もしも、まだ体を動かさないように指導された場合は、もう少し体調や症状が落ち着いてからでも遅くはありません。妊娠5ヶ月から体を動かすことが可能というだけで、妊娠8ヶ月から始めても問題はありません。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 妊娠5ヶ月の目標

     

    妊娠5ヶ月は、つわりが終わってやっと元気にマタニティ生活を送り始めることができる頃です。
    簡単な目標をつくって体を動かしましょう。


    足がむくまないように血行促進

    運動不足をくせにしない

    首や肩の緊張をほぐす

    急な体重増加を予防

  • 妊娠中は血行が滞ったり、動きが少ないと足がむくんでパンパンになります。これから産後まで予防して欲しいので、むくみ解消の運動は必須です。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
  • 妊娠5ヶ月になると、個人差はありますがお腹のふくらみがわかり始めます。自分でも気付かないうちに体の重心がずれたり、姿勢が悪くなります。クセになると妊娠後期では体がもっと重たく感じてしまいます。
    出典 :妊娠5ヶ月の運動プログラム
     

    今からコリや緊張をほぐすように心掛けてください。

  • 妊婦に向いている有酸素運動を選ぼう

  • 妊娠中は有酸素運動が大切です
    妊娠中の運動は、体重のコントロールはもとより、出産に向けて持久力をつけるためにも効果的です。妊婦向きの有酸素運動を、自分のペースで行いましょう。
    出典 :妊娠中の運動 | 女性の健康について、詳しく | ウーマンコムのスタッフブログ
  • 妊娠中に適した運動は、酸素を体にたっぷり取り入れることができる有酸素運動。そして、続けることが楽しかったり、仲間と一緒に楽しめたりするものです。水泳やヨガなどは、人気が高い運動です。
    出典 :妊娠中の運動 | 女性の健康について、詳しく | ウーマンコムのスタッフブログ
  • 反対に、妊娠中に不向きなのは長く息を止める無酸素運動や、瞬発力が必要な運動です。さらに、人や物にぶつかる危険のあるスポーツは避けましょう。

  • 妊娠中のエクササイズは赤ちゃんの頭を良くする?

  •  

    カナダ・モントリオール大学の研究者は「妊娠中に最低週3回20分ずつエクササイズをしていたグループ」と「まったく運動をしていなかったグループ」の2つのグループに分け「新生児の脳の活動」を調査。

    すると運動をしていたお母さんから生まれた赤ちゃんの「脳の認識活動」が完全に発達していることがわかったそう。
    言い換えると「妊娠中の運動は子どもの頭を良くする」ということなんだとか!

  • さらに妊娠中の運動は頭を良くすることだけでなく、背中の痛みを和らげたり、妊娠糖尿病にかかるリスクを減らしたり、睡眠の質を良くしてくれたりと他にもメリットがいっぱい!
    出典 :妊娠中に運動すると頭のいい子が生まれる!? | 乙女ハック