ささくれの薬といえば【水絆創膏!!】初期に使って悪化を防ぐ!

view150

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ささくれの薬といえば接着剤のようにピタッとくっつく水絆創膏です。軽度の状態で使う方が効果的ですので見つけたら放っておかずに直ぐに使いましょう。又、乾燥を防ぐためにハンドクリームを併用すると再発しにくくなります。

  • ささくれってどんな状態のこと?

  • 指のささくれ!

     
     

    剥こうとすると深くなって痛いんですよね。めくれた皮を剥くのが癖になっている方もいますが傷口からバイキンが入ると悪化しますので適切な処置を行いましょう。

  •  
     

    気がついたら指先の皮が細く剥けかけているアレですね!

  • 放っておくと化膿してしまうことも!

     
     

    ささくれから化膿してしまうこともありますので放っておかずに治しましょう!初期段階で水絆創膏で処置し、寝る前には乾燥防止に指先にクリームを塗るのが効果的です。

  • 【ささくれ】と【さかむけ】は同じ!?

  •  
     

    なるほど、地域によって言い方が異なるんですね。【ものもらい】と【目ぱちこ】などと一緒ですね。

  • 【ささくれ】という言葉の方が耳慣れている方も多いのですが、【サカムケケア】と謳った商品もあり、使用方法、効果は同様と考えて問題ありません。住む地域によって通じやすさが変わる程度です。転勤や進学で地元を離れる方は頭の隅にあると呼び名が違うんだ、と適応しやすいでしょう。

  • ささくれの薬には【液体絆創膏】タイプがおすすめ!

  •  
     

    ピタッとくっ付けて治す!

  • 小林製薬の【サカムケア】

     
     

    こちらは液体絆創膏ですのでささくれの様な浅い傷にはぴったりです。ひどくなる前に使用する方が効果的ですので、気になったら初期の段階で使いましょう。

  • 東京甲子社の【コロスキン】

     
     

    こちらは妊娠中でも使用可能ですので、ささくれのある妊婦さんでも安心です。

  • 大木製薬の【大木の流絆(リュウバン)S】

     
     

    2度塗りで水絆創膏の中でも水に強いのが特徴ですので、水仕事が多い美容師さんや飲食業の方に向いています。

  • 乾燥防止にはハンドクリームを!

  • ささくれハンドジェル

     
     

    乾燥防止に塗ると効果的です。

  • ささくれ ひび割れ 手荒れガード

     
     

    お風呂上がりや水仕事の後にサッと塗ると次第に指先が変わってきます。忙しいママはつい自分の事が後回しになりがちですが大事な指先は忘れずにケアしましょう。

  • 食べ物を扱うのでハンドクリームはちょっと・・・という方にオススメなのが無色、無香料のリップクリームです。口に入っても問題の無い成分ですし、直ぐに馴染むのでべとつきません。全体に塗った後、爪の回りにすり込むようにするのがポイントです。

  • ささくれの原因と予防方法!!

  • 折角治してもまたすぐに、ささくれている方は原因を知って対応する事が大切です。指先が白っぽく割れたり、乾燥しているなら保湿剤を使用し、顔や腕など指先以外の肌あれもある方は食事内容に目を向けてみる事も大切です。体質だからと諦める前に対策を取ることをおすすめします。

  •  
     

    乾燥や洗剤での荒れの他に栄養不足というのがありますので、美肌に必要なタンパク質とビタミン類をしっかりと摂ることも大切になってきます。

  •  
     

    ビタミン類を摂取することで劇的に改善されたこんな例もあります。以前は必ずどこかの指がささくれていたのに、結婚して食事が変わったら綺麗な指になった、本人は体質が変わった?くらいに考えていたようですが一人暮らしの偏った食事から野菜や海藻を取り入れた手作りのおかずに秘密があったようです。

  • 外食時にもフルーツや野菜の食べられるメニューを★

     
     

    外食メニューもカツ丼、うどんといった単品よりも煮物やサラダの付く定食、フレッシュジュースを飲むなどビタミン、ミネラルも取り入れられるものを選ぶ意識を持ちましょう。

  •  
     

    乾燥防止、手荒れ防止に寝る前のハンドクリームを習慣にしましょう。乾燥しやすい季節によってささくれる方の場合はマメにクリームを塗ることで改善されます。又、水仕事、洗剤を使う時には出来るだけ手袋を使用しましょう。素手でお湯を使うと手の脂が抜けやすい事も覚えておくといいでしょう。